あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長約2mのアメリカ人に胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです。


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

お野菜色々頂きました。
at 2017-10-10 22:08
おかえりカーティス、そして愛..
at 2017-10-09 10:40
久々にIKEA!
at 2017-09-27 01:03
オキシクリーン 使ってみました。
at 2017-09-27 00:03
9月 今月のコストコ
at 2017-09-26 07:04

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

初めまして! お返事遅く..
by akko9bun at 21:14
初めまして。ニューヨーク..
by NYC at 11:01
たかおさん> なるほど!..
by akko9bun at 01:46
ベランダ栽培楽しみですね..
by camino0810 at 05:17
たかおさーん!  コメ..
by akko9bun at 20:09
自転車、残念でした。白昼..
by camino0810 at 20:27
西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
フランスの田舎で畑、子育...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

LAVAにて

a0149356_1272720.jpg
奈良で4年、渋谷時代も合わせると6年目。
ずっとお世話になったこのスタジオともとうとう卒業。

最後にという事で、ワークショップを3本も担当させてもらいました。

私自身、自分の中のバランスの悪い部分を、これまで随分ヨガをする事で助けてもらっていました。

時には、ストイックに考え過ぎたり、時には逆に甘くみていたり、怪我もしたし、全部が全部
良い事だけではなかったけれど、それでもヨガが無かったら、今よりもっとあいまいに時間を過ごして、色んな事にどんどん鈍感になっていってたように思います。

一つのレッスンの枠どうしても伝えきれていなかった、私なりのヨガの楽しみ方や、私のヨガの先生に教わった事、インドで学んだ事など、最後に少しでもたくさんシェアできるようにと、ワークショップの内容を考えました。

この3日間、忙しい中、たくさんの方に来ていただけて、本当に嬉しかったです。

このスタジオで、私自身、生徒さんからも、そして一緒に働くスタッフのみんなからも本当にたくさんの事を学ばせてもらいました。

みんな本当に、優しくて、楽しくて、皆さんと離れる事を思うと、どうしてもどうしても淋しい気持ちが止まりません。
この世の全てのものは移り変わり、物事は一つとして同じ状態ではいられない、という事は頭で
分かっているつもりでも、つい心は手綱を放れ、色々な悲しみを、辛さを感じてしまいます。

本当に別れとはやっかいなものですね。

でも、別れがあるからこそ、普段は目に見えなくなっている人の優しさや愛情なんかを
いつもよりもハッキリと感じる事もできたように思えます。

どんどんと未来は変わっていくけれど、全ての選択を明るい気持ちで選べるようにしたい。
自由に、そして人生エンジョイ派で。

Lavaで起こった事、そして全ての出会いに感謝します。
そして、いつもサポートしてくれたスタッフのみんな、本当にありがとうございました。
いい仲間に出会えて私は幸せ者です。

本当にありがとうございました!!
[PR]
by akko9bun | 2010-06-30 12:07 | YOGAの事 | Comments(2)

浦和にて

大使館の面接の次の週、今度はヨガのワークショップのお仕事で浦和と大宮へ行って来ました。

この浦和のRizmというスタジオでは5年前から顧問をさせてもらっていて、奈良に来てからも
よく呼んでもらい、いつも楽しくお仕事させてもらい、ここのオーナーの陽子さんとも、気づけば5年の付き合いで、この5年間本当に色々とお互いの事を話し合い、仕事して、一緒に色んな壁を超えてきました。

陽子さんは、ヨガスタジオのオーナーでありながらインストラクターもこなし、夜のクラブのママ、そしてCLUBの経営者と、さらには最近エステサロンもオープンさせた、最強にエネルギッシュな女性です。 毎回色んな方に会わせてくれて、新しい世界をいつも見せてくれます。  

ここのスタジオは女性専用。
彼女の希望や工夫がちりばめられた、とても素敵なヨガスタジオです。
私が一番好きなのは、エントランスから受付のデスクに行くまでの廊下。
a0149356_2342623.jpg
毎回、四季折々の花が飾られて、ここを通る度に、なんだか豊かな良い気持ちになれました。
もちろん、スタジオもすごく心地よくて落ち着きます。
a0149356_23443317.jpg

しばらく日本を離れるので、ここでのクラスもひとまず最終回。

慣れ親しんだ場所を離れるのは、とても淋しいけれど、おかげで気づけた事もたくさんありました。
最後は、本当に感謝と、寂しさと、嬉しさと、色々な感情が同時に押し寄せてきて胸が苦しくなる程。

毎回全力で、私が最高の状態で仕事ができるようにオーガナイズして下さった陽子さん、そしていつもサポートしてくれたRizmの受付のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
おかげで、自分のもてる以上のものを毎回引き出してもらって、ベストの状態でクラスを持つ事ができました。 

そして、クラスに参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
同じあの空間を共有出来た事、みなさんと一緒にヨガができた事、本当に嬉しかったです。

またいつか、Rizmでお会いできますように! 
[PR]
by akko9bun | 2010-06-18 23:22 | 暮らしの事 | Comments(0)

オリビエ

a0149356_128127.jpg
東京から戻った次の日、一年ぶりに、親友オリビエ(仏)と再会。

彼は今はオーストラリアに住んでいて、日本の友達に会う為にバカンスを利用して来日。

彼とは4年前、奈良に引っ越してすぐに友達になり、それから意気投合して一緒にカポエラを習いに行ったり、家が近所だったのでよくご飯をお互いの家で食べたりしてました。

2年前に、オリビエから鳥取のビーチパーティーに誘われ、そこでたまたまカーチスと初めて出会ったので、彼と出会わなかったら、もしかしたらカーチスとも結婚してなかったかも知れない。

そんなオリビエ、久々にテンプルズでのヨガクラスにも来てくれて、そのあとは家に招待し
私の家族とともに一緒に晩御飯。

相変わらず、元気でやさしくて、さらにパワーアップしたオリビエを見てると、
私も負けてられんという気持ちになる。

いつでもどこでも遊んでる彼と一緒に周りの世界を見ると、
いつもの景色が、なんだか全部特別で面白そうに見えてくるから不思議だ。

電車に乗ってても、コンビニに買い物しにきてても、自転車こいでるだけでも
すぐに面白いもの見つけて、それを楽しんでる人生エンジョイ派のオリビエ。

偶然なのか、今回彼は、忙しくてだんだん生活をつまらないものへと、知らない内に変えようとしてしまってた私にカツを入れに来たんじゃないかと思うタイミングで奈良に来てくれたような気がする。

そんなに長い時間は一緒に居れなかったけど、それでもやっぱり世界は面白くて、人生には見えないカラクリがいっぱいで、やりたい事はなんでも出来る! とまた強く想う事が出来ました。

お互い、これからはオーストラリアとアメリカでお互いに”別荘が出来た!”くらいの勢いで
軽く行き来できるようでありたいな。
[PR]
by akko9bun | 2010-06-17 11:45 | 友人の事 | Comments(2)

東京へショートトリップ ②

6月6日のウェディングBBQの次の週、
大使館でのVISA面接の為に東京へ。

今回の宿も前回同様、白金高輪の弟のマンションへ。
アメリカ大使館から地下鉄で二駅。 
恵比寿、六本木へも徒歩で行けちゃうという最強の立地条件。

これまた、前回同様に、白金にあるBurger Maniaで、大使館の面接用の健康診断無事にパス祝いにハンバーガーで乾杯!
a0149356_10515584.jpg


そして、今回は大学時代のカイロ留学仲間、あや&ゆいゆいにも久々会って結婚の報告。
a0149356_11205495.jpg


この二人は、10年前一緒にロバに乗り王家の谷を探検し、エジプトが誇る巨大神殿にはボロボロのレンタル自転車で挑んだ冒険仲間でもあります。

当時通っていた学校の授業が終わった後、カイロのラムセス駅から夜行列車にのって、カイロからずっと南のルクソールという街へ向かいました。

早朝、電車がルクソールの駅に着くと、いきなり安ホテルの客引き戦争に巻き込まれて、カルチャーショックを受け、その後は彼らのしつこさで大変だったけど、今思えばあの客引きの強烈さは世界一だったと思う。 
その後に旅した、インド、中東、東南アジアのどこの国でも、もちろん安宿エリアには客引きはいるけど、みんなエジプトに比べると妙にさっぱりし過ぎて、むしろちょっと淋しい時すらありました。 

カイロでの生活自体も、当時の私にとっては相当にサバイバルしなければいけない環境だったので、
この二人が一緒に居たおかげで、本当にたくさんの壁を越える事ができました。

いつも二人を思うとき、あの時借りた自転車のペダルがありえないくらい曲がってた事や、
一日限定150人しか入れない、ネフェルタリという女王のお墓に入るためのチケットを買うために
朝まだ暗いうちから小さな船でナイル川を渡った事や、インディージョーンズの世界ような景色の中にあるチケット売り場にドキドキしながら並んだ思い出が頭に浮かびます。

結婚祝いにアメリカへ行って使えるよう、お茶をたてるセット一式と、そしてなんと一缶5000円のタラバガニの缶詰をプレゼントしてくれました。 

あや、ゆいゆい、本当にありがとう!

そして、次の日は歩いて六本木にゆき、プログラマ時代に仕事先で出会った友達にも会い結婚を祝ってもらいました。 
彼は本当に心が優しい人で、彼と同じ空間に居て話してるだけで心が穏やかになれる貴重な存在。
連日の手続き三昧にぐったりし、次の日のアメリカ大使館での面接の事で頭が痛くなるくらい緊張してたのだけど、ご飯を食べ終わってさよならする頃には頭痛もなくなり、気分もさわやかに。

いてるだけで、色々なものをキレイにしてくれてるんだなぁとしみじみ。
おかげで、面接の時はだいぶリラックスして、楽しめました。

彼から、ベルベッド生地の大きな箱に入ったシャンパンをお祝いに頂いたので
移民ビザが無事に手元に届いたら、5000円の缶詰と共に頂こうと思います!
ありがとうございました!!

今回もバタバタとした短い滞在だったけど、会いたい人に会えて本当によかった。
やっぱり友達には会わないと!
[PR]
by akko9bun | 2010-06-16 10:30 | 暮らしの事 | Comments(2)

移民ビザの面接

去年の12月から、ビザ申請に向け動き始め、
先々週、ついに無事にアメリカの移民ビザを取得しました!

本当に、振り返るとあっとゆうまでしたが、なんとも不安の耐えない日々でございました。

以下、面接のときの記録です。 興味ある方はどうぞ。
*あくまで私達のケースですので参考までに。


6月14日、二日前に健康診断を済ませた私とカーチスは、書類とそのでかいレントゲンの入った袋をもって、朝、8時過ぎに大使館のある溜池山王駅に到着。

今回の書類は、大使館のインストラクションにもありますが、一回目の請願の時にすでに提出したものは、もう必要ないとの事でDS-230のパートⅡなんかは、今回念のため用意しましたが不要でした。 以下、私が持っていた書類です、

1、パスポート (アメリカに入国する時点で6ヶ月以上の有効期限が残っているもの。)
(一応コピーももっていきましたが、不要でした。 多分請願の時に出してたからかな?)

2、正面からの写真2枚。(白バック、光沢あり、5×5 で裏に名前を書いたもの。)

3、1-864 
(扶養宣誓の書類です。 カーチスの日本での収入はアメリカでは0としてカウントされるので、今回は二人の共同の銀行口座に前回、大使館でこれくらいあれば大丈夫といわれた金額をちょっと上回る金額を入れた銀行の預金残高証明書(公証済み)をだしてもらい、持って行きました。あと、万が一にそなえて、カーチスパパのジョイントスポンサーの書類も一式持って行きました。)

4、警察証明書
これは、犯罪記録の証明書。 警察に言って、ビザ申請の為大使館に提出しますというと、無料で手続きをしてくれます。 全部の指の指紋を取って、私の場合は一週間後に出来上がって受け取りました。
この封筒、自分で開けると無効になりますので、気をつけて!

5、健康診断の証明書。 レントゲン入り。 これも自分で開けると無効になります。

6、レターパック 500円の。 自分の宛名と住所を書いて、内容は書類と明記。

7、最後に、グリーンカードが届くアメリカの住所と電話番号。(私達は紙にプリントアウトしてもっていきましたが、大使館で別紙に書くように指示され、こそちらにまた、手書きで書きました。)



この日、請願のときと同じくお天気は雨。 今回もボディーチェックまでにだいぶ待つのかな??
と思いきや、人は何人かいるものの、スイスイとボディーチェックまでたどり着きました。

前回同様、食べ物、飲み物は外のボックスへ。 そして全ての電子機器は預けていざビザ課へ。

クリアファイルを手渡され、その中に必要な書類を入れるように言われました。 
入ってすぐ整理券発行のマシンから番号札をとって、準備をして待ちます。

名前が呼ばれ、書類を渡します。 気になるI-864の書類達も問題なくクリア。
お金(約400ドル)を払って、そして、せっかくなので色々と不明点を質問。

私が質問したのは、
①Q,ソーシャルセキュリティー番号を発行してもらえるまで仕事はできないのか。
 A,移民ビザさえとれば、すぐ働けるとの事。

②Q,ビザを取って、アメリカ入国後、すぐに海外旅行へいけるのか。
 A,マルチなので、問題なし。 ただ、365日以上アメリカから出るなら別途申請が必要。

です。 
あと、前に取得したESTERの有効期限が残ってるけど、それは大丈夫なんでしょうか?
って聞きたかったんですけど、聞き忘れてしまいました。 
もしどなたか、ご存知の方がいらっしゃれば教えて下さいー。

その後、座って待ってると、もう一度呼ばれ、指紋をとります。 
またその後、座って待ってると、もう一度呼ばれ、今回が最終面接本番です。

運よく、優しそうな男性が面接官でした。 まず、右手をあげて、今から言うことに嘘がないと宣誓。

いつ結婚したのか。 今の仕事は? 仕事はまだやめていないか? 
いつアメリカにいくのか。 だとしたらいつ仕事をやめるのか。 アメリカではどこに住むのか?

といった感じの質問でした。 オハイオにひとまず行きます。と答えると、
”あ~、オハイオございます!”なんてギャグまで披露してくれました。

以上、日本語で面接OKでした。 その場で、問題ないのでビザ発行します、と言ってもらえました。
一週間以内に、ビザを張ったパスポートが郵送で送られるとの事。 
そしてその中に封筒があるので、それは、自分で開封すると無効になるとの事でした。

予想以上に和やかな面接でホット一息。

さらに予想外に翌日、レターパックは届きまして、無事に移民ビザを手にする事ができました!

請願から、最終面接まできっかり2ヶ月。 準備をあわせると約半年。
長かった道のりにも、やっと終止符が打てて一安心です。 
[PR]
by akko9bun | 2010-06-16 08:27 | 国際結婚の事 | Comments(7)

健康診断

今回は、移民ビザ申請の為の健康診断についての記録です。
あくまで、私達のケースですので、参考までに。


ビザ面接の為の健康診断は、大使館指定の病院でないとしてもらえないそうで、
そして健康診断と予防接種を受けて証明書を発行してもらわないといけない、との事。

必要な予防接種の種類は、産まれた年によっても違ってきて、また、母子手帳などにしっかりとワクチンの接種記録が残っていれば、その分は打たなくても大丈夫なんだとか。

私の場合は、母子手帳が見つからなかったので、全部もう一回打ち直し。
私の年の必要な予防接種は4種類でした。
そのうちの一つの水ぼうそうは、かかった事があれば、自己申請でオッケーだそうです。
私は水ぼうそうの記憶はバッチリ残っていましたので、一つ注射が減りました。

最初、神戸にある指定の病院で受けようと思ったのですが、そこだと、健康診断終了後も何回かに
分けて予防接種を受けないといけないので、一日で済む、東京ブリティッシュクリニックでお願いすることにしました。

この日数と回数の差は、日本方式でイギリス方式かで変わってくるそうです。
日本の方が、きっと何回かにわけるので、マイルドなんでしょうが、
私はとにかく時間が無かったので、東京での一回3発一気打ちを選びました。


この健康診断、もちろん保険は適用されず、実費費用は約二万円強。 
指定された予防接種の値段も一本約7000円と安くはありません。

なので注射代、私の場合は三本分で約20000円強。
さらに、翌々実のビザ面接に間に合わせる為、特急サービス代約8千円も追加。

トータルで約6万円弱という、恐ろしい健康診断になってしまいました。

しかも、もし異常があったら健康である証明を出してもらえないので、
書類不備でビザの面接もしてもらえないという事態になるかも + 三本も一気に注射打って、私の体は大丈夫なの? ってな考えがグルグル頭をよぎり非常に心臓に悪かったです。

見切り発車で色々とやってしまうしかないタイムスケジュールだったので、しょうがないのですが
本当にヒヤヒヤと心配のつきない一日でした。

ただ、恵比寿にある病院の方達は本当に優しい方ばかりで、それで随分気持ちも楽になりました。
先生も穏やかで、あっという間に諸々済み、結果はありがたい事に、『バッチリ健康異常なし!』

ヨガやってて良かったと、改めて痛感。 

そして、”封を切ったら無効になる!”と英語で書かれた、レントゲンのシートが
そのまんま入ってるというデッカイ封筒をもらいました。 

11時30の予約で、病院を出たのは12時過ぎ位でした。
本当に超特急で仕上がってきたので、特急料金の価値はあったように思います。

注射の方は、三本一気に打っても、さほど何にも感じませんでした。
次の日も体調は好調。 
心配し過ぎで、心がぐったりもしましたけど、まぁこれでまた一つクリアです。
[PR]
by akko9bun | 2010-06-15 18:18 | 国際結婚の事 | Comments(2)

World BBQ Wedding

6月6日、梅雨に入るギリギリ前に友人や同僚へのお披露目に
総勢131人でのバーベキュー ウェディングを決行!

雨天中止の危険なバーベキューだったにも関わらず、晴れると信じて予定を
空けて下さったみなさん、本当に来てくださってありがとうございました。


a0149356_1273662.jpg
前々日、カーティスとバーベキューの準備物の買出し。
約100人分、一体どれくらい炭を買えば良いかも分からずひとまず60キロ購入。
あとは、みんなから借りた、クーラーボックスやテーブルをカーティスの家に運び込む。

前日、朝から尼崎のコストコへ買出だし。 キロ単位で肉や野菜をバンバンカゴに入れていく。
パンに、ワインに、ジュース、調味料なぞなぞ。 車一台パンパンになりました。
買い物欲求は200%位満たされ、もうしばらく買い物はいいや・・って気分に。

今回のBBQはワールドバーベキューがコンセプト。 私とカーティスがこれまで好きになった、世界や日本の料理をみんなに紹介したいというのが最初の希望。 ケバブやタンドリーチキンなど、準備が要るものが必然的に多くなってしまいました。  

買出しにちょっとぐったりしつつも、楽しみにしてたコストコのホットドッグをほお張りながら吉野へ戻り、すぐに料理の下ごしらえに取り掛かる。

そこへ、前日から東京を出発し、伊勢に寄ってお伊勢参りまですませた 
東京のゲストハウス時代の友達フミ、晃、ともこちゃんが到着。 
再会を喜び合うも、時間が迫っているため、すぐに準備に参戦してもらいました。
程なく、テンプルズスタッフのしげ、フージーも参戦。
さらに横浜で一本ホットヨガのレッスンをした後、新幹線で駆けつけてくれたヒロミちゃんも
助っ人として参加。

a0149356_12215759.jpg
大量の食材を切ったり焼いたり、ガンガン料理の下ごしらえ。
a0149356_12223634.jpg
友人あきら曰く、まるでそれは村祭りの準備の様だったとか・・。
a0149356_1226396.jpg
そして準備が出来た食材達で冷蔵庫はギュウギュウに

準備が終わった後、男子は全員翌日の場所取りもかねて、川原でテントを張って野営。
もちろんカーティスも新郎とはいえ野営組に。 
その夜は月が綺麗で、男みんなで焚き火をして、ボーイズナイトを楽しんだとか。

私達、女子は全員カーティスの家にお泊り。 
フージーが持ってきてくれたシャンパンを開けて、パーティー前夜を女の子だけで楽しみました。
a0149356_12344328.jpg
ガールズトークの傍ら、カーティスの家にある色々なスパイスを使って、
ローズマリーポテトやら、インド風オクラやら、バーベキュー用の野菜をマリネ。
真夜中実験室のような感じでものすごく楽しかった。


そして、当日。 天気はバッチリ晴れ。

見上げた空には、太陽の周りをぐるっと一周する虹が出ていました。
a0149356_12384742.jpg
この凄い光景は一体なんのサインなんだ?? 宇宙からのメッセージかしらん?? なんて 前兆を楽しむ余裕もなく、学校からお借りしたテントを張ったり、そこに風船をつけたりと会場を準備。  
中学の校長先生が自前の発電機を貸してくれまして、おかげでフミセレクトの素晴らしい音楽をバーベキューの間ずっと楽しめました。

フージーのサックスで結婚式を開始。澄んだ音が辺りに響いて本当にカッコよかった。
a0149356_13122196.jpg
そして、あきらが傘もちを買ってでてくれカーティスと始まりの挨拶。
 
妹がプリンカフェを河原に持ってきてくれ、プリンやゼリー、パウンドケーキにティラミスと
かなり充実したデザートコーナーを作ってくれました。
a0149356_12513658.jpg

a0149356_12525326.jpg
シュークリームも!
a0149356_1254337.jpg
シゲの一晩寝かせたベンガル風マトンカレーとカーティスのチリはあっとゆう間に売り切れ。
a0149356_12552694.jpg
あとは、一個一個手でこねたハンバーグを使ったチーズバーガー。
a0149356_1304944.jpg
私の母は焼肉コーナー担当。
a0149356_12555680.jpg
そして、エチオピアで出会ったチヒロさんのお店”くるくる”より、富士宮焼きそば協会認定済の富士宮焼きそばも!

a0149356_1373512.jpg
乾杯はカーティスの親友のマットにお願いし
a0149356_1383532.jpg
ケーキカットの代わりに、フージー、ヒロミちゃん、ともこちゃんがサプライズでメッセージを彫ってくれたスイカを割ることに。(Nが反対になっちゃったそうでロシア語みたいに・・。笑!)
a0149356_13966.jpg
裏側にも!
目隠しをし、みんなに声をもらいながら、なんとか無事にヒット!
a0149356_13174639.jpg
愛のこもったスイカは無事に真っ二つ。

本当に、一つ一つが最強の思い出として脳裏に焼きついています。
最高に素晴らしい時間でした。

きてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

そして、今回一緒にこの結婚式のパーティーを創ってくれた
フミ、晃、シゲ、フージー、ヒロミちゃん、ともこちゃん、隼人、あきえ、マット、マーティン、くみちゃん、ジャスティン、ビックリちゃん、フージーママ、ちひろさん、じゅんやくん、おかあさん、あゆみ、ゆきちゃん、学校の先生方。

忙しい中、本気で手伝って下さって本当にありがとうございました。
いい友人、仲間、家族、同僚に囲まれ私は本当に幸せものです。

こころからの感謝を込めて 。



 
[PR]
by akko9bun | 2010-06-06 11:53 | 国際結婚の事 | Comments(11)