あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長約2mのアメリカ人に胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです。


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

毎年恒例、NYから友達家族が..
at 2017-12-16 00:11
2017 サンクスギビング ..
at 2017-12-14 10:49
里帰り旅 2017 その⑤ ..
at 2017-12-13 05:18
11月 今月のコストコ
at 2017-12-04 06:33
里帰り旅 2017 その④
at 2017-11-28 22:46

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

yumikoさん> こ..
by akko9bun at 04:37
akkoさん、はじめまし..
by yumiko at 04:48
初めまして! お返事遅く..
by akko9bun at 21:14
初めまして。ニューヨーク..
by NYC at 11:01
たかおさん> なるほど!..
by akko9bun at 01:46
ベランダ栽培楽しみですね..
by camino0810 at 05:17
たかおさーん!  コメ..
by akko9bun at 20:09
自転車、残念でした。白昼..
by camino0810 at 20:27
西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
フランスの田舎で畑、子育...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

DAY18 カリオン・デス・コンデス ~ テンプラリオス

今日の道のりは26,6キロなので、朝4時半に起きる。

腕がなんだか熱いと思ってみたら、右腕全体がダニに食われていた。 ショック。 痒いし熱い。
朝からテンションが下がる。
が、今日の朝ごはんはハバティチーズとハムのサンド。 美味しくってまたまた元気復活。

今日の景色はずーっと同じ。 いくら歩いても変化がないのでまたまたI-podで乗り切る。

二週間以上毎日歩いているので、筋肉がしっかりと付いてきたようで、今日の26キロは結構余裕で歩けた。

今日の宿はすごく綺麗。 有料だけど洗濯機があったので、ダニ退治もかねて使う。
a0149356_10583189.jpg
腕は、なんだか刺された所が赤く腫れてきた。 
腕を眺めていると、宿にいた男の人が、俺の腕も凄いんだぜ、といって腕を見せてきた。
a0149356_10592711.jpg
漢字で復活と書いてある。 何から復活したんだろうか。。

昼はワイン、ビール、缶詰、サラミ、あとピクルスとトマト。 おつまみランチだ。
a0149356_10572789.jpg

その後は、いつ通りお昼寝タイム。 たっぷりととったけど、なんだか今日はまだまだ眠い。

夜8時くらいに就寝。 が、強烈な痒さで目覚める。 洗面所へ見に行ってみると、今度は右腕と足全体がダニにやられている。
ここのベッドも危険地帯だったのだ・・!

危険地帯と化したベッドにはもう戻れないので、カーティスのベッドへ逃げ込む。 
ただでさえ、カーティスには狭いシングルベッドなのに、快くベッドを半分シェアしてくれた。 
またしてもカーティスに感謝。  

しかし、痒い。


38302歩  26,6Km
[PR]
by akko9bun | 2010-08-31 10:56 | スペイン巡礼2010 | Comments(0)

DAY17 フロミスタ ~ カリオン・デス・コンデス

朝、自然と4時半に二人共目覚める。

昨日は日曜日のおかげでどこの店もクローズ。 
なので朝ごはんを調達出来きず、今日は何も食べずに出発。

夜明け前、目の前の道を羊の群れが通った。
a0149356_7255882.jpg
 お腹がペコペコでヨダレが出そうだった。

途中、店があったら何か買って食べようと思っていたけど、3つ目の村まで何もナシ。 
そして4つ目の村を通過するとき、ヒッピーランドみたいな場所を発見。

不潔な感じがする小さなバルが併設されていたので、入ってみる。 
すごくアウトローな感じの姉さんが、パジャマのまま、カウンターに立っていた。
ハエがぶんぶ飛んでたけど、パンとお茶をオーダー。 
お金を払おうとすると、店には今おつりに出来る小銭がないと断られる。 
この時、私達が持ってる小銭は1€だけだった。 こんなに餓えてる時に限って、細かいお金がないなんて。。

ところが、注文を断わろうとすると、店員の姉さんは見かねてその1€をとって、パンとお茶を出してくれた。  初めは怖かったけど、良い人だった。 人は見かけじゃないね、としみじみ。

カーティスと二人で、1€で売ってもらったパンとお茶を分け合って食べる。
落ち着いて、もういちどよく見ると、この店は大きな庭があり、太陽がサンサンと降り注ぐとてもキレイな場所だった。 さっきまではなんだか小汚い、へんてこな場所に見えてたのに不思議。
自分の心の中の状態一つで、目に映る世界だって変わるのだ。
a0149356_7265375.jpg

腹ペコで、ずんずん歩き、昼前に目的地の街に到着し、アルベルゲにチェックイン。 
なんとここは初の個室。 けれど天井がなぜか異様に低い。
a0149356_729038.jpg
すぐに食べ物にありつきたかったけど、シャワーが一個しかなく、洗濯を干すスペースも凄く小さかったので、それらを先に済ませる。 カミーノは全てが早いもの勝の世界だ。

その後、街へ繰り出す。 久々に空腹でめまいがする。
今日のアルベルゲにはちゃんとしたキッチンが無かったので今日も外食。
あまりの空腹で思わず食べ過ぎた。 腹の皮がはちきれそうに痛い。 でも幸せ。

大きなスーパーマーケットがあったので、明日の朝ごはんの買出しをして帰る。

明日は朝ごはんがある。 良かったー。


26841歩  21Km
[PR]
by akko9bun | 2010-08-30 07:07 | スペイン巡礼2010 | Comments(0)

DAY16 カストロへリス ~ フロミスタ

毎朝、サラミをバゲットに挟んだサンドイッチを朝食に食べていたけど、今日はサラミをハムにしてみる。 サラミよりは値が張るので、その分量は減るけど美味しい。そして今日のフルーツは黄桃と梨。 

今日は夜明け前に山越えがある。 暗い山道を登ると、後ろにカストロへリスの街の明かりが見えた。
a0149356_5561927.jpg
 暗い中登った山の上は、8月といえど寒かった。 
ありったけの服とポンチョ、そして手ぬぐいを頭に巻き、寒さをしのいで進む。
a0149356_5571595.jpg
一日で一番空がキレイなのは夜明け前と後だと私は思う。 この時間、空はいつも不思議な色になる。
カーティスは、いつもこの時間になるとよく『Walking in Painting..』と言っていた。
本当にそんな気がする。

当たり前だけど日が昇ると影が出来る。 一番最初の影はすごく長い。 
いつもその影が昼に近づくにつれどんどん短くなる様子を見ながら歩く。
a0149356_601521.jpg
 不思議な事にカーティスはこの頃から影を見て時間が分かるようになる能力に目覚め始めた。 
5分か10分は誤差があるが、いつも必ず時間を言い当てる事が出来るようになったのだ。
こないだの風邪を引いたときの回復力といい、カーティスの野生は確実に覚醒している気がする。。

途中、真っ白の一本道を抜け。。
a0149356_68735.jpg

ひまわり畑を抜け。。。
a0149356_69416.jpg

そして最後は並木道へ。。。
a0149356_610148.jpg
この並木道を歩いている時、デンマーク人のおじいちゃんに声をかけられる。
彼は、私達のすぐ後ろをしばらく歩いていたらしく、私とカーティスが日本語でずっと話しているし、頭にはなにやらエキゾチックな布を巻いているのでカーティスの事を完全に日本人だと間違え、『君の英語は素晴らしく美味いね!!』と褒めてくれた。 

そして、なんとか26キロ歩ききり、無事にフロミスタに到着。 
しかし、今日はドミンゴ(日曜日)食料品店は一軒も開いていない。 
もったいないけど、今日も外食。。

36162歩  25,5Km
[PR]
by akko9bun | 2010-08-29 05:41 | Comments(0)

DAY15 オルニージョス・デル・カミーノ ~カストロへリス

朝5:45分出発 すぐに夜明けが来て空の色が変わる。
ここの空の色は、まるでニコラスレーリッヒの絵のよう。
a0149356_0262687.jpg
カーティスは、ここのところ左足のすねが痛むそうで、歩くのが辛そう。 
誰かに、バットで殴られたような痛みがするらしく、寝相の悪い私が夜中に蹴ったのではないかと、あらぬ疑いをかけてきた。 
 
今日も音楽を聴きながら延々と続く麦畑の脇の野道をひたすら進む。
a0149356_0305421.jpg
途中で朽ち果てた修道院が出現。 なんとなくアルケミストの最初の場面を思い出す。
a0149356_0321419.jpg
そしてそこから二時間程歩くと、丘の上の要塞が見えてくる。
a0149356_0403373.jpg
 今日のゴールはもうすぐ。

三番のりでアルベルゲに到着。 しばし待ってチェックイン。 ここも寄付だけで泊まれる有難いアルベルゲだった。 
シャワーを浴びた後は、もう村はシエスタに突入していたので、今日は外でランチ。 カルボナーラ、薄い牛肉のステーキ、あとチキンソテーとサラダ。
完食し、その後アルベルゲに戻ると”コンプリート”とかかれた看板がかかっていた。
どうやらベットがもう満杯だそう。 
a0149356_041764.jpg
この札を見るたびに、今日ベッドにありつけて良かったと感謝と安堵の気持ちが湧き上がってくる。

夕方、カーティスは薬局ですねのサポータを買った。 肌色のタイツをきったようなサポータ。
おばちゃんの靴下みたいで笑えた。


28823歩 20.5Km







[PR]
by akko9bun | 2010-08-28 00:14 | スペイン巡礼2010 | Comments(0)

DAY14 ブルゴス ~ オルニージョス・ラ・カミーノ

朝、カーティスの熱は見事に下がっていた。 
薬をくれた、隣の親子に本当に感謝。 
ありがとうございますとお礼を伝えたかったけど、まだ寝ていたので置手紙を残す。

朝ご飯を食べ、出発。
早くてまだ暗いのでヘッドランプを頼りにアローを探す。

ブルゴスにはダミーアローがたくさんあるので怖い。 
なんでも昔はアルベルゲが今とは違う場所にあったそうで、そこへ導くアローが今でもたくさん残っているんだとか。
なのでブルゴスを通る巡礼者の多くは、街に着いた時と、街から出るときに道に迷って大変なんだそう。
世界遺産にもなっている道なんだから、なんとかして欲しい。 

重いザックを担いでいるので、ちょっと道を間違って迷うと、時間だけでなく余計な体力を消費してしまう。
カーティスは、今病み上がりなので今日はなんとか迷わず街を脱出したいところ。

歩き始めて、10分。 いきなり十字路で左右両方にあるアローを発見。早くも選択を迫られる。

どうしようか迷っていると、後ろからフランス人のおばあちゃん巡礼者に、道が暗くて怖いから私達のすぐ後ろを歩いて良いか聞かれる。
快諾し、今目の前に2つアローがあって困っていると、カーティスがフランス語で告げると、ちょっと先にあるバーの前に座りこんでいる酔っ払いに果敢にも聞きにいってくれた。
他に周りに人がいないので、この酔っ払いだけが今は頼みの綱だ。
さらにこのおばあちゃん、ラッキーな事にスペイン語がベラベラだった。 頼もしい!
酔っ払いが指した方向に進むと、まもなく次のアローが出現。無事に大通りへ。 
その後は、おばあちゃんがバンバン通行人に道を尋ねてくれたおかげで、ストレートに街を脱出。

カーティスは、歩きながらもどんどん回復していき、昼前にはすっかり元気に。
a0149356_4222134.jpg
麦畑の地平線を眺めながら穏やかな道を行き、昼前に目的地オルニージョスに到着。
a0149356_4225064.jpg

チェックインし、シャワーと洗濯。 
そしてひとまずビール。
a0149356_4231795.jpg
この一杯がなんとも美味い。

今日は、近くのバーでランチ。 
このバーは、おばちゃんと、その娘の二人で切り盛りしている。 
厨房にはベビーカーが置いてあって、娘の赤ちゃんをあやしながら二人は料理していた。
すごい手際の良さで見てると楽しい。

出てきた料理はすごく美味しく、さらにワインも一本無料で付いてきた。 

アルベルゲに戻り、念入りにマッサージ。 シエスタが終わるのを待って、明日の食料の買出し。

このアルベルゲには冷蔵庫があったので、今度は間違って持っていかれないないよう、しっかりとマジックで食べ物に名前を書いて中へしまう。
a0149356_424275.jpg

洗濯物を取り込み、パッキング。
a0149356_4243174.jpg

今日、二週間でいったいどれくらいお金を使ったか計算。
杖や、膝のサポータ、靴下など予想外の出費はあったものの、二人で約5万円。 一人一週間、約12,500円

まぁまぁか。 でももっと節約できるはず。。


29794歩  20Km
[PR]
by akko9bun | 2010-08-27 03:46 | スペイン巡礼2010 | Comments(0)

カミーノDAY13 サン・ファン・デオルテガ ~ ブルゴス

山を出て、岩場を歩く。

今日はいつもより早く朝5:40に出発。 
昨日、一昨日とロクなものを食べてないので、はやく次の大都市ブルゴスに行きたい。

途中で木の大きな十字架登場。
a0149356_294237.jpg


今日は26キロ歩かないといけないが、なんとか昼辺りには到着したいところ。
そこで封印していたIpodを取り出し、音楽を聴きながら超ハイペースで歩く。
久しぶりの音楽にテンションが上がり、休憩無しで、7時間歩き続け、12:40分にブルゴスのアルベルゲに到着。 

カーティスは、ブルゴス市内に入ってから、どんどん調子が悪くなっていて、シャワーを浴びた後、悪寒と熱で倒れてしまった。 
昨日も熱っぽかったから、日本から持ってきた薬を飲ましたけど体質のせいか全く効かなかった。
熱は、もうビックリするぐらいに上がっている。 

病院にいった方がいいのか、それとも今は動かさないほうがいいのか、途方にくれていると、以前出会った日本人のパパとイギリス人ママの親子のお父さんがどうしたの? と声をかけてくれた。 
なんと、偶然にも彼らのベッドはすぐ隣のブースだった。
彼らは、今回ブルゴスで巡礼を終え、イギリスにこれから戻るとの事。 
イギリスの風邪の特効薬が少しだけ余っていたのでそれを分けてくれました。

さっそくカーティスに飲ませて、数時間様子を見ると、あっという間に熱が下がり、意識もしっかりしてきた。 さらに、お腹がペコペコだから何か食べに行こうとまで言ってる。
なんて特効性! 本当に特効薬! 

今回も、ピンチになると救いの手が差し伸べれた。 こないだの鍼師のおばあちゃんといい、今回の特効薬といい、なんだか目には見えない大きな力に守られていると思った。

本当にありがとうございます。

晩御飯兼昼ごはんを今日はちょっと奮発してレストランで。
ガツガツと食べるカーティス。  すごい量の食べ物がカーティスの口から吸い込まれていく。
イギリスの特効薬も凄かったけど、カーティスのこの凄まじい回復力にもビックリさせられる。

ご飯の帰り、ブルゴスの大聖堂の前で記念写真。
a0149356_210922.jpg


明日の道のりは20キロ。 歩ききれますように。



37874歩 26Km
[PR]
by akko9bun | 2010-08-26 01:03 | スペイン巡礼2010 | Comments(4)

カミーノDAY12 ベオラード ~ サン・ファン・デオルテガ

朝6時出発。

昨日の夜面白い夢を見過ぎて、最後は自分の笑い声で起きた。 幸せだ。

今日は山を越える。 山越えのせいなのか、今日のカミーノは人が多い。
ガイドを見ると、今日のアルベルゲの近くには、食料品店もレストランもないとの事。

なので、ラスト12キロ時点で最後の買出し。
サラミ、パンを買う。
次の都市ブルゴスまで、ちゃんとした食事にありつけそうもない。

上り坂続くが、足の調子がだんだんよくなってきて、今日はあまり痛みが無く楽。 
痛みがないと歩くのはすごく楽しい事だ。
a0149356_0153175.jpg

12時にオルテガに到着。 アルベルゲは2時にオープンとの事。
BALがあったので、まずビール。
待ち時間はたっぷりあるので、ワインも注文。 一杯1€。 安い! サイゼリア並み。

ここのアルベルゲのベッドの天井は低めだったけど、シャワーは熱い湯がガンガン出た。
幸せってのはこういうことなんだわ。 

カーティスはちょっと風邪気味。 ご飯もあんまり食べずにずっとベットでふせってる。
a0149356_015596.jpg
明日は山を下らないといけない。  大丈夫だろうか。



23Km    33930歩
[PR]
by akko9bun | 2010-08-25 23:57 | スペイン巡礼2010 | Comments(2)

カミーノDAY11 サント・ドミンゴカルサーダ ~ ベオラード

いつも通り朝6時に出発。 
サントドミンゴのアルベルゲは素晴らし過ぎた。 もう一泊したかったくらい。

外はまだ真っ暗。 ヘッドランプをつけて、黄色い矢印を探しながら進む。
私達の前には、カナダ人のおばあちゃんとスペイン人のおあばちゃんが先に歩いていて、ついつい後をついて行ったら道を間違えた。 約一時間のロス。 
やっぱり信じるのは己だ。 己こそ、己のよるべ。

今日もPMSでカーティスにすごくキツイ態度をとってしまった。 
この時期は、本当にどうしようもない。 やっかいやっかい。
ヨガを本当にマスターすると、ホルモンや脳の機能までもコントロールできると聞いた事がある。 
まだまだ、修行の道のりは遠そう。

そんな荒れた私の心とは反対に、今日の景色も素晴らしい。 
今日はたくさんのヒマワリ畑に遭遇。 みんな太陽の方向を見ている。
a0149356_020027.jpg

一昨日から同じアルベルゲに泊まっていた日本人パパとイギリス人ママ、そしてお姉ちゃん、弟の家族グループとこの日も一緒。 見てるとすごく仲が良さそう。

今日はアルベルゲについた時点でシエスタに突入していたので、外でランチ。
帰ってきて、みんなが書き込むノートを見ると、このアルベルゲベッドには南京虫がいると書いてあった。 
気分がさらに滅入る。 しかも、ここのベットはすごく小さくてカーティスの足ははみだしてしまう。
a0149356_017359.jpg
 
夕方、外を散歩。 このアルベルゲは教会に併設されていて、その教会の柱の上には巨大な鳥の巣がある。 大き過ぎて、ちょっとぞっとしてしまう位。
a0149356_0202828.jpg
いったいどんな巨大な鳥の寝床なんだろうと気になってたが、コウノトリの巣なんだと後で教えてもらう。
コウノトリってそんなに大きいんだろうか。


23Km 36316歩
[PR]
by akko9bun | 2010-08-24 00:00 | スペイン巡礼2010 | Comments(4)

カミーノDAY10 ナヘラ ~ サント・ドミンゴカルサーダ

今日は朝5時起き。 早起きすると、洗面所もすいてて、身支度がスムーズに出来る。
朝ごはんを食べて出発。 いつも朝は、バケット一本にサラミを一本分挟んだサンドイッチと、フルーツジュース1リットルをカーティスと二人で半分こ。 
朝だけで、確実に1000kカロリーは摂取している。 

街を抜けるとすぐに林道に。 星が出ていてすごくキレイ。

夜が明けて、今度は麦畑の中をひたすら進む。
a0149356_0335237.jpg
今日はなんだか情緒不安定。 カーチスの何気ない一言にカチンと来る。
しかし、そんな私の心とは裏腹に、今日の空は特別キレイ。
a0149356_0352253.jpg
筋肉もだんだん強くなり、踵と足の裏は相変わらず痛いけどペースはいい感じに上がってきた。

11時15分、サントドミンゴに到着。 ここにはパラドールといって、昔の修道院を5つ星ホテルに改造したホテルなんかがあるが、私達とは無縁である。
迷わず、寄付だけで泊まれるアルベルゲへ。 

ここのアルベルゲは天国だった。 掃除が行き届いていて、清潔。 キッチンに、テレビルームに、インターネットも全て無料。 ベッドもがっしりしてマットも寝心地よし。
しかも、無料の青空治療院まで併設。 素晴らし過ぎる。 

今日は、設備が整ったキッチンがあるので、カーティスの手料理。
a0149356_036579.jpg
メニューはサラダパスタと、きゅうりのポタージュ、そしてハムとアスパラの前菜。
いつものごとく、5人前を二人で分ける。 歩いた後の腹の空き方は尋常じゃない。

私達は晩御飯を食べないので、朝と昼に食べたカロリーだけで毎日約20数キロを歩く。
食べる量を控えると、翌日のスタミナが明らかに減る。 
ここでは、食べ物はまさにガソリンだ。 

そしていつも通り、お腹が満腹になったら次は昼ねタイム。 
これが一番幸せなひと時。 最高に気持ちいい。 

昼寝の後、無料の青空治療院へ行ってみる。 結構な人が並んでる。
治療師の人は、人相が悪く、ジーンズにTシャツ、そしてタバコを吸いながら治療してる。
かなりアウトローな感じの治療師だ。 

が、列に並びながら見てると、テーピングも上手だし、皆のブーツを見て歩き方の分析から
指導までやっている。 時々ヤニだらけの歯を出して、少し笑う。 でもその顔を見ると、なんだか信頼できそうな感じがした。

二時間まって、私の番がやってきた。
足首、膝を見てもらうが危険な状態ではないとの事。 だけど歩き方がマズイと言われる。
歩くときに、最初は辛いだろうが、もっと太ももの筋肉を使って歩くように言われた。
アキレス腱は、ブーツをキツク縛り過ぎて悪くなったとの事。そして、水をもっと飲めといわれる。 確かに、私は6時間歩いて、500ml位しか飲んでない。
テーピングのやり方を丁寧に教えてくれた。 すごく良いセラピストだった。
飾らず、媚びず、真剣。 ああいう人になりたいものだ。

その後、カーティスと街を散歩。
歩いてると疲れ過ぎてついつい忘れそうになるけど、これは私達のハネムーン。
なので、夕方の散歩が唯一のデートの時間。

大聖堂まで散歩し、ラムレーズンのアイスを買って食べる。 ドンドルマみたいで美味しい。
a0149356_0371285.jpg


明日からいっぱい水を飲もう。



21,2Km  30467歩





 
 
[PR]
by akko9bun | 2010-08-23 23:57 | スペイン巡礼2010 | Comments(3)

カミーノDAY9 ナバレッタ ~ ナヘラ

今日はいつもよりも一時間遅く起きる。 外に出ると、すでにもう明るくなってた。
たった一時間で空の様子は劇的に変化する。

アキレス腱、だいぶ回復してるぞ。体もなんだか元気だ。

今日はなだらかな土の道をゆく。
コンクリートの道と違い、足が痛くならないので楽。

でも、いつも最後は足のかかとが痛くなる。
11時半に街に到着したが、アルベルゲのオープンは13時半。
二時間もあるので、先にBALでビールを一杯。
歩いた後のビールの美味さたるや、なんて素晴らしいんだ。

今日のアルベルゲは、キッチンがあったので、自炊用の食材を買いに行く。
今日はパスタをカーティスが作ってくれるそう。

アルベルゲがオープンし、一番のりでチェックイン。 
なんと、ここはエアコンがあった! 今回の巡礼での最初で最後のエアコン付宿。
しかも、シーツもちゃんと洗ってあるし、トイレも清潔、バンザーイ!!

シャワーの後、私は洗濯、カーチは料理と役割分担。
パスタを山盛り平らげ、ワインも今日はがっつり飲んだ。
a0149356_13204233.jpg

そして、いつも通りお昼寝。

巡礼をしてて、良い事をざっと挙げるならこんなもん。
①素晴らしい景色を堪能
②いくら食べても飲んでも太らない
③毎日昼寝できる
④健康になる。
⑤スペイン語が話せるようになる

このナヘラの街は川沿いがすばらしく美しい。
私の中のベスト河原!
a0149356_1320169.jpg


25207歩  16.5Km
[PR]
by akko9bun | 2010-08-22 09:37 | スペイン巡礼2010 | Comments(2)