あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長2mのアメリカ人カーチスに胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

朝フルーツ
at 2017-05-22 11:17
ベランダリノベーション
at 2017-05-19 10:45
ハッピーバースデー!
at 2017-05-01 09:47
7年ぶりのビパッサナー
at 2017-04-25 04:16
2017 春のシアトル その④
at 2017-04-15 04:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31
たかおさん>明けましてお..
by akko9bun at 11:19
遅れましたが、明けまして..
by camino0810 at 05:34
ちほちゃん! あけまして..
by akko9bun at 05:31
たかおさん> 街のど真ん..
by akko9bun at 20:59
サンジョセップ市場は、美..
by camino0810 at 05:32
たかおさん> ありがとう..
by akko9bun at 08:11

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
Yoga Temples...
Yoga,Music,F...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

瞑想旅行 その③

そんなこんなで10日間。 

カーティスの姿が見えるときは、直接目が合わないよう、常にチラ見。 
他のサーバーの人達にそれを発見されて後から笑われた。

毎日朝五時半から夜10時ごろまで、常に英語でコミュニケーションとりながら働いていたら、6日目あたりから、自然と英語が出てくるようになり、夢まで英語になり、最後には毎日のミーティングの内容も完全に分かるようになってしまった。

私的にはこれだけでも、来た甲斐あり。 後は、色々なベジタリアン料理を学んだ事と、どれだけ忙しくても心の中の調和を保つ方法が分かったこと(方法が分かっただけ。要練習)、友達がたくさん出来たこと、あとアメリカの衛生管理がものすごく厳しく、どうやってキッチンと食べものの衛生管理をするかを学べたこと。
そして、恥ずかしながら、カーティスの事がすごく大事なんだと改めて思えたこと。 
こんなに好きな人とすでに結婚してるなんてラッキーだわ、私、なんてバカみたいたけど思ってしまいました。

最終日に残ったサーバーメンバーで記念写真。
a0149356_346173.jpg
皆暇を見つけて入れ替わり立ち代り、手伝いにやってくるので、その日によってメンバーが変わるのも楽しかった。

今回は来るまでにすごく迷って、更に来るときに事故にもあって、もう行くの辞めようかと思ったけど、参加して本当に良かった。

カーティスは、自分でもビックリするくらい集中できたそうで、多分前世は僧侶だったかもしれない、と自分で言ってました(笑)。 
後は、肉食なのに、肉が恋しくならないくらい毎日ご飯が美味しく食べれたそうでそれも良かったとの事。 

帰りは予定変更し、アメリカ最大級といわれる日本のスーパーマーケット”ミツワ”へ寄り道。
a0149356_350578.jpg
中に入ると、日本の普通のスーパーみたいで、一瞬日本に帰ってきたような気分。

フードコートで山頭火のラーメンを食べて、三省堂で本を買い、酒屋で泡盛とにごり酒、その後たくさんの日本食を買って家路へ。

そして、今回は事故に合うこともなく無事にオハイオへ戻ってこれました。

今回買った日本食。
a0149356_3504684.jpg
 泡盛と明太子はずーっと欲しかったので、すごく嬉しい。
カーティスは大好きな日本のお菓子を沢山買ってました。 



おしまい
[PR]
by akko9bun | 2011-06-30 03:53 | ヴィッパサナー瞑想の事 | Comments(6)

瞑想旅行 その②

到着して、車を降りた瞬間、ものすごい平和なとこに来た感じに思えた。
a0149356_331449.jpg
自然に囲まれた敷地の中で、鴨の親子やあらいぐま、放し飼いの馬や鳥達がすぐ近くまでやってくるし、なんといってもその敷地を覆う雰囲気がとても優しいものだったので、私もカーティスもそこでようやく緊張が解けた感じがして、ホッとできました。

その後は、センターの人の計らいで昼過ぎまで宿舎で寝かせてもらい、夕方からオリエンテーションが開始。
今回、カーティスは瞑想法を習う生徒として、そして私は瞑想する生徒の食事や掃除を世話するサーバーとして参加。 明日から10日間、カーティスとは同じ敷地にいながら、話すことも目を合わす事も禁じられてるのでそれが結構大変。

これから、60人分の食事を作る厨房で、全部英語で仕事を覚え、こなしていかないといけない。
いつも英語に関しては、カーティスがサポートしてくれてたけど、初日のこの日から独り立ち。

ただ、幸いな事はアメリカ育ちのインド人の女の子が一緒にサーバーとして働いていて、その子がいつもミーティングのあとに、簡単な英語に変えてもう一度説明してくれていたので、作業の全体的な事はいつもちゃんと把握できたこと。

彼女も世界中を旅し、ついにブラジルのリオに行ったときにその場所に一目ぼれし、以来自分で旅行会社を立ち上げ、今は年の半分をリオで過ごし、後の半分をシカゴですごす生活。 
年は私と2つ違いでお互いのこれまでの人生の流れがかなり似ていて、初日から意気投合。  
私の記念すべきアメリカでの最初の友達となりました。 

他のメンバーも、アメリカ人を始めチリ、ラオス、モンゴル、イタリア、ハンガリーと色々な人がいて、職業もアーティスト、本業のシェフ、心理学者、作家、主婦、ヨガ講師、ギャルソン、経営者とバラエティ豊か。 
何故か、ほとんどの人が英語とスペイン語を話すので、厨房の中でも時々スペイン語が飛び交うのが楽しかった。 私も英語が問題なく話せるようになったら次はスペイン語をマスターしたい。

サーバーとしてやってくる人は、全員過去に何度もメディテーションを重ねてかなり穏やかになっている人達なので、食事を配膳する直前はみなの動きだけはかなり素早くなっていってくのですが、始終穏やかで、どなったり大声が飛び出すこともなく穏やかに、しかも的確に作業が流れていく様子は不思議な感じすらありました。  

どれだけ忙しくても、緊急事態でも、常に優しい雰囲気がキッチンに漂っているのを感じる事が出来て、今までどれだけ自分の余裕がなくなっただけで周りの人達に対し、イライラした気持ちを持ったり、時には態度に表してきかと思うと、凄く恥ずかしくなってものすごく反省。 

この事で、自分の中の感情はどんなものであれ、その責任は全て自分にあるんだと気づけたし、どれだけ他人のせいで怒ろうが、悲しもうが、その感情の責任を取れるのは自分しかいないんだと思えました。

長年ヨガで教わってきたヨガの語源に含まれるコントロールの意味がやっと腹の底で分かったような気がしました。 



つづく
[PR]
by akko9bun | 2011-06-30 03:35 | ヴィッパサナー瞑想の事 | Comments(0)

瞑想旅行 その①

さて、一昨日無事に10日間の瞑想を終え、無事にオハイオに帰ってきました。 
移動、オリエンテーションも含めると、全部で14日間の工程。

本当に色々な事があった2週間でした。 

まず、シカゴに向かう途中、インディアナ州で最悪な事に車の事故。
高速道路で、後ろから追突されてしまいました。
いきなり、すごい衝撃が来て、次の瞬間、『あ、車がぶつかってきたんだ。』と何故か頭のどこかが冷静に判断。

真夜中だったので運転してる車も少なく、私達のすぐ後ろを一台の車が走っていて、その車が直ぐ後ろまで来たり、と思うとすぐに車間距離を遠くとったりと、ちょっと変な感じで、それに気づいた直後に後ろの車のライトが見えなくなったので、やっと横の車線に行ったか! と思ったら、直ぐ後ろすぎてライトが見えなかっただけでした。 
そしてその後ドーンと来てしまった訳です。 

ただ、不幸中の幸いは、直前まで140キロの制限速度の中を走ってたのだけど、事故があったときは、道路工事中で、60キロの制限速度で走っていたことと、何故か車の傷がパッと見ても分からないくらい軽症だった事。 あとは、相手の人は若い女の人で、直ぐにむこうの保険会社の情報を全て教えてくれてきちんと責任を自覚してくれたこと。  

お陰で警察を呼ばずに済みました。 アメリカでは怪我人がいない時や判断が微妙なもの意外は、車の事故でも警察は呼ばないんだそう。

なにより、カーティスも私も完全に無傷。 
その後は、アドレナリンのせいで体はずっと軽く震えてたけど、頭は最高に冴えて眠気も吹っ飛び、その勢いでイリノイ州のヴィパッサナセンター近くまで走れました。

事故の怖さは体の中にあったけど、それ以上にカーティスが無事だったことの嬉しさの方が強かった。

その後、ちょっと仮眠して朝ごはんを食べ。 無事に? なんとか、イリノイ州の北部にある、ヴィパッサナセンターへ到着。


つづく。
[PR]
by akko9bun | 2011-06-29 23:49 | ヴィッパサナー瞑想の事 | Comments(0)

Dream come ture!!

ウフフ。 2011年の目標でもあったカーティスと一緒にアメリカでヴィッパサナ瞑想修行の夢がついに叶います。

明日、6月15日スタートのイリノイ州の10日間コースに参加する事になりました。。
今回、カーティスは生徒、私は食事や掃除など参加する生徒さん達のスタッフのサーバーとして参加してきます。

なので、オハイオに戻る27日あたりまでメール、スカイプ等一切できない状態になるのであしからず。

オハイオから、イリノイのセンターまで車で約9時間。
なので今夜から出発。 カーティスと初めてのロードトリップです。 それも楽しみ♪

一体どんな10日間になるのか。 
カーティスの集中力は半端じゃないので、きっとすごいとこまで行っちゃいそうな予感。
万が一、一気に悟りを開いてしまったりしたら、素晴らしい事だけど超絡み辛くなりそうで怖い。。

ともあれ、瞑想が明けた後のカーティスに会うのが今から楽しみ。

朝からパッキングしてると、ミュウミュウが何か察知してしょっちゅう部屋に遊びに来ます。
そして、ずっとスーツケースの中に入ってこっちを見てきます。
a0149356_0474720.jpg
ミュウミュウなりに、しばしの別れを惜しんでくれてるのか、なんだかその様子がいじらしくて寂しくなっちゃいました。

瞑想の後、ミュウミュウとまた会えるのも楽しみの一つ。
そして、瞑想があけてシャバに戻ったら、シカゴのチャイナタウンに行って、たらふく美味しい中華を堪能するのも楽しみ~。

ではでは、行ってきまーす。
[PR]
by akko9bun | 2011-06-15 00:56 | アメリカ暮らし-オハイオ編 | Comments(0)

ハイキングへ

雨季も終わり、お天気が続くオハイオです。

日に日に気温も上がってきていて、もう30度超えの暑さ。
しかも、6月下旬からはここに湿気も加わって外に出るには辛い時期になるとのこと。

今日は、朝からカーティスと車で3分位の近所の山へハイキング。

一応郡が管理してるハイキングコース。 入り口はこんな感じ。
a0149356_1156047.jpg
銃を所持して入ってはいけないやら、ペットをつれて入ってはいけないやら、注意書きが色々。 
うっそうと茂る森にそこだけポッカリ穴が開いている感じで、なんだか入ったら出てこれなさそうな感じでちょっと怖い。

が、意外にも中にはいると、こんな感じですごく爽やかな森でした。。
a0149356_11572352.jpg
10分くらい、この森の中を道を上へ上へと登っていくと、今度は急に空が開けた場所に出る。
a0149356_120448.jpg

ここからは、森の中ではなくて、草原の中の道へ。
a0149356_1234887.jpg

こういう道に来ると、どうしてもスペイン巡礼を思い出してしまう。 辛かったけど、毎日心が震える位のキレイな景色を眺める事が出来た事は一生の宝物。

しかし、こんないいハイキングコースなのに誰もいない。 
貸切で贅沢な気分を味あわせてもらえてラッキー。 
最後、道はゆっくりの下り坂になってゆき、また少し森の中に入って、最初に入った入り口からちょっと離れた別の入り口へ。 
a0149356_1210161.jpg
全部で一時間ほどのハイキングコースだったけど、歩きながらカーティスと将来の事や、最近それぞれが面白いと思った事など色々とゆっくり話せて、なんだか付き合いだした頃のような感じで嬉しくなる。

家にいると、私は庭仕事や英語の課題をしてるし、カーティスもまた、仕事の為に勉強してるのでほとんど別々にお互い自分のやる事に集中してるし、それ以外の時間はカーティスのパパやママと一緒に話をしてるから、24時間一緒にいながらも意外にゆっくり語たらう時間というのが中々持てない。
でもこうやって、二人でハイキングやエクササイズする時間は、体のメンテだけでなくて夫婦のメンテにも大いに役立つので、体の調子も良くなるし、一石二鳥。
[PR]
by akko9bun | 2011-06-13 12:25 | アメリカ暮らし-オハイオ編 | Comments(4)

クリスピークリームドーナツとケンタッキーフライドチキン

つい先日、みんなで晩御飯を食べていたとき、何故かクリスピークリームドーナツの話題に。

アセンスには、直営店はないんだけど、近所のスーパーには、クリスピークリームドーナツの(長いので以下ドーナツ)フレッシュデリバリーのコーナーがあるので、いつでも食べれます。 

なので日本では行列が出来ているけど、アセンスではいつでも売れ残ってます。

数年前、カーティスのパパが糖尿病になる前の事、どーしても出来たてのジュワっとしたドーナツが食べたくて、スーパーに電話し、一体何時にドーナツが工場から配達させるのか聞き出し、朝五時にスーパーに行き(当時は24時間営業だった)、ドーナツを買って食べたという話を聞き、私も急にドーナツが食べたくなってしまいました。

カーティスにスーパーに電話して聞いてもらうと、今は朝2時くらいにドーナツは配達されていて、スーパーは朝6時からオープンとの事。 

そんな訳で行ってきました。 
ドーナツの為だけに早起きして。
a0149356_053142.jpg
しかも6個で3ドルちょっと。  家に帰る前に車の中でつまみぐいし、さらに家に帰ってから3つも食べてしまった。
a0149356_016564.jpg
 ブレーキが利かなくなる美味さでございました。

きっとこうやって体がアメリカンサイズになっていくんだわ。。

そして、ちょっと前の話だけど初めてアメリカでKFCデビューを果たしました。
日本のKFCとの違いは明らか。
a0149356_0154311.jpg
私の手、知ってる人はお分かりだと思いますが結構デカイです。

下手すると日本の約2倍はあるんじゃないかと思われます。 
たった一個で即胸焼けになりましたわ。
[PR]
by akko9bun | 2011-06-06 00:22 | アメリカ暮らし-オハイオ編 | Comments(8)

アニバーサリートリップ その③

お買い物が済んで、やっと本来の目的地マイアミのサウスビーチへ軌道修正。

ちなみに、カーティスには螺鈿のボタンが着いた白いシャツと、あとはずっと欲しかったゴールドのピアスを買ってもらいました。 
嬉しいな。 ありがとう、カーティス! 大事に使わせてもらいます!

初めてのフロリダの海は、フランスのニースの海の色と少し似ていました。 
a0149356_1130562.jpg
前を見れば果てしなく広がる海。 そして横をみれば、果てしなく広がるビーチパラソル。  
数キロ先まで続くこの景色はなんだかとてもシュールに見えてきます。 

カンカン照りの中、途中モヒートでガソリン補給しながらホテルへ戻り、頭のてっぺんが熱々だったので、直ぐに水着に着替えてプールに飛び込みに行く。  プールが無かったら熱射病になってたかも。

しかし、こういうホテルに来ていつも思うのは、欧米の人達は、日がな一日プールサイドで本を読んだりしてるけど、私も含め日本人は超アクティブに観光に出かけてゆく。 のんびり下手なんだろうか。 
私はずっとホテルにいたらウズウズしてきてしまう。 逆にカーティスはのんびりの達人なので、ずっといても苦にならないそう。  

さて、体も冷えた事だしと、部屋に戻り出かける準備。
今日はパパとママがお祝いにディナーに連れてくれます。 レストランのセレクトはクリス担当。
偶然だけど、私達がハワイの挙式後に家族でディナーにいったレストランと同じ名前の”Michael's”というレストランを選んでいてくれました。 ハワイで行ったのは、ミシェルズというフランス語読みのお店、今回のレストランは”マイケルズ”でアメリカ読み。 
a0149356_11512826.jpg
お店はなんだかピッツェリアのような雰囲気。 開店と同時にどんどん人がやってくるので私達は予約してなかったんだけど、ギリギリで外のテーブルを確保してもらいました。

せっかく海の近くにいるので超久々に牡蠣、頂きましたっ! 
a0149356_11583598.jpg
最強に美味しかったです。 

いつも生牡蠣を食べるときに思い出すのは、バンコクに滞在していた頃の事。 
バンコクには大きいチャイナタウンがあって、そこに行けば大きくてプリップリの美味しい生牡蠣が当時は3個で50円程で食べれました。  
しかし、問題があって、だいたい三個に一つはハズレがあり、それを食べると食中毒になってしまうのです。 この確率は、バンコクに沈没している(バックパッカー用語で、安宿に長い間滞在する事)牡蠣が死ぬほど好きな旅人が、まさに死ぬ気で挑み割り出した確率なんだとか。

バンコクで安く美味しい牡蠣を食べようと思ったら、ロシアンルーレットの危険を冒さないとありつけないのです。 幸い私は何度か挑戦しましたが運よくセーフ。  でも、それ以来どうしても三個に一個。。。と気になってしまいます。

そして、今回運ばれてきた牡蠣もお皿に三個。
私もそうだけど、クリスもカーティスも食中毒になって欲しくないっ! と思いつつも三人でペロリ。 (ちなみに、パパ&ママは、生ものNGなのでパスです。)

結果は、三人ともセーフ! やはり、日本やアメリカの衛生面のスタンダードは頼もしい。

食事のあとは、クリスの部屋でももう一回お祝い。 なんとカーティスママは昼間こっそりケーキを買いに行ってくれていました。 
a0149356_12302481.jpg
 カーティスママとパパはずっとずっと女の子が欲しかったそうで、カーティスと婚約した時から私の事をすごく歓迎してくれ、いつも温かく接してくれています。 
お陰で、家族や友達と離れアメリカに嫁いでたけど、今まで一度も寂しい思いはした事ありません。
父が亡くなった後、家族の一人が不在の状態ですっと過ごしてきたけど、オハイオに来てから欠けていたものがどん埋まってきているような気がします。 

本当に、素敵な家族のところへお嫁にこれて良かった。
アメリカに来て、家族のつながりをより一層感じるようになりました。

初めての結婚記念日。 私とカーティスだけでなく、本当はたくさんの人の見えない支えがあってやってこれたんだと思います。 

いつもの事や当たり前の風景になっても、感謝を忘れず、新しい気持ちで二年目にも挑もうと思います。
[PR]
by akko9bun | 2011-06-03 12:53 | アメリカ暮らし-オハイオ編 | Comments(10)

アニバーサリートリップ その②

さて、二日目の夜。

いよいよクリスの舞台へ。
カーティスより2つ年上のクリスは、オハイオで大学卒業後、NYで色々と役者活動し、そしてもっと演劇を学びたいと、NYのコロンビア大の大学院に入り、ちょうど去年卒業したばっかりなのです。
そして、卒業後フロリダでの舞台のオーディションに合格して、マイアミに引っ越してきました。 
といっても、舞台が終わったらまたすぐにNYに戻るんだそう。  
家族との絆を大事にしていて、毎日家族の誰かに”今日どうよ?” と電話してくるマメな兄ちゃんです。

今回のクリスの役どころは、昔々の中国のとある国の20歳の王子様。 (本人は30歳です。)
私なりにざっと説明すると、訳あって20歳になるまで洞窟の中で育てられ、そこへこれまた訳あって、数々の修羅場をサバイバルし自分の父親の為にあるものを探している女の子と出会い恋に落ちるという、話。 

設定が武芸に長けた王子との事なので、劇中にかなり激しい武道の演舞や、太鼓の披露もあり、終わって出てきた彼はもう汗ぐっしょりのグッタリ。 
役者ってのは、体力勝負なんだなと初めて感じました。
ちなみに、クリスの本業というか、得意な方面はシェークスピアとかの古典劇だそうです。  
多分私は見ても価値がわからない方面。
まぁ、今回は子供も楽しめるコンセプトの劇だったので、私も大いに楽しみましたけど。 
a0149356_5371455.jpg
カーティスママ、劇場の広告の前で (後ろの膝待ついて女の子の手にキスしてるのがクリス)


さて、マイアミ3日目。 この日は夕方までカーティスと二人でデート。 

37度のカンカン照りの中ですが、せっかくなので有名なサウスビーチに行こう! 
という事になって出かけたのだけど、なんとビーチへ続く道の両側には延々と続くショップのモールが広がっていました。
キャー! オハイオのアセンスではまずお目にかかれないラインナップの数々。  
37度の熱さも吹っ飛び一気にテンションが上がります!
しかも今日は記念日だから何でも好きなのをプレゼントするよと、カーティスが言ってくれたので、こんなたくさんのショップのどこから手をつけて良いやら。 
ビーチの事なんてすっかり忘れしばし買い物に集中してました。 
物に釣られた訳ではないけど、カーティスの料理に釣られたというのは合ってるかもしれないけど・・  カーティスと結婚して良かったなぁと、思ってしまいました。

普段は倹約家のカーティスですが、お祝いやプレゼントには全然お金を惜しみません。 
ちょっと値が張ってもその人の喜ぶものを。 というのがカーティスの考え方。 

この一年、年下のカーティスに色んな事を教わったように感じます。  
結婚してからほぼ毎日24時間一緒にいますが、未だに毎日色々な面白い発見があるし、一日何回も笑わせてくれます。 

言葉の壁も人種の壁もいつしか通り越して、今やカーティスがアメリカ人って事も忘れている時がある位。

衝突だってもちろんあるけど、毎回思うのはヨガを学んでおいて良かったということ。  
気分の波は誰だってあるから、いつだってニコニコしてる訳ではないけど、少なくともここ10年ヨガとその哲学を学んだ事で、自分をコントロールしないで、むき出しの感情を人にぶつけるという事が無くなったと思う。 
私とカーティスがあんまり喧嘩しないのは、多分この事をお互い気をつけているからだと思う。
イラっとした時、急いでいる時なんか、ついついそのイラっとが相手への言葉のトーンに出てしまいがちだけど、このついついってのは甘え以外の何物でもない。 

私の言葉のトーンが粗暴な時、敏感なカーティスはすぐに反応する。 
なんだかそれを見て、この一年色々と反省させられた。 
怒りを鎮め、訴えたいことを平和に話すと、相手はちゃんと聞いてくれる。  
時には納得してもらえない時もあるけど、それは考えが違うだけの事。
そんなこんなで、カーティスが私に直して欲しいところ、私がカーティスに直して欲しいところは、お互い我慢せずに言えるようになった。

まだまだ、最初の一年目だけど、カーティスといる時が一番楽しいと思わせてくれる事に感謝。
そして、私の粗雑な性格を改善へと導いてくれてる事にも感謝。

私の母には、会う度に、”カーティスの爪の垢でも飲ませてもらいなさい”と言われますけど、
こんなカーティスの役に立てるよう、今から自分の目標の一つに ”内助の功研究” を加えます。

あれ、遅すぎる? 


つづく
[PR]
by akko9bun | 2011-06-02 06:32 | アメリカ暮らし-オハイオ編 | Comments(8)

アニバーサリートリップ!

ジャーン!ちょっと書くのが遅くなったけど、5月半ばに家族でマイアミに旅行に出かけました。
a0149356_244925.jpg

今回は2つの目的が。。

1つ目は、カーティスの兄ちゃんクリスが出演する舞台(しかも王子様役!)がマイアミで開催されているので、それを見に行く事。

2つ目は、私とカーティスの第一回目の結婚記念日をまたキレイな海でお祝いする事!!
(私達はハワイで挙式したので・・)
カーティスのママは、結婚一年目が夫婦にとって一番難しい。 だから、この一年をサバイバルできたというのは凄く意味のある事なのよっ! と力説。 

なので、このタイミングをチョイスして、フロリダでWでお祝いしてもらう事になりました!
今回は、この間ロードトリップを堪能したばかりだったので飛行機でブーンっとひとッ飛び。

マイアミに着いてレンタカーを借りると、ナンバープレートにオレンジと”サンシャインステート”の文字。 可愛い~。
a0149356_2191812.jpg
アメリカでは州ごとに、何種類かのオリジナルのデザインのナンバープレートがあるのでチェックするのが面白いのです。 
ちなみに、私の今のところのNo1は、このサウスカロライナのナンバープレート
a0149356_2272695.jpg
三日月にやしの木って、なんだか中東のどっかの国旗みたいだけど、この色合いが好き。

マイアミに到着したのは深夜近かったので、その日はすぐに予約してあったホテルにチェックイン。 
何にもしてないのに、グッと疲れてしまった。 やっぱ移動って疲れるのね。。  
という事で即就寝。 

次の日、すごい眩しさで目覚める。 太陽の光の量が、なんだかオハイオと全然違う!
アメリカのホテルの朝ごはんでは、絶対にワッフルマシーンがあるので、毎回ワッフル焼くのが楽しみ♪
a0149356_2341036.jpg
朝ごはんの後、すぐにチェックアウトして、クリスが住んでるベイエリアへ移動。

なんとクリスはめちゃんこ素敵なコンドミニアムに住んでました。 羨ましい!
まず、玄関からして凄かった。
a0149356_2402012.jpg
ホテルみたい! と思ったら、この建物はホテルエリアとコンドミニアムエリアが2つあるホテルなんだそう。 いいな、いいな。 
コンドの部屋には超広いベランダが着いてるし、プールもハーバーもあったりと、素敵。 
a0149356_2424034.jpg
憧れのホテル暮らし。 私も、絶対に人生のどこかでやっみたい!

さて、私達はというと、クリスの住んでるコンドから歩いてすぐのヒルトンにお部屋をとってもらいました♪
a0149356_2505645.jpg
去年のハネムーンでは、カーティスと二人で三ヶ月間南京虫と格闘しながらヨーロッパの安宿に泊まり続けていたので、あの日々を思い出すと、この部屋が天国のように見えきてしまう、。  
辛い思いは辛いだけでなく、次にきた幸せを何倍にも感じられる為にあるんだと思う、きっと。
 
苦あれば楽あり! 


つづく・・
[PR]
by akko9bun | 2011-06-01 02:57 | アメリカ暮らし-オハイオ編 | Comments(2)