あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長約2mのアメリカ人に胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです。


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

カーティスの週末クッキング
at 2017-08-20 10:04
無駄使い減らしつつ、でもまだ..
at 2017-08-14 03:07
8月 今月のコストコ
at 2017-08-14 00:26
サンダーストームサタデーナイト
at 2017-08-13 11:45
今日は立秋
at 2017-08-07 06:22

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

たかおさん> なるほど!..
by akko9bun at 01:46
ベランダ栽培楽しみですね..
by camino0810 at 05:17
たかおさーん!  コメ..
by akko9bun at 20:09
自転車、残念でした。白昼..
by camino0810 at 20:27
西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31
たかおさん>明けましてお..
by akko9bun at 11:19
遅れましたが、明けまして..
by camino0810 at 05:34

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
Yoga,Music,F...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:国際結婚の事( 23 )

グリーンカードの二年条件削除 その⑥

※あくまで私たちのケースですので参考までに。

さて、5月末に送った分厚い束の証拠書類を移民局に送って2週間。

家に帰ると、一通の移民局からの封筒が届いていた。
おお! グリーンカード? と喜んだのもつかの間、手に持ってみるとカードらしきものは入ってない。

まさか、さらに証拠書類を出せとな?? 
ドキドキしながら家に戻り、封を開けてみると、一行目に
”Conglaturation!” の文字。
読んでいくと、書類はOKだったので、60日以内に新しいグリーンカードが届きますとの事。

フー、なんとか再提出した書類達で私とカーティスが仮面夫婦?いや偽装カップルではないと、ようやく分かってもらえたようです。

ちなみに、再提出書類は、最初にカバーレターを書き、そこに提出書類一覧を付け、さらに全ての書類に付箋で、これは○○のジョイントアカウントのステートメント等々一目見てわかるように書いておいた。

去年の8月に手続きをはじめ、ここまで10か月で辿りついた。
なんとか、弁護士に頼まず自分たちで手続きが出来て良かった。。 

セッカチで心配性の私の為に、何度も移民局に電話して色々ときいてくれたカーティスにも感謝。

一点だけ、宛名の郵便番号が違ってたので修正の電話をいれないといけないのだけど、後は無事にカードが手元に届くのを、楽しみに待つばかり。


参考に、私たちの場合の手続きの流れと大体のタイムラインを書いておきます。

2010 11月      日本からアメリカへ移民ヴィザでもって初入国。
               入国後、申請したオハイオの住所にグリーンカードが届く。

2012 8月       二年目の条件削除の為の書類集め開始。 

2012 9月第一週目 郵便局からオハイオ州の管轄されているカリフォルニアの移民局に書類をおくる。

2012 9月第二週目 オハイオに書類が届いた旨と、ビザの期限を一年延期したと書いたレターが来る。

2012 12月の年末  オハイオからDCへ引っ越し

2013 1月初め    移民局に住所変更の電話と、プロセスがどうなってるか聞く。
              紛失してたと思われるバイオメトリックスのお知らせをもう一度DCに送ってもらう。

2013 1月中旬    バイオメトリックのお知らせDCに届く

2013 1月末      バイオメトリックで指紋採取と写真撮影の為、マウントバーノン近くの移民局へ行く。

2013 4月中旬    去年だした証拠書類が足りないとのレターがDCに届く。

2013 5月末      もう一度証拠書類を提出。 
               現住所はバーモント移民局の管轄だが、書類は最初に出したカリフォルニアへ送る

2013 6月中旬    承認されたので、グリーンカードが60日以内に届くとレターが届く。



こんな感じで、手続き自体は一番最初にGCとるよりかは遥かに楽。
アメリカにいるから、何かあったら直接電話してきけるし、ストレスも最初のにくらべたら全然。

ともあれ、面倒な事が終わって今は一安心。 
[PR]
by akko9bun | 2013-06-24 03:20 | 国際結婚の事 | Comments(3)

グリーンカードの二年条件削除 その⑤

参考までに。

再度提出する羽目になった、私とカーティスがちゃんとした夫婦だという証明の書類。
ざっと書き留めておきます。

1- 今手元にある期限切れのグリーンカードコピー 裏表
2-カーティスと私のパスポートコピー
3-結婚証明書と英訳と英訳証明のコピー
4-2012年ジョイントタックスリターン、フェデラルとステートコピー
5-2011年ジョイントタックスリターン、フェデラルとステートコピー
6-銀行ジョイントアカウント証明コピー
7-投資ジョイントアカウント証明コピー
8-アパートのマネージャーのレター(私たちが一緒に暮らしてる証明)
9-アパートのリースコントラクトコピー
10-アパート保険証明コピー
11-ジョイント健康保険コピー
12-ジョイントデンタル保険コピー
13-電気代ジョイント請求書コピー
14-クレジットカードジョイント請求書コピー
15-Affidavit 義両親、カーティスの友人、カーティスの同僚から
16-生命保険書類コピー
17-二人宛にとどいた郵便物の表コピー
18-プリントアウトした写真30枚程。
19-ジョイント年金の書類コピー

以上。 分厚い束になってしまって、移民局からきたちいさい封筒には入りきれないけど、こんだけあれば問題ないでしょう。 (多分。。)

問題がおこっても、最後にはちゃんともらえるとわかっているので気分的には心配は全然してない。
一番最初のGC申請の時はもう、なにもかも初めてでひやひやしてましたが、慣れると結構大丈夫なもんです。
[PR]
by akko9bun | 2013-05-31 09:09 | 国際結婚の事 | Comments(0)

グリーンカードの二年条件削除 その④

※あくまで私たちのケースなので参考までに。

さて、バイオメトリック(1月28日)が終わってから、次のレターを待ち続ける日々が続く。
が、一ヶ月たてども、二か月たてども返事が来ない。

そして待ちきれず、またまた移民局に電話で問い合わせ。
すると、あと一ヶ月してこなければ、再度連絡しなさいとの事。

けど、その翌日に、郵便受けに移民局からのレターが届く。(4月12日)
触った感じで、グリーンカードが入ってる感じがなかったので、覚悟はできたけど
内容は、前回提出した私とカーティスがちゃんとした夫婦だという証明の為の書類がまだ足りないとの事。
追加書類要請のお手紙でした。

というか、指定されたものは全部だしたんですが、、なぜに?
ともあれ、また資料を集めるしかない。

前回出した証拠以外のものを提出すればいいだけなのか、再び移民局に問い合わせ。
すると、前回だした書類+新しい証拠書類を合わせて提出せよとのこと。
私たちはオハイオからDCに引っ越したので、今の管轄はカリフォルニアの移民局ではないのだけど、再提出の書類はオハイオから提出したカリフォルニアの移民局に提出せよとの事。

今回はカーティスの会社の生命保険、健康保険、ユティリティの請求書、アパートの管理人からのレター等々前回と違い、わたしとカーティスのジョイントの名前が載っている書類がふえたので全部提出してトライしてみることに。

書類、全部そろえて早く送ってスッキリしたい。。。
そして早く10年物のグリーンカードがもらえますように。
[PR]
by akko9bun | 2013-05-30 22:12 | 国際結婚の事 | Comments(0)

グリーンカードの二年条件削除 その③

今日は遂にバイトメトリックの日。
10年物のグリーンカードの為の指紋採取のプロセスです。

DC近郊に住んでる人は、バージニアのアレキサンドリア(マウントバーノンのすぐ横)
まで指紋の為に行かないといけないとのこと。

なので、行ってきました。 朝5時起きで。
指定された時間が朝8時。 家から約一時間半の道のり。
暗いし、初めての場所という事でカーティスも強制連行。

チャイナタウンでイエローラインに乗り換え。
King st まで行き、そこから始発のREXという高速路線バスみなたいなのに乗って30分。
連絡がサクサク行き過ぎて、7時すぎには、イミグレに到着。 

しょうがないので隣のバーガーショップで少し時間をつぶし
入り口まで行ってみたら、なんと 『OPEN 12:00』と張り紙。

この日は、雪だか、凍結だかの警報が出てたらしく、移民局は昼から業務開始との事。

この寒空で約4時間、待たねばならんと思うと移民って辛いわね、なんて思ったものの
指紋はとらなきゃ仕方ないので、長丁場に備え、近くのコンビニで『VOGUE』 購入。
これで4時間つぶせるかトライ。
カーティスは、4時間は待てないとのことで、仕事に戻って行ってしまった。

ラッキーなことに、イミグレの玄関の隣になんだかほかのオフィスのロビーみたいなのがあり、
椅子も置いてあったので、そこで4時間待つことに。 
私だけじゃなく、8時予約の他の人もたくさんいたので、色々と情報交換。
2時間かけて、隅々までじっくり読んだヴォーグも、一緒に待ってる人に廻す。

ここで、隣のパキスタン人のおばちゃんと超仲良くなり、連絡先交換。
旅行会社で働いてはるとの事で、日本行の安いチケットが見つかったら
すぐ電話してくれるとのこと。 有り難し!

ラスト1時間は、外に出て列に加わる。 
こんなに寒い思いもいつ振りだろ。
バンダを締めて、呼吸もウジャイチックに変え、立ったままで、筋肉を順に動かして
何とか体が冷えないように頑張る。

が、なんと二人前の人が日本人だという事がわかり、仲良くなる。
私よりも随分前からアメリカ暮らしの先輩。
ラスト30分は、アメリカ暮らしの耳より情報をたくさん教えてもらえた。

さらに、指紋採取が終わった後、車で近所にある日本のベーカリーまで案内してもらい
久々に日本の食パン、やカレーパン、ロールケーキなど買って幸せ。 
さらに、帰りはメトロの駅まで送ってもらってしまった。 
異国で日本人に会えるのは、なんとも心強い。 しかも今日みたいな日は特に。

4時間待ったけど、友達もできたし、日本のパンも買えたし、プラマイ、大いにプラスの一日。

さて、これからまたまた、次回のレターを待つ日々に突入です。

この時期、イミグレに行かれる方は、いざ待たないといけない事があるかもしれないので、
防寒対策をぜひお勧めします。
[PR]
by akko9bun | 2013-01-29 11:14 | 国際結婚の事 | Comments(0)

グリーンカードの二年条件削除 その② + 住所変更

※あくまで私たちのケースです。 参考までに。

昨年の9月、フォームI-751とその他必要書類を提出し、1週間後に手数料の領収証と、ひとまず1年グリーンカードの有効期限を延長しました。 云々 のレターが届く。
そのレターに、次のステップはバイオメトリック(指紋採取) なので、そのレターが来るまで待ちなさい。 とのお達し。  その”待ちなさい” が嫌に強調されていたので、大人しく待つ。

が、その後待てども待てども、次のレターが来ない。
私たちの場合、最初に書類を提出したのが9月、そして12月末にはオハイオからワシントンDCに引っ越しが決まっている。 

移民法では移民者が引っ越しする場合、10日以内に住所変更を出さないといけない。
手続きの途中で引っ越しとなると、今まで手続きなんかはちゃんと引き継がれるのかなどなど、ちょっと不安になり、12月、移民局に問い合わせたものの、運悪く超不親切なオペレータにあたり、欲しい情報がまったく得られず終了。

そのまま引っ越しの日がきてしまい、ひとまずワシントンDCに引っ越し。
そして、すぐに移民局のホームページで住所変更にトライしたものの、何故かエラーが出て出来ない。 なので、プロセスがどうなってるか不安もあったので、電話で問い合わせに再びチャレンジ。

今回はカーティスが電話をかけてくれた。 カーティスのマイルドな口調が功を奏したのか、(私の時は緊張と相手の英語が聞き取れず、ちょっと切れ気味)、オペレーターの人は私たちの質問に次々答え、さらにコンピュータ上の住所の変更をしてくれ(後から書類も郵送しないといけない)、さらには、私の次に来るはずのバイオメトリックのレターがなんらかのアクシデントでもうすでに郵送済みとのステータスになっていたらしく、それを修正し、ワシントンDCで次のバイオメトリック以降の手続きができるように手配してくれた。

電話をかけた翌日には、今回電話でやり取りした変更事項の確認書が送られてきて、
さらにその翌週、ついにバイオメトリックのスケジュールが記載されたレターを無事に受け取れました。

ずっと滞っていたプロセスが再開されて、やっと一息。
10年のGCまであとちょっと。

今回学んだのは、ちゃんとした人に当たれば、必要な情報もゲットできるし、あれだけ”待つように!”とレターで強調されていたのにも関わらず、自分達のプロセスの進捗具合も確認できると分かった事。

シーズンによっては時間がかかるとされているこの条件削除の手続き。
通常は最初のI-751とその他必要書類の提出の後、約1週間で領収証と、期間一年延長のレターが届き、さらに約一ヶ月後に書類に問題なければバイオメトリックのレターが来るんだそう。


ちなみに、住所変更はホームページでも可能とのこと(私たちの場合なぜかエラーがでたけど)。
そして、その時、移民者とスポンサー両方の住所変更が必要なんだとか。

私たちの場合、私はAR-11というフォームを提出し、カーティスはI-865のフォームの提出しないといけない。

なので、住所変更される方は、最初にグリーンカードを申請したときにスポンサー書類にサインした人の住所も変わる場合、変更も忘れずに。
[PR]
by akko9bun | 2013-01-20 09:07 | 国際結婚の事 | Comments(0)

グリーンカードの二年条件削除 その①

私とアメリカ人の旦那とのビザに関するアレコレです。
あくまで私達のケースなのでご参考までに。

二年前、2010年の11月に、日本でのビザの手続きを完了させて、アメリカに移住。
入国した時に、少し手続きがあり、(詳しくはコチラ)その一ヵ月後くらいに無事にグリーンカードが届きました。

ただ、結婚して二年以内のカップルはグリーンカードに二年限定の条件がついてきます。
これは、ビザ目的での不正結婚を防止する為なんだとか。

で、今回最初のビザ発行から気付けば、二年ももうすぐ、という事なので
条件削除(限定解除ともいうらしい)の手続きを始めることに。

まずは移民局のWEBページをじっくりと読みます。

最初に移民ビザで入国した日の二年後の日付から90日前より申請が開始できるとの事。

で、フォームI-751 という書類を作成。 
そのあと、他の必要書類をいろいろ集めます。

私が提出したのは、
・カバーレター
・申請料のチェック
・グリーンカードの裏表の写真
・ワシントンDCのアパートの契約書(カーティスと二人でサインしてあるもの)
・去年のタックスリターンのFederal とStaitsTax 両方のコピー(これもジョイントで申請してる書類)
・車の保険のコピー(カーティスの実家暮らしなので、パパ、ママ、カーティス、私の名前の連名になってるもの)
・銀行のジョイント口座の証明書(銀行行って公証してもらいました。)
・投資銀行のジョイント口座の証明書
・クレジットカードの請求書のコピー(カーティスと私の二人の名前宛にきたもの)
・家族と、カーティスの友人から書いてもらった、二人の結婚が偽造でない事を証明する手紙。
・国内、国外から届いた、カーティスと私の二人の名前が宛名になってる手紙やハガキのコピー。
・家族や二人で移ってる写真色々。

結構分厚い書類の束になってました。
住所がPOBOX宛なので、郵便局から追跡できる郵便で出す。 
すると一週間で移民局から手紙が届く。
内容は、申請料の領収書と、ひとまず私のグリーンカードは一年延期しましたという事と、次に指紋とったり面接したりする日をまたお知らせします。 という旨。

という事で現在、そのお知らせを待ってます。

私達の場合、私は年末にはワシントンDCに引っ越す事が確定してるけど、申請締め切り日はオハイオに住んでいるのでオハイオ州の住所で提出。

グリーンカードがいつくるかわからないけど、DCに引っ越す前であって欲しい。
そしたら、引越し後すぐ住所変更するだけで済むし。 (ちなみに移民者は引っ越したらすぐ住所変更するのは義務付けられてるとの事。)

つづく。
[PR]
by akko9bun | 2012-09-21 23:52 | 国際結婚の事 | Comments(2)

結婚記念日アレコレ

今年の結婚記念日はカーティスが当日夜10時まで大学と言うハードスケジュールだったので、ちょっと繰り上げでお祝いしてきました。

二年前の五月、日本とアメリカの双方の家族が来やすいように、ハワイのビーチの近くの小さな教会で結婚式をあげた私とカーティス。
その後、レセプション(日本でいう披露宴)は、ホノルルにあるミシェルズというレストランで。
そして一年目の結婚記念日にいたのはフロリダのマイアミビーチで、その日もマイケルズ(ミシェルズの男読み)いうレストランでお祝い。
ミシェルは日本語で天使ミカエル。 私の今のボスの名前もミシェルだし、何かと縁がある名前です。

二年目もどこかビーチに出かける??と半分冗談で話していたら、近くの湖に連れて行ってくれました。 
a0149356_939577.jpg
ストラウスランという地元の人が憩う湖。  規模はちっちゃいけど、ビーチもあります。 
お弁当もって、折りたたみイスもって、ピクニックデート。
今日のお弁当はコチラ!
a0149356_9411898.jpg
中身は、Avaranch pizza というお店で売ってるサブマリーンサンドイッチ。
a0149356_9423476.jpg
大きすぎて、齧るのが一苦労。  
レタスにトマトに玉ねぎ、オリーブ、ハム数種類、ピクルスと、これでもか!ってくらい入ってます。

家に帰ったらカーティスママがパーティーの準備をしてくれていました。
a0149356_950270.jpg
ケーキはママの手作り。 
この町にはミシェルズというレストランはないけど、パパ&ママから、こんな素敵なプレゼント。
a0149356_9544090.jpg
シャンパンの名前にご注目!  なんとも嬉しいサプライズ。 わざわざ探してきてくれたその気持ちに感謝!


結婚記念日当日は、私はヨガクラスがあったので、職場のスタジオへ。  
クラスの準備をしてたら、知らないおじさんが、『ミス ○○ (私)はいますか?』 と尋ねてきた。  
全く見覚えの無い人だったし、スタジオには女だけだったので、かなり警戒しつつ 『?? はい、私ですけど??』 というと、、なんと花束を配達にきた花屋さんでした!
a0149356_1243437.jpg
カーティスが内緒でお花屋さんに頼んでいてくれたみたいです。  
花屋のおじさん、一瞬とはいえ露骨に警戒してごめんなさい。

カーティスからの嬉しいサプライズ。 まさか職場に届くとは思っても無かった。。 
日本だったらだいぶ照れてしまうシチュエーションですが、せっかくなのでクラスが終わるまで、どかんとレセプションにおかせてもらいました。
お陰で、生徒さん達からもお祝いの言葉をかけてもらえ幸せ。 
おめでとう! という言葉をかけられると、なんだか元気がでてくる。 

カーティスと家族になってから、二年間はなんだかあっという間。
お互い母国語と、文化的背景が全く違うので、言葉だけ分かりあうのはやっぱり不十分。 
なので、この二年間、身振り手振りはもちろん、笑顔、行動、そしてオーラで?、体当たりのコミュニケーションを続けてきた私達、気づくと国の壁、民族の壁、言葉の壁なんてどこへやら。

カーティスはカーティスらしく、私は私らしく、これからも色々なものを一緒に築けてたらいい。
自分磨きを怠らないよう、挑戦を忘れないよう、そしてこんな大変な私を嫁にもらってくれたカーティスへの感謝を忘れないように、明日からも、モリモリ頑張るぞ!
[PR]
by akko9bun | 2012-05-28 13:24 | 国際結婚の事 | Comments(2)

カーティスの日本語クライシス

私とカーティス間は、普段何語で話してるの? 
と、よく質問されますが、答えは日本語です。
割合でいうと90パーセントは日本語。 日本語会話の中でちょっと分かりにくい単語なんかは英語にして、単語だけ織り交ぜて会話しています。

カーティスと付き合うようになって2年。
もともとカーティスは日本語は話せたけれど、私や私の家族と過ごすようになってからは、飛躍的に日本語能力が上がったと思う。 
関西弁はもちろん、お母さんに毎週無理やりつき合わされていた龍馬伝のおかげで土佐弁までちょっと使えるようにまで成長しています。

今となっては日本語の達者なカーティスだけど、去年アメリカに2週間帰ったとき、ものの一週間程でカーティスの日本語が崩壊した事がありました。

当時英語能力が芳しくなかった私の為に、家族間の会話はほぼ全部カーティスが同時通訳で訳して伝えてくれてました。

ところが、日が経つにつれ、ビックリする程の速さで英語脳へと戻ってしまったカーティス。
どんどんおかしな日本語を使うようになり、一週間経った後には一応日本語なんだろうけど、並びも単語もメチャクチャ。 最後にはとうとう意味不明の言葉を発する2mの外国人と化してしまった苦い過去があります。

今回は、去年の苦い思い出あがあるので、本人も意識して私と二人の時の会話はアメリカでも日本語を使うようにしています。 
そのおかげか、今のところ日本語崩壊の兆しは見えずひとまず安心。

さらには、ちょっぴり悪い日本語まで使いたがる。 オマエとか、シバクゾ!とか。

私はカーティスに『オマエ』って呼ばれるのが凄く嫌で、この間本気で怒ったら
なんと次から『おまん!!』 と超偉そうに呼んできた。
おまんも、おまえも一緒じゃー!! 
『もう、オマエもオマンも禁止! 今度つかったら返事しないからね 怒!! 』 と大河ドラマの影響力に脅威を感じながらも念を押す。

それから数日後。
カーティス『おい!おまんじゅう!』  

どうやら、どうしてもオマエとかオマンと呼びたいらしいが私が怒るので
苦肉の策でこう言ったらしい。。

カーティスの第二次日本語崩壊の危機がすぐそこまで迫ってきている気がする。。。
[PR]
by akko9bun | 2010-12-13 07:04 | 国際結婚の事 | Comments(6)

日本で移民ビザ取得後の初入国について

緊張していた今回の移民としての入国審査ですが、予想外にあっさりと終わりました。
参考までにどんな様子だったかレポートします。

テキサスのダラスフォートワース空港に到着し、そのままパスポートコントロールへ。
並ぶ列が、Citizen と、Non citizen しかなかったのだけど、一応係りの人に聞くと、Non citizen の方に並んで下さいといわれる。 
この時、アメリカ市民のカーティスも同じレーン並んだけど、問題なしでした。

順番がきたら、大使館からもらった書類の入った封筒を渡します。すると右手の指4本の指紋をとられ、こっちへ来なさいと、一番端っこのブースへ連れて行かれました。 そこにはすでに20名程、移民審査待ちの人達がいて、30分ほどまたされます。

その後、名前を呼ばれ、再び人差し指の指紋を押すように言われます。そしてなにやら小さく枠った中に、名前を書くように言われました。 すごく書きにくかったけど、後々このサインがグリーンカードに載るというので慎重にサイン。 

その後は、『はい、これで終わりです。』とあっけなく終了
グリーンカードが後で郵送されるそうです。

私はまだ結婚して一年目なので、今回もらえる永住権は二年限定もの。
なのでパスポートには2年後まで有効の日付がついたスタンプを押してもらいました。

あとは、グリーンカードが届くのを楽しみに待つことにします。
[PR]
by akko9bun | 2010-11-18 10:08 | 国際結婚の事 | Comments(0)

移民ビザの面接

去年の12月から、ビザ申請に向け動き始め、
先々週、ついに無事にアメリカの移民ビザを取得しました!

本当に、振り返るとあっとゆうまでしたが、なんとも不安の耐えない日々でございました。

以下、面接のときの記録です。 興味ある方はどうぞ。
*あくまで私達のケースですので参考までに。


6月14日、二日前に健康診断を済ませた私とカーチスは、書類とそのでかいレントゲンの入った袋をもって、朝、8時過ぎに大使館のある溜池山王駅に到着。

今回の書類は、大使館のインストラクションにもありますが、一回目の請願の時にすでに提出したものは、もう必要ないとの事でDS-230のパートⅡなんかは、今回念のため用意しましたが不要でした。 以下、私が持っていた書類です、

1、パスポート (アメリカに入国する時点で6ヶ月以上の有効期限が残っているもの。)
(一応コピーももっていきましたが、不要でした。 多分請願の時に出してたからかな?)

2、正面からの写真2枚。(白バック、光沢あり、5×5 で裏に名前を書いたもの。)

3、1-864 
(扶養宣誓の書類です。 カーチスの日本での収入はアメリカでは0としてカウントされるので、今回は二人の共同の銀行口座に前回、大使館でこれくらいあれば大丈夫といわれた金額をちょっと上回る金額を入れた銀行の預金残高証明書(公証済み)をだしてもらい、持って行きました。あと、万が一にそなえて、カーチスパパのジョイントスポンサーの書類も一式持って行きました。)

4、警察証明書
これは、犯罪記録の証明書。 警察に言って、ビザ申請の為大使館に提出しますというと、無料で手続きをしてくれます。 全部の指の指紋を取って、私の場合は一週間後に出来上がって受け取りました。
この封筒、自分で開けると無効になりますので、気をつけて!

5、健康診断の証明書。 レントゲン入り。 これも自分で開けると無効になります。

6、レターパック 500円の。 自分の宛名と住所を書いて、内容は書類と明記。

7、最後に、グリーンカードが届くアメリカの住所と電話番号。(私達は紙にプリントアウトしてもっていきましたが、大使館で別紙に書くように指示され、こそちらにまた、手書きで書きました。)



この日、請願のときと同じくお天気は雨。 今回もボディーチェックまでにだいぶ待つのかな??
と思いきや、人は何人かいるものの、スイスイとボディーチェックまでたどり着きました。

前回同様、食べ物、飲み物は外のボックスへ。 そして全ての電子機器は預けていざビザ課へ。

クリアファイルを手渡され、その中に必要な書類を入れるように言われました。 
入ってすぐ整理券発行のマシンから番号札をとって、準備をして待ちます。

名前が呼ばれ、書類を渡します。 気になるI-864の書類達も問題なくクリア。
お金(約400ドル)を払って、そして、せっかくなので色々と不明点を質問。

私が質問したのは、
①Q,ソーシャルセキュリティー番号を発行してもらえるまで仕事はできないのか。
 A,移民ビザさえとれば、すぐ働けるとの事。

②Q,ビザを取って、アメリカ入国後、すぐに海外旅行へいけるのか。
 A,マルチなので、問題なし。 ただ、365日以上アメリカから出るなら別途申請が必要。

です。 
あと、前に取得したESTERの有効期限が残ってるけど、それは大丈夫なんでしょうか?
って聞きたかったんですけど、聞き忘れてしまいました。 
もしどなたか、ご存知の方がいらっしゃれば教えて下さいー。

その後、座って待ってると、もう一度呼ばれ、指紋をとります。 
またその後、座って待ってると、もう一度呼ばれ、今回が最終面接本番です。

運よく、優しそうな男性が面接官でした。 まず、右手をあげて、今から言うことに嘘がないと宣誓。

いつ結婚したのか。 今の仕事は? 仕事はまだやめていないか? 
いつアメリカにいくのか。 だとしたらいつ仕事をやめるのか。 アメリカではどこに住むのか?

といった感じの質問でした。 オハイオにひとまず行きます。と答えると、
”あ~、オハイオございます!”なんてギャグまで披露してくれました。

以上、日本語で面接OKでした。 その場で、問題ないのでビザ発行します、と言ってもらえました。
一週間以内に、ビザを張ったパスポートが郵送で送られるとの事。 
そしてその中に封筒があるので、それは、自分で開封すると無効になるとの事でした。

予想以上に和やかな面接でホット一息。

さらに予想外に翌日、レターパックは届きまして、無事に移民ビザを手にする事ができました!

請願から、最終面接まできっかり2ヶ月。 準備をあわせると約半年。
長かった道のりにも、やっと終止符が打てて一安心です。 
[PR]
by akko9bun | 2010-06-16 08:27 | 国際結婚の事 | Comments(7)