あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長2mのアメリカ人カーチスに胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

朝フルーツ
at 2017-05-22 11:17
ベランダリノベーション
at 2017-05-19 10:45
ハッピーバースデー!
at 2017-05-01 09:47
7年ぶりのビパッサナー
at 2017-04-25 04:16
2017 春のシアトル その④
at 2017-04-15 04:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31
たかおさん>明けましてお..
by akko9bun at 11:19
遅れましたが、明けまして..
by camino0810 at 05:34
ちほちゃん! あけまして..
by akko9bun at 05:31
たかおさん> 街のど真ん..
by akko9bun at 20:59
サンジョセップ市場は、美..
by camino0810 at 05:32
たかおさん> ありがとう..
by akko9bun at 08:11

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
Yoga Temples...
Yoga,Music,F...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

朝フルーツ

婦人画報のウェブサイトで音楽家・坂本龍一さんの食事の記事を読んでから
朝のフルーツをちゃんとお皿に盛り付けて出そうと心がけています。

a0149356_10453178.jpeg




















毎朝摂ってるサプリはVitamin CとVitamin B complex あとスピルリナ。


朝起きて、身支度が終われば瞑想し、それが終われば起きてきたカーティスとたまにヨガ、それから台所でゆっくり朝食の支度。
ちょいと一手間かかるけど、ただの果物もこうやって出すとカーティスも喜んでくれるので良い習慣になりそう。


丁寧な暮らしに憧れたのは、もう20年ほど前のエジプト留学から帰ってきた時。
けれど元来落ち着きもなく雑な性格な為、中々その実現は難しく40歳近くなってやっと少しづつ日々の行動を丁寧にと心がけれるようになったきたような。 これから見つけたいのはゆったりさ。

ヨガで、強さとしなやかさの両立を目指すように、暮らしの中ではテキパキとゆったりの両立を目指したい。

丁寧な暮らし、自分の理想の暮らしを想像すると、減らしたいものがまだまだたくさん。
でも新たに欲しいものもまだまだたくさん。

矛盾します。 いつも。 常に。 
でもまぁしょうがないか。


















[PR]
# by akko9bun | 2017-05-22 11:17 | Comments(0)

ベランダリノベーション

コートヤードに面した我が家のベランダ。

コンクリートの床や、掃除しても取れないシミ、あと雰囲気もなんだか殺風景であまりよろしくない。
夕涼みしたり、たまにはベランダで晩酌したり、ちょっとくつろげる空間にしようとプチセルフリノベにトライ。

ビフォアーはこんな感じ。
a0149356_10270983.jpeg































まずは、床をなんとかしようと、IKEA で買って来たプラスチックのデッキタイルを敷き詰める。
全部担いで電車で持って帰ろうと思ったけど嵩張りすぎて無理だったので、郵送でと頼むとその日の夕方にすぐ届けてくれた。  
a0149356_10344888.jpg
































床が変わると雰囲気もガラッと変わっていい感じ。
端っこや柵の金具が当たるところは、ノコギリで切るようインストラクションがあったけど、
ノコギリがないので、家にある刃物で色々試し、最後は花鋏でなんとか切れそうだったので、無理やり花鋏でプラスチックのタイルをカット。 

よーく見ると、ちょっと断面がいびつだけど遠目にはまず分かるまい。

今まで室内で育ててたハーブも外に出し、椅子を置いたりするとこんな感じになりました。
a0149356_10412223.jpg

































現在育ててるハーブはミント、ローズマリー、バジル、オレガノ、シラントロの5種類。
レモンバームとタイムも見つけたら増やしたいところ。

あとは、ベランダ家具をどうするか。 
ヨガするんだったら大きい家具は置かずスペースあった方が良いし、でもベランダで時々ディナーを。。っていうのにも憧れるし。

うーむ 悩むところです。



















[PR]
# by akko9bun | 2017-05-19 10:45 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

ハッピーバースデー!

四月生まれのカーティス。
出会った頃はまだ20代半ばだったカーティスももうミドルエイジに突入!
ミッドエイジクライシスが始まる、、なんて朝から不吉な事を口走ってたけど、カーティスの家系は70歳前後でなくなる人が多かっただそうで(その割にカーティスパパ、70超えてもタフで元気です。)、人生の折り返し地点が来た感じなんだとか。

今年のバースデーケーキはチョコが良いとリクエストされたので久々にラム多めの大人のザッハトルテを焼く。
(このロウソク、結構高かったんだけど53歳の誕生日にもまた使えるかしら。。)
a0149356_09561984.jpeg




















プレゼントは皮の頑丈なブリーフケースをカーティスママと二人で一緒に贈りました。
これ持って、ますます仕事を頑張ってどんどん出世してくださーい!(←これが狙い 笑)


カーティスの両親もオハイオから週末遊びに来てくれ一緒にお祝い。
まずはお誕生日祝い第一弾。
カーティスパパの中華ディナー。
a0149356_10140186.jpeg




















オハイオであらかた先に仕込んでわざわざ持って来てくれました。
チャイニーズブロッコリ、牛モツの煮込み、クラゲの冷菜、ローストダック、ワンタン麺。
久々のお義父さんの味にほっこり。 



第二弾は、ダウンタウンにあるインディアンレストラン”RASIKA” へ。
かなりスタイリッシュなインド料理屋さん。
インドでは食べた事ない洗練された感じのカレーだけど、これはこれですごく美味しい。a0149356_10200987.jpeg



















お会計の時、私達の席を担当してくれたウエイターのお爺ちゃんが、私達の隣の席を指して、
”オバマ大統領が食べにくるときはいつもこのテーブルなんですよ”
と教えてくれた。

カーティスも義両親もオバマ大統領が好きなので、それを聞いてとても嬉しそう。
プレゼントのブリーフケースも、実はこっそりオバマ大統領が持ってたのと同じブランドのを選んだので、なんとも嬉しい偶然。


そして夜は恒例のカタン大会。
a0149356_10395432.jpeg




















と、こんな感じで今年の誕生日も無事終了ー。
カーティスが健康で長生きしますように。













[PR]
# by akko9bun | 2017-05-01 09:47 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

7年ぶりのビパッサナー

3月末からビパッサナー瞑想の10日間コースに参加して来ました。
場所はDCから車で二時間半ほどのデラウェア州にある瞑想センター。

今回は、去年コーチングのセミナーで出会ったナースの友人と、そしてライドシェアでこの旅の道連れとなった、イギリス人の男の子、ドンちゃんと三人で快晴の空の中出発。

ナースの友人は今回初めての参加で、私とドンちゃんはそれぞれ5回目、7回目と経験者。

沈黙の行とも言われるビパッサナー。 その名の通り10日間は誰とも話さず集中する。
全意識を自分の中へと向ける為、この期間は言葉はもちろんアイコンタクト、ボディコンタクト、そして身振り手振りでのコミュニケーションも慎む。

朝は4時起床、夜は9時就寝。 
もちろん休憩の時間はあるが基本的に4時半から9時まではずっと瞑想しっぱなし。
食事は朝と昼の二回。 正午を超えてからの食事は無し。(初めての人は夕方フルーツを食べる事ができます。)

私も初めての時は、10日も言葉を発しないなんて!、晩御飯が食べられないなんて!、そして朝4時半から夜9時までずっと瞑想だなんて!!  なーんて不安と心配にかられてましたが、1回目が終わった後のあの爽快感と幸福感、そして体の調子の良さを思えば、なんて事ない。

なので、友達にもまぁウェブサイトだけはちゃんと読んどいた方がいいとだけ伝え、後はなーんも心配することなんてないよーと伝えておいた。


今回、生徒として10日間座るのは7年ぶり。
そして、日本語でなく英語でコースに参加するのは私も初めて。

どうなることやらと思っていたけれど、日本語訳を介さず、先生の直接の指導の声を聞きながら瞑想できたおかげか、自分でもびっくりするくらい深く集中する事ができた。 
今までやって来た瞑想は何だったんだ。。って思うくらい自分でも感じた事ないくらいの集中力が奥から出て来た感じ。

瞑想が明け、終わってみればあっという間。  
もちろん、きつくて辛い時もあったけれど、最後は怖いくらい凪いだ心の状態で今回の瞑想修行を終える事が出来ました。
DCに戻って3日経った今、少しづつ心の揺れが戻って来ているけれど、朝、夕の瞑想でどこまでこの日常で心おだやかに保っていけるか、今後頑張っていきたいところ。

ちなみに初参加のナースの友人は、普段の仕事現場が常に夜勤な上、業務も桁違いにハードな環境に普段いるせいで、その過酷さに比べればこの10日間は天国のように穏やかで落ち着いた日々だったと言い切った強者でした。

そんな友人は、車両というものは大型からバイクまで乗りこなし、何につけタフで男前な性格。
しかも元自衛官、でもすっごくチャーミングな女性です。
私が大学時代の友人とおもちゃの鉄砲でサバゲーに勤しんでいた頃、彼女は過酷な訓練の中実弾を撃っていたという。。 
まぁ、今回はこんな気合い入った人生を歩んで来た人にとっては、私が過酷だと思っていたこの10日間は完全な癒しの日々となるんだなぁと新しい発見。

帰り道、今回経験者がいなくて急遽サーバーという瞑想コースをサポートするスタッフとなりコースを支えてくれたドンちゃんとまた合流し、語り合いながらDCへ。

ドンちゃんとは、会ったばかりなのにもう離れがたいくらい親しい友達になれた。
彼のお兄さんが外交官で、今DCに駐在しているのでこれからまた色々と新しい人間関係も展開しそうな予感。

イギリスにもまた行こう。
一緒にハイティーしようと約束した。

やっぱりビパッサナーは良い。 色んな意味で私に絶対必要な10日間。
人生で本当に辛い思いをしてる人みんなに一度参加して、穏やかでスッキリした心を感じて欲しいなと思う。

今、久々に心も体も絶好調のピッカピカ。
これからまたどんどん楽しい事やろうっと。

10日間の完全に外とのコンタクトを取れない休みを取るのは至難の技だけど、費用は一切かからず無料で提供されてるので、興味ある人はウェブサイト見て見てくださいなー。


























[PR]
# by akko9bun | 2017-04-25 04:16 | YOGAの事 | Comments(0)

2017 春のシアトル その④

さてさて、今回の旅日記シアトル編も、
やっぱりいつもと同じく食の思い出ばかり。

最後に忘れないうちに、SAM (SEATTLE ART MUSEUM)
に行った思い出も少しだけ。

ダウンタウンにある街の美術館。
a0149356_04014768.jpg





















スミソニアンの大きさに慣れてしまうとすごく小さく感じるけれど、いろんなジャンルのアートが面白く展示されていて、すごく楽しめた。

絵画、彫刻、インスタレーション日本の茶室やアフリカや南太平洋のクラフトまで、部屋を移動する度どんどん違うジャンルの作品が出てくる。

このお面コーナーが中々面白く、大阪の民博を思い出す。
a0149356_04051473.jpeg




















この作品も好き。
a0149356_04063798.jpg


































そしてまさかのマグリットまで。
まさか、ここで出会えるとは思ってもなかったのですごく幸せ。
a0149356_04081126.jpeg
































DCと違って、入場料がかかるけどその価値あり。
半日たっぷりと有意義な時間を過ごせました。



シアトルはDCよりも日本人が多く、結構大きな日本のスーパーと、そして紀伊国屋もあったのが本当に嬉しかった。書籍はもちろん日本で買うより割高だけど、やっぱり欲しくて厳選してこの二冊だけ購入。a0149356_04210574.jpeg























大きな宇和島屋というスーパーでは、DCでは中々手に入らない焼酎をお土産に。
DCよりもうんと大きな規模で、色んな日本食材があってすごく羨ましい。
a0149356_04215093.jpeg




















久々の芋焼酎。
焼酎好きの友達と一緒に飲むのが楽しみ。



という訳で、初めてシアトルだったけれど旧友にも会え、美味しいコーヒーやシーフード、
アートに可愛い街並み、そして日本のスーパーと本屋さんまで。
毎日毎日楽しい時間を過ごせてすっかりシアトルファンに。

またいつか、来れたらいいな。







[PR]
# by akko9bun | 2017-04-15 04:30 | 旅の事 | Comments(0)

2017 春のシアトル その③

シアトルといえばシーフード。

という訳で七日間のシアトル滞在中、毎日シーフードを堪能。
昔シアトルの近くに住んでたカーティスから、シアトルのサーモンはめちゃ美味だから絶対に食べた方がいいと言われ、シアトル滞在中に色々なところでサーモン食べ比べー。

まずは、泊まったホテルに併設されてたアジアンバー”Dragon fish”で。
ちょっぴり照り焼き風。 下のフライドライスもこれまた美味しい。
a0149356_09564220.jpg





















パイクプレイスマーケットの魚屋さんの隣でやってる屋台で。
a0149356_09572864.jpeg





















そして、Elliott's という海辺の可愛いシーフードレストランで。
a0149356_09585384.jpeg




















どのお店もすごく美味しかったけれど、その中でも一番はElliott's のキングサーモン。
サーモンってこんなに美味しかったのねと改めて感動。

ここでは、シーフードサラダも頼んだのだけど、すんごい量のシーフードがトッピングされてやって来ました。
プリップリのホタテやエビが美味しかったー。 サーモンの下にはクラブミートがギッシリ。
a0149356_10054329.jpeg





















サーモンの他にはやっぱり生牡蠣。
ダウンタウンにある”Shucker's” というオイスターバーで。
月から金の3時から6時までハッピーアワーでオイスターが一個$1.5
a0149356_09553266.jpeg





















そしてフィッシュ&チップス
a0149356_09544267.jpeg





















おまけで チャイナタウンの小さいカフェで食べたエビワンタン麺。
a0149356_10182573.jpeg




















と、こんな感じで毎度の如く、シアトルに来てもやっぱり食いしん坊全開な旅行となりました。
美味しいもの食べてる時の幸福感は堪りません!
帰って来たばっかりだけれど、またすぐ行きたいー。







[PR]
# by akko9bun | 2017-03-29 10:28 | 旅の事 | Comments(0)

2017 春のシアトル その②

シアトルといえば、スターバックスやタリーズが有名だけど、その他にも美味しいコーヒーが飲めるお店がたくさんある。
なので、ここでは朝起きて、今日はどこでコーヒーを飲もうかなんて贅沢な悩みで朝から幸せ気分になれる。

色々飲んでみて私が特に好きだったのは、この ”AnchorHead” というカフェのコーヒー。a0149356_01360331.jpeg




















ペイストリーのレベルも中々。 
お店の人のコーヒー愛も深く、カフェラテなんかを頼むとすごく丁寧にいれてくれる。a0149356_01383005.jpeg






















朝ごはんがすごく美味しかったカフェはこちら Mr Westa0149356_01435397.jpg




















ここのインテリアがすごくタイプ。 
大理石と木の自然な茶色、皮、そして黒のアイアンの家具。
そしてお店の中にも外にも可愛いグリーンがたくさんあって素敵だった。

ここの朝ご飯はこんな感じ。 トーストとヨーグルトがオススメなんだそう。
a0149356_01450980.jpeg




















アーモンドバタートーストに、アプリコットとルバーブのヨーグルト。


一番好きだったのはこちら。
a0149356_01460128.jpeg





















このサーモントーストに乗ってるスモークサーモンがすっごく美味しかった。
サーモン好きの友達全員の口に突っ込みたいくらい美味しい。 



そしてもう一つ、朝ご飯のオススメはキャピトルヒルにある ”Glo's Cafe”a0149356_01531637.jpeg




















エッグベネディクト、コーンビーフハッシュなどなどヘビーな朝ご飯を食べたくなったらここを是非オススメしたい。 
ローカルのフルーツもたっぷり。 どれも熟してて甘くて美味しかった。
もちろんコーヒーも美味しい。 しかもカップが空になるとフレンドリーなお姉さんがどんどん足しに来てくれる。



と、こんな感じでシアトルでは毎日美味しいコーヒーと朝ご飯を堪能。


つづく。

[PR]
# by akko9bun | 2017-03-28 02:06 | 旅の事 | Comments(0)

2017 春のシアトル その①


今年の春休みは、カーティスのシアトル出張について行く事に。

このアメリカの”出張には奥さん同伴が結構当たり前”な所、本当に有難い。
大抵行く街の中心で会議があるので、ホテルもすごく便利な所に滞在できる。

バックパック背負って旅に出て、ドミトリーに泊まるのが当たり前だった私にとっては、毎度小洒落たホテルに泊まれる度に、あぁカーティスと結婚して良かったとしみじみ。


今回シアトルまでは、初のアラスカ航空。
シアトル近くの上空から外を見ると、見える景色がもう北の国。
なんだか外国に来た気分。
a0149356_01181162.jpeg




























朝8時の直行便に乗り五時間。 
DCと−3時間の時差があるのでシアトルにはお昼前に到着。

お昼ご飯は何を食べようかと色々ネットで探していると、なんとホテルの隣のビルにカーティスが愛してやまないあの鼎泰豊が!

シアトルに来たら新鮮なシーフードを、、なんて私の言葉は小籠包命のカーティスの耳に入る筈もなく、シアトルでのファーストミールは、問答無用で鼎泰豊の小籠包に。。



前に京都で食べた以来、すごく久々の鼎泰豊。
やっぱり美味しい。 DCのチャイナタウンにも一件手作りの小籠包が食べれるお店があって美味しいと思ってたけれど、やっぱり鼎泰豊のと比べるとレベルの違いに改めてビックリ。

その後は、ブラブラ歩いてパイクプレイスのマーケットへ。a0149356_01253133.jpeg




















花屋、魚屋、八百屋、他にも色んなお店があって見ていて楽しい。a0149356_01290066.jpeg













a0149356_02090870.jpeg


























大抵のお店は試食させてくれるので、スモークしたホタテやサーモンなんかをちょこちょこ味見。 


スターバックスの一号店も近くにあったのでちらっと見に行ったけれど長蛇の列。
このお店だけは、創業当初のロゴのまま。
a0149356_01315394.jpeg





















夕方、ホテルに戻るとホテルに併設されてるアジアンレストランが明日オープンするから今日はプレオープンでサービスいっぱいあるから是非来てねと言われる。

部屋で少し休んから、夕方ちょっと一杯カクテルでも飲みに行こうと、そのレストランに行ったらなんと食べ物が全部無料だってー! しかもカクテルもビールも日本酒もハッピーアワープライス。

なんてラッキーなんだと思いつつ、でも逆に無料と言われると高いの頼みにくいよねー、なんてカーティスと話してると、超気さくなウェイターの人が、今日食べ物をたくさん頼んでくれると厨房の人の良い練習にもなるから、なんでも好きなのをいくらでも頼んでと言ってくれる。

お昼の鼎泰豊やパイクプレイのマーケットでも思ったけれど、シアトルの人達はみんな気さくですごく優しい。

と言う訳で、まずお通しがわりにカレー味のポテトフライと、地鶏の唐揚げを頼み、前菜にマグロのポキと天ぷらを頼み、メインディッシュにリブアイステーキと、サーモンのグリルをオーダー。

一品一品、丁寧に盛り付けてあって、味もすごく美味しかったし、思いがけずの素敵なディナーになりました。
カクテルも、生のライチを使ったものや、ホームメイドのレモングラスリキュールを使ったものなど、オリジナルのがたくさん。 日本酒も、日本のウィスキーも種類が豊富。

普段でも、ハッピーアワーでカクテルやお寿司がお手頃価格で楽しめます。
お店はコチラ。 Dragonfish Cafe




つづく。








[PR]
# by akko9bun | 2017-03-24 02:04 | 旅の事 | Comments(0)

サマータイムと春分とシアトルと

先週、サマータイムに変わった途端、DCはまさかの大雪。a0149356_23052965.jpg




















このスノーストームが来る直前、カーティスの両親が洗濯機が故障した時の水漏れでダメージを受けた床の修理を手伝いにはるばるオハイオから車で来てくれました。  
一緒にホームセンターへ行き、床修理に使う接着剤やら色々教えてもらい、新しい洗濯機もオーダー。 
ついでにガタが来始めていたトイレも新調。  

ここ最近の度重なるアンラッキーな日々に終止符を打つべく、この再一気に家の中をアップデート。
電動歯ブラシに続き、新しいコーヒーミルもゲット。 

アメリカでは、大抵自分の家の修理は自分達で行う。 
なので今回は長年の経験があるカーティスパパからDYIの実地講習。 

パパ指導の元、二日かけて洗濯機クローゼットのタイルを剥がし、新しいタイルを貼り、壁を補強し、壁と床のタイルの隙間にコーキングで埋め、さらにステンレストレイを洗濯機の下に設置。 
これで、水漏れ対策もバッチリ。

慣れない作業で全身筋肉痛、心の余裕もなくせっかくの完成した写真を撮るのも忘れる始末。

けれど新しい洗濯機は音がすっごく静かで洗濯できる量も倍くらいになったし、トイレもピッカピカ。 
二代目のコーヒーミルは前のよりうんと使いやすいし、電動歯ブラシはホワイト二ング機能が付いていて、茶渋なんてのも一回磨くだけれで全部取れる。

全部一気に壊れた時は本当泣きそうだったけど、いやちょっと泣いたけど、前よりうんと快適になった環境を見ると、色々と良いタイミングだったんだなと今になってやっと思える。

そして義両親に美味しいものたくさん食べさせてもらい、毎日一緒にヨガしてたっぷり昼寝したせいか、体調もやっと元通り。
カーティスも気力を取り戻し、またバリバリ仕事を頑張り始めたし、やっと懐かしのリズムが戻って来た感じ。  
義両親の大きな愛情で私の周りに漂ってた邪気を払ってくれたんじゃないかしらと。
本当に感謝。

そしてそして、待ちどうしかった春分の日。
今年はシアトルでこの春分の日を過ごしました。a0149356_01220874.jpeg




















スコーンと快晴。 
遠くに連なる山脈を眺め、美味しいコーヒーを飲み、そしてシアトルに住む古くからの友人に会いに行きました。

シアトルでの様子はまたの機会に。
















[PR]
# by akko9bun | 2017-03-23 01:24 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

3月 今月のコストコ

春分まで後10日というのに、なんと今日の天気は雪。
まだまだ寒さは続きそう。

今日は壊れた洗濯機を引き取ってもらい、現在新しいのをどれにするか検討中。
幸い、住んでるマンションが契約しているクリーニング屋さんに普通の洗濯代行サービスもあり、新しいのが来るまで利用させてもらう事に。

しかし、ここ二週間で、体調も崩し、洗濯機→体重計→電動歯ブラシと次々家電が壊れ、そしてトイレもガタが来始めているので修理しないといけない。

一体なんの前触れなのか。 
家電が次々壊れるってのも一つのメッセージらしいので、心身ともにリフレッシュを試みている最中です。

さてさて、今月はカーティスがタックスリターンの準備やら、
その他諸々用事で忙しいので私一人で2回に分けてコストコへ。
a0149356_01025661.jpeg




















1回目。 
コストコのトイレットペーパー、普通にスーパーで買うよりも多く巻いてあるのに、他より安い。セールの時はさらに安くなる。  
同じくセールの歯磨き粉と、ビタミンCのサプリも購入。
あとは、バゲットとオイスターソース、そしてサラダ用ほうれん草。


a0149356_01043418.jpeg




















2回目。
6年使った電動歯ブラシに別れを告げ、新しいのを購入。
ラッキーな事に前のの同じメーカーの電動歯ブラシも今月セール。 
替えのブラシもセールだったので一緒に購入。
壊れはしたけれど、考えるとベストなタイミングで壊れてくれたかも。 
新しいバージョンの電動歯ブラシ、7年前のと比べるとすごい進化を遂げてました。
おかげで、歯も毎回つるつるになって気持ち良し。

他には、ワイン、ブロッコリー、芽キャベツ、マンゴー、そしてオーガニックシュガー。

今月はお肉は無しで。
先月買ったお肉がなんとまだまだ残っているという事態。
以前は、一ヶ月と待たず食べきっていたのに。。
私もカーティスも、年齢のせいでちょっとづつ肉食から草食へと傾いて来てるのかな。


ともあれ、シンプル食とヨガと瞑想でなんとか調子を上げたいところ。
こだわりをどんどん手放し、自分で作ったルールとか、怖がってるものも手放し、
スッキリとウキウキ軽くありたい。











[PR]
# by akko9bun | 2017-03-11 04:11 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

啓蟄 

二十四節気では、今日から啓蟄という時期に入るそう。
啓蟄とは、冬の間土の中で眠っていた虫たちが、地面が暖かくなって来た事で目を覚まして動き始めるという意味なんだとか。

今週末は真冬に逆戻りした寒いDCだけど、春分はもうすぐそこ。
朝、明るくなる時間もどんどん早まっています。
a0149356_09132854.jpeg





















今住んでいる部屋のリビングがほぼ真東を向いているのだけど、冬の間やや南東の方角から登って来てた太陽がどんどん東へと日々動いているのが感じられます。
もうすぐ朝日がまっすぐ部屋に差し込んでくるかと思うと楽しみです。


今日はカーティスと一緒に、ジョージタウンへお出かけ。
映画を一本みて、その後チーズバーガーを食べ、そしてトレジョで今週分の食材を買って帰る。
寒かったけど、良い日曜日。

体調も日々回復しているし、春分までには絶好調になりたいところ。

再来週には、カーティスの両親がDCに遊びに来てくれるので、色々と一緒にDC観光するのが楽しみ。
その後、シアトルへの旅行と、久々の10日間のヴィパッサナー冥想に参加する予定なので、心身共に整えて挑みたいところ。







[PR]
# by akko9bun | 2017-03-06 09:40 | Comments(0)

ハーシュホーン 草間弥生展

現在、DCのモールにあるハーシュホーン美術館で草間弥生展が開催中。a0149356_07491409.jpeg




















毎週月曜日の午後12時にその週のチケット予約が始まるのだけど、二週連続で12時にスタンバイしてアクセスしたのに取れず。
聞くと予想以上の人気ですでにチケットが入手困難になってるんだそう。

そんな話をヨガのクラスの後生徒さんたちと話してたら、その夜に生徒さんの一人が翌日の草間弥生展のチケットをもらったけれど急で都合がつかず行けないので、もし良かったらどうぞと譲ってくれました。

信じられないくらいのラッキーにドキドキ。  
もうその生徒さんには感謝してもし尽くせません!
先週まで、アンラッキーの無限ループ地獄に苦しんでいたので、今は余計に幸せが身に染みていく感じ


という訳で行って来ました。
ものすごく不思議で楽しい草間弥生ワールドへ。
a0149356_08011611.jpeg




















鏡を使ったインスタレーションを中心に、彼女の昔の作品や映像の作品もあったりと、見応えアリアリ。
実際に自分が鏡と彼女の作品に囲まれた小さな空間に入り、万華鏡の様に広がる世界に体を置く体験型アートな面もあり、すごく楽しいエキシビションでした。

草間弥生というアーティストの事を名前とその姿と奇抜な作品以外、あまり何も知らず、とっても変な人という第一印象だったけれど、幼い頃から幻覚や幻聴に怯え、それに立ち向かう為にそれらを描き始めたと聞き、なんだかツンと胸が痛くなった。

絵などもパッと見ると奇抜に見えるけれど、じっくり見るととても繊細で丁寧に丁寧に一つ一つ心を込めて作られてあるのがひしひし伝わってくる。

今回のエキシビション、LEDランプを使った作品の中で一番好きだったのはこの空間。
a0149356_07504201.jpeg




















エキシビションは5月まで。  期間中、チャンスがあればもう一回見に行きたい。



外の庭にあるこの大きなカボチャは、いつでもチケットなしで見れます!

a0149356_08190272.jpeg


























[PR]
# by akko9bun | 2017-03-05 08:22 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

久々の不調。 そしてひな祭り。

先週まで10日ほど、体調も他の事も絶不調の日々が続き、久々にドーンと気持ちが下がった。

まず、2月なのにすでに何かの花粉が飛んでいるようで、花粉症が発症。
が、いつもの花粉症よりももっと症状は重く、顔面全体と喉が腫れ、涙が出続け、喉に空気が当たると痒くて咳が出て、おまけに両鼻詰まりで息がうまくできず、本当に辛かった。 もしかしたら他のアレルギーだったのかも。

それにプラスして風邪も引き、ずっと楽しみにしてた予定もキャンセルせざるを得なくなったり残念な日々。
そしてこういう時に限って、家の家電が色々壊れる。 一番の痛手は洗濯機の故障。 
オマケに結構水も漏れて家にもダメージ。 修理やら、新しい洗濯機のインストールやらで予想外の出費もかさむ。

カーティスも職場で色々とあるようで、毎日ストレス満載で帰ってくる日々。
マンション内やその周りのお店との間にも問題があったり、本当に次から次から出てくる。

あぁ、もういつの間にこの負のループに入っちゃったんだろう?、何か悪い事したかな?と悶々と過ごす。

とにかくこの流れをなんとか変えねばと、悪いことじゃなく、今周りにある良い事とか、まだ調子よく動いてくれてる家電とか、ひとまず命はあって生かされてる事とか、そういうとこに無理やりフォーカスしてみる。

すると、全然見えてなかったけど良い事もちゃんとまだあった。
それに気付くと ”最悪と思ってたけどそうでもなかったな” なんて気分にちょっとなってくる。

そんなところへ、大好きな友人夫婦から、第一子が出来たとメールがあり、そのニュースを見た途端、ファァァァとあったかい感じが体に流れた感じがした。

なんだか、そこから徐々に体調も上向きに。
やっとアクティブな気分になって来たので家の中も隅から隅、クローゼットの中も全部丁寧に掃除してさっぱり。

そして今日、3月3日のひな祭りの日は、やっと心がニュートラルへ、体はまぁ後一歩か二歩というところまで来たような。

悪い事が重なる時はじっと動かず、大きな決断は出来たら先に延ばし、日々淡々と目の前の問題の解決にフォーカスして過ごすしかない。



そんなこんなの今日の晩御飯。 
ひな祭りは本当はパステルカラーなテーブルにしたかったけれど、そんな余裕も体力もなく、ひとまず家にあるものでちらし寿司を作る。 後もう一品作る気力が出なくて、買って来たシーザーサラダを投入。
a0149356_11200842.jpeg





















当たり前だけど、ちらし寿司とシーザーサラダの味のカテゴリーが違いすぎて今更びっくり。
一緒に食べるとすごく違和感。  今度から節句の料理は和でまとめよう。



最近はまた少し外が寒くなって来たけど、春はもうすぐそこ。
早く調子を上げて、新しい季節を満喫できるようになりたいところ。









[PR]
# by akko9bun | 2017-03-04 11:37 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

お家焼肉。

今日は友達一家と一緒に、家で焼肉パーティー。   
メインは、カーティスのお父さんにもらった大きな牛タン。 しかも二本。

まずは、見た目まさにベロ!って感じの牛タンを捌くとこから開始です。
写真は撮ってたのだけど、かなりグロテスクなので載せるの辞めときました。

まずは怯みそうな心に鞭を打つべく、包丁をキンキンに研ぎ、そこからはあんまり深く考えないようにしながら、ザリザリする舌の皮を剥いて行きます。
レディーがする作業では決してない感じです。

今回はyoutubeでいい動画を見つけたので、それで上タンとそうでない普通のタン、あとタンカルビの捌き方も学べました。

動画を見ながら真似をして、こんな感じで上タンの準備終了。
この姿になると、途端に食欲も復活!

上タンは、やっぱり塩だけで頂こう!

a0149356_01183041.jpeg




















タンの先に近い方は小さめに切って、ネギ塩ダレでつけ混んで見ました。


鉄板に並べ焼きます。 こんな時こそストウブグリルの出番です!
マンションの火災報知器がかなり敏感なので、ドキドキ。a0149356_01322530.jpeg





















サイドディッシュに山盛りナムル。
a0149356_01345798.jpeg






















大根のナムルは、入れる場所がなかったので別盛り。
シメのビビンバには、この酸っぱい大根必須です。a0149356_01363407.jpeg






















タレは、レモン、ネギ塩ダレ、醤油ダレ、あとサムジャン。
クックパッドのお陰。
a0149356_01373202.jpeg






















お肉のお供にはキムチと白髪葱のサラダ。
a0149356_01382160.jpeg





















最後は鉄板ごとドーンとテーブルへ。
a0149356_01460376.jpeg
























普段、カーティスと二人なので、やっぱり大勢で食卓を囲むと楽しい!

実は、ちょうどこの前日、スカイプでオーストリアに住む友人が、来月日本に里帰する話になり、帰ったらいつも焼肉食べに行くんだー、なんて話を聞いてから、無性に日本の焼肉屋が懐かしくなってたので、ちょっとその気持ちが落ち着きました。。


心配してた煙対策は、毎回焼くたびにフライパンを変えるとセーフでした。











[PR]
# by akko9bun | 2017-02-21 02:49 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

和菓子とブラジル菓子

お世話になっている、ワシントンDCの日米協会で、和菓子の職人さんによるデモンストレーションが行われました。日米協会60周年記念イベントです。

日本からはるばる来て下さったのは名古屋の老舗の和菓子屋さん、江戸時代から続く松河屋さん。

四季折々、いろんな種類がある和菓子。 
とはいえ、アメリカに来るまで餡子のお菓子をあまり食べてこなかったので、私とっては未知の世界。


実際に目の前で作っている様子を見させてもらい、その繊細さに感動。
職人さんって本当に凄い。
a0149356_21123898.jpeg




















デモンストレーションの後、美しい和菓子と、そして桜茶まで頂いてしまいました。
a0149356_21152899.jpeg




















美しく、甘く、柔らかい。 
春の青い紅葉の形をした、この小さいお菓子の儚さがとても愛おしく感じます。
日本の和菓子、その繊細さに改めて驚き、とても感動しました。

今年は日本に帰れそうにないけど、こうやって日本を感じる時間を持てたことに本当に感謝です。



さて、和菓子をいただいた翌日はバレンタインデー。
和菓子の感動が冷めやらぬウチに、甘党勢ぞろいのカーティスの職場の人達へ、ブラジル菓子のブリガデーロを作る。
a0149356_21281681.jpeg




















ブリガデーロは、練乳を使った激甘トリュフ。  衝撃的な甘さを味わえます。

作り方自体はとても簡単で、鍋に練乳を入れココアを混ぜ、低温で混ぜながら火にかけ、硬くなって来たらお皿へ移し粗熱をとり、あとは、バターを付けた手で丸めるだけ。

今回は、ブラジルに帰った友人が置いて行った、このお菓子の材料の残りを使いましたが、ココナッツパウダーとか、ココアパウダーを仕上げに付けても良し。
a0149356_21323212.jpeg





















出来上がってから味見すると、甘さのインパクトが昼間食べた和菓子と余りに違いすぎて、笑いがこみ上げる。
練乳とチョコレートが好きな方は、きっとこのブリガデーロが好きになるハズ。

地理と同様、和菓子と比べるとまさに世界の裏側的な味。
私はどちらも大好きです。














[PR]
# by akko9bun | 2017-02-19 21:51 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)