あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長約2mのアメリカ人に胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです。


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

お野菜色々頂きました。
at 2017-10-10 22:08
おかえりカーティス、そして愛..
at 2017-10-09 10:40
久々にIKEA!
at 2017-09-27 01:03
オキシクリーン 使ってみました。
at 2017-09-27 00:03
9月 今月のコストコ
at 2017-09-26 07:04

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

初めまして! お返事遅く..
by akko9bun at 21:14
初めまして。ニューヨーク..
by NYC at 11:01
たかおさん> なるほど!..
by akko9bun at 01:46
ベランダ栽培楽しみですね..
by camino0810 at 05:17
たかおさーん!  コメ..
by akko9bun at 20:09
自転車、残念でした。白昼..
by camino0810 at 20:27
西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
フランスの田舎で畑、子育...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

弁当5号  ウィンナーと揚げ物

弁当といえば、タコウウィンナーの存在をすっかり忘れていました。
という事で、さっそく表面の赤いちょっとチープな感じの例のウィンナーを探しましたが見つからず、それどころか近所のスーパーのウインナーコーナーにあるのは、ホットドッグ用の、ドカーンとボリューミーなものばかり。   まあ、でもしょうがないのでそれで挑戦することに。

足に切込みを入れて、クルンとした可愛い足を想像しながらフライパンへ。
ただ、厚みがありすぎて中まで火が通ってるかどうにも心配になり、もうちょっと、もうちょっとと焼いていたらスッカリ焦げてしまったタコウィンナー第一号。
a0149356_6492715.jpg
なんだか禍々しい、クラーケンのようなタコが出来てしまいました(涙)。
今度は、もうちょっと大きいスーパーへいって、もうちょっと細いウィンナーを探すことにします。。

そうして出来上がった弁当5号。
a0149356_6582931.jpg
カーティスからから揚げが食べたいとのリクエストがあったので、この日は朝から揚げ物にも挑戦! 
一番焦げてる部分を隠し、クラーケンも投入! (ごめんよ、カーティス!)
なので、この日のおかずは、卵焼、から揚げ、ウィンナー、そして蒸した人参とスナップエンドウのオリーブオイル和えの4品。 

幼馴染の友人から、お弁当には、白、茶、黄、赤、緑 の五色を入れると彩りがキレイになるというアドバイスをもらったので、今回はそれも実践してみました。

今回は、タコウィンナーは失敗したけど、から揚げは成功。 
が、あとから写真をみたらば弁当の掟第4条 ”オカズ同士が触れ合わないよう仕切る” 
うっかり破ってました(汗)  クラーケンと卵焼の間に仕切りを入れるのを忘れておりましたわ。。

やっと、お弁当作るのが面白くなってきたのでこの勢いで頑張ろうと思います。
[PR]
by akko9bun | 2012-02-27 07:30 | 内助の功作戦アレコレ | Comments(2)

2012年 バレンタインデー 後半

バレンタインデー後半は、カーティスがどこぞのレストランを予約してくれたようで、
その日、夕方から久しぶりにきちんとお化粧し、ちゃんとした服を来ておめかし。

アメリカに来てからというもの、ヨガスタジオ、英語クラス、図書館、家、スーパーマーケットと、
私の行動範囲はかなり限られているので、中々かしこまった服装をする事がない。

土地柄もあるけど、学生が多く、のびのびした環境なので町行く人もかなりラフな格好の人ばかり。
楽といえば楽だけど、せっかくもってきた靴や服は完全にたんすの肥やしと化しているのがちょっと悲しい。

さて、夕方シャワーから出たら、なんとベッドに赤いバラ。 
すでにバレンタインデー後半は始まっていました。  

今年で4回目のカーティスとのバレンタイン。
一回目は私は単身インドにいたので、スルー。  なので一緒に過ごすのは今年で3回目。
アメリカでは、男性が女性に対し、チョコレートやディナー、贈り物をする日。
そのせいなのか、毎年カーティスの方がバレンタインは熱心です。

今年は、家から15分のところにある、”ナイン” というレストランに連れて行ってもらいました。

テーブル数がその名の通り9席のこじんまりしたレストラン。
a0149356_2253061.jpg
この辺りで採れたローカルの食材を使った、イタリアン、フレンチも混じった創作料理が楽しめるとの事。

ただ、店のテーマが、ゴシックと、昔のフランスのキャバレーを足したような感じで、ウエイトレス二人(一人はおばあちゃん)の格好がアダムスファミリーに出てくる人のようないでたちで、それにビックリ。 

メニューは、コースが一種類のみ。 フルコース7品か、それから二品減らした少なめか、だけ選べます。  もちろん、日々アメリカ料理のボリュームの多さに悩まされている私達は5品をチョイス。

前菜に、ローズペタルのブルスケッタ。 
そして、トマトとこがした玉ねぎ、シナモンのスープ。
サラダは、ゴート(山羊)チーズとビートのサラダ。
メインは、カーティスは、ホタテを挟んだ海老のグリル、私はフィレを頂きました。
a0149356_220173.jpg
バレンタインにちなんで、海老がハートになっていました。  多少盛り付けががさつな感じは否めないけれど、アイデアはナイス。

デザートは、私はNYチーズケーキ、カーティスはクリームブリュレをチョイス。 
a0149356_2242385.jpg
ローカルの挽きたてコーヒーが美味しかった。

何故かこの日はワインが無料で、次々に料理に合うワインをついでくれるサービス付きでした。
5品のコースだったけど、はち切れそうなお腹を抱え、ほろ酔いで帰宅。 

カーティス、本当にご馳走様でした。
[PR]
by akko9bun | 2012-02-25 02:39 | アメリカ暮らし-オハイオ編 | Comments(0)

お弁当アレコレ 4品への挑戦。 お弁当2号、3号、4号

おかず3品オンリーの弁当1号に続き
2号、3号も3品の壁を中々超えられず。。 

制限時間内に詰めて冷まして、ってのが難しい。 

私が弁当作りの参考にしてる本は コチラ→ 『覚えておきたい暮らしの基本100』
この本によると、弁当の掟は
①オカズの汁気はなるべくカット (食材を痛める菌は水分が多いとこに繁殖しやすいため)
②お弁当の中身は全て加熱したものにする (練り製品、生野菜は痛みやすいので厳禁)
③温かいものは冷ましてから詰める (弁当箱の中が高温多湿にならないよう)
④オカズ同士が触れ合わないよう仕切る(違う食材が接すると変質や痛みの原因に。)
⑤使った後の弁当箱は良く洗い、できたら熱湯消毒すること。

この五箇条の③番が曲者。 最後に作ったおかずが中々冷め切ってくれない。
ひとまず、今は出来上がりから冷ます時間30分も計算にいれて弁当作りを開始。 
後は冷めにくいご飯と、卵焼から取り掛かる。 という作戦でいってます。

弁当2号
a0149356_1291527.jpg
おかずはまたまた焦げ気味卵焼に、ちょっと(だいぶ?)焦げた照り焼きチキン、後は蒸野菜色々オリーブオイル和え。

弁当3号
a0149356_134574.jpg
卵焼、揚げてない酢豚、アスパラソテー。 

その後、他の人のお弁当ブログを見て、焼鮭弁当が作りたい!! という衝動に駆られ
スーパーでアラスカ産サーモンの切り身を購入。 
家に帰って塩ジャケを仕込もうと思ったら、うろこバリバリついてますやないかっ! 
やはり、ここはアメリカ。 日本の常識なんて通用しません。 肉も自分で骨を外すとこからやらないといけないのに、魚屋でうってる魚はうろこ処理済みなんて甘い考えでした(涙)。

うろことりなんて家にないし、、どうしようかと一瞬焦る。
ふいに、昔みたクイズ番組で、板にビール瓶についてる王冠を釘で打ちつけ、それで魚のうろこを取ってるどこかの国の民族を思い出した。 が、そっちは手間が掛かりすぎそうで断念。 
という事で、今回は皮ごといっきに剥きました。  なんか焼き鮭のムード台無し。 

さらに、オハイオが内陸だからなのか、こっちで買うシーフードは皆鮮度がイマイチ怪しい。
今回の鮭も、妙に生臭さが気になる。 
なので、ちょっと油を多めに引いたフライパンでじっくり揚げ焼に。

そして、掟第二条を破ってしまったけど、多くの人がプチトマトを弁当に投入しているので(人のせい)、
まねして投入。 これにてまぁ、無理やりですが3品の壁を超えました。  

そんなこんなの弁当第4号。 プチトマトのお陰でなんとか4品。
a0149356_145848.jpg
塩鮭、卵焼、いんげんマメと人参の炒め物、そしてプチトマト。
が、やはり後ろめたいのは生のプチトマト。 
エアコンの効いた部屋の中で痛んでないか、そしてカーティスにはいつも電子レンジにかけて温かいお弁当を食べてもらいたいのに、生のトマトまで一緒にチンするってのはどうなのか、などなどカーティスが帰ってくるまで、なんだか落ち着きませんでした。

カーティスの反応は、別にちょっと変な感じだけど大丈夫、との事。 鮭臭さもなかったと効いて一安心。
でも、生野菜、果物は彩りにはもってこいですが、電子レンジにかけるのを前提につくりはやはり不向き。

弁当作りもいつも通りの『守・破・離』の法則で。 
最初は窮屈だと感じるけど、今はじっくり基本の型を修めないといけない時期なので、やはり基本に忠実に、火を通したものだけで挑戦してみようと思います。
[PR]
by akko9bun | 2012-02-21 01:59 | 内助の功作戦アレコレ | Comments(2)

お弁当アレコレ 第一号

今年の目標の一つでもある内助の功研究。 

色々と平行して実行中のがあるのだけど、その内の一つは”弁当作り”
というか、今まで弁当なんぞ作った記憶もないので、ちゃんとできるようになるまで、新しい趣味の一つとしても楽しんでいきたいところ。

その話を前回東京へ行ったとき、ヨガ本の編集をして下さったNさんに話したら、
なんと、アメリカでは今静かに日本の弁当ブームが到来しているんだよ、と教えてもらいました。

なんでも象印が保温の効く弁当箱を、アメリカで "Mr. Bento" という名で売り出していて、そのユーザー達が日々の弁当作品をFlickrにアップロードしているんだとか。

早速見てみましたが、皆それぞれ思うままに斬新にMr.rBentoを使いこなしています。 
クッキーやチップスを入れてる人もいますが、中にはスープ、サラダ、パスタ、デザートまでフルコースを詰めてる人もいたりで、見ていて結構面白い。

アメリカの弁当と言えば、ハムサンドやピーナッツバターサンド、それにりんご丸ごと一個!
というイメージが強いですが、近頃はアニメの影響もあっておにぎりを作ったりしている若者もいるそうです。

カーティスには、せっかくなので日本風の弁当を楽しんでもらおうと思い、この間日本に帰国したとき母に電子レンジOKの漆の弁当箱をカーティスのお土産にと持たせてもらいました。

象印の魔法瓶弁当箱も気になりましたが(なんといっても旬のアイテムっぽいし)、カーティスのオフィスには電子レンジがあるので、ならば保温せずとも大丈夫かとデザインを和風のものに。

西海岸や大都市と違い、私達の住む町は日本食材の調達に限りのある町なので、どこまで出来るかわかりませんが、ちょっとづつ頑張ってみようかと思います。

第一号弁当。 (おかずは3品。 あしからず。)
a0149356_582173.jpg
この日は確か、カーティスが夜まで会議で家に帰れないという事だったので、お弁当 + 玄米ドライカレーを持ってってもらいました。

お弁当のおかずは、ちょっと焦げた卵焼きに、エビチリ、アスパラソテーのオンリー3品。 
というか、この日は弁当箱を前にして一体どうすればいいのか、イマイチよく分からん感じで終了。

イメージではもっと、彩りがあって、もっとこう盛りっとした感じにしたかったのに、全然違うものが出来上がりちょっと落ち込む。  中々イメージ通りにはいきませんなぁ。

色々な人の弁当ブログをみると、本当に尊敬してしまう。

ともあれ、冷凍のお弁当のおかずや、ちょっとした漬物やふりかけも売ってないので
アメリカのスーパーで買えるものだけで工夫するしかない。

笹の葉っぱや、南天の実、紫蘇の葉っぱがあれば、もっと様になるかもしれないので、何とか入手したいところ。 ひとまず、紫蘇はこの春育ててみようかと思う。

色彩とりどりでおかずも沢山、しかも栄養満点の弁当が作れる日はまだまだ遠い。
やったら出来るだろうなんて思っていた弁当作りの道は中々険しかったのです。。
[PR]
by akko9bun | 2012-02-19 05:35 | 内助の功作戦アレコレ | Comments(6)

2012年 バレンタインデー 前半

さーて、一昨日はアメリカでもバレンタインデー。

日本でチョコ業界が盛り上がっているように、アメリカでもこの日は多くの人が大枚をはたき
ロマンティックな夜を演出する日でもあります。

私の大好きなスーパーマーケットで働くTちゃん曰く、この日は高額ステーキやワイン、風船や花束
など、売れに売れる大忙しの日だった模様。

カーティスはというと、多分14日は混んでるし夜はやる事があるから、代わりに週末、レストランでディナーをしたいとおっしゃる。   確かに、最近のカーティス、平日は鬼のように忙しい。  
家に帰ってからもずっとPCの前で黙々とプロジェクトや、課題に取り組んでるので、中々ゆっくりする時間もないのです。

でも代わりに、その日の夜は英語の学校へ行く私の代わりに、晩御飯を作ってくれるとの事。

ママからは、家族みんなへ中にチェリーが入ってるチョコレートをもらいました。 
a0149356_1113910.jpg
バレンタインのシンボルはDOVEという白いハトなんだそう。

私はというと、パパとママとカーティスへ日ごろの感謝をこめて、踏ん張ってチョコケーキを作りました。
これまでに3回、全く膨らまないペチャンコのチョコケーキを作ってきた実績があるので、今回は
スーパーで売ってるチョコケーキの素を使い作ってみると、悔しいくらいモリモリ膨らみましたわ。
a0149356_1102457.jpg
そこから、思いつきもいいとこ、やったこともないのに色々とデコレーション。 
まず何が難しいかというと、普通に生クリームでケーキを覆うのが難しい。  
この時点でデコレーションを始めたことを後悔。 
ケーキ作りってかなり過酷。 最後はもう半泣きでなんとか仕上げる。  
肩は痛いし、頭はフラフラするし、もう二度とやらなくていいかも。

涙の完成品はこちら。
a0149356_121285.jpg
(一番キレイに見える角度です。 裏側は禿げてたので見なかった事に。。)

ヘロヘロで学校へ行き、クタクタで帰宅。
でもそこには、カーティス特製のジャンボラザニアが待っておりましたっ。
a0149356_1252797.jpg
カーティスのラザニアには、モッツアレラや、パルメジャーノや後色々なチーズが入って、中にはフライした海老や、ズッキーニが入って、他にも色んな野菜たっぷり、しかもソースはマリナーラとベシャメルの紅白ソース二本立て! 

チーズがとろけた熱っつあつの一口は、もう最高に美味しいのでございます。  思えば、一番最初にカーティスのラザニアを食べたとき、この人と結婚してもいいかも! なんて思ったのを想い出しました。

そんなこんなで、なんとかバレンタイン半分が終わり。  残り半分は週末へ持ち越し。 

さらには、ケーキ作りの疲労からなのか、その夜、大事な大事なスカイプの約束を忘れてしまい。
次の日は、朝から呆然と自分のアホさと後悔をかみ締めるという、ショッキングな朝を迎えたのでした。

カーティスのラザニアとママからもらったチョコが美味しかったのが救いです。


つづく。
[PR]
by akko9bun | 2012-02-17 01:39 | アメリカ暮らし-オハイオ編 | Comments(0)

時差ぼけアレコレ

時差ぼけが長引き、やっと先週から普通に眠れるように。

時差ぼけ対策には、やっぱり帰国した翌日の行動が決め手だなと、つくづく思いました。

日本に戻ったときは、夜10時半頃に奈良の実家に到着。
クッタクタだったので、夜はそのまま12頃に眠り、朝五時に目が醒め、
そのまま家族が起きるまで、ヨガの練習と、荷解きと実家においてた自分の荷物の整理。

その後、プリペイド携帯の契約やら、友達に会ったり、美容院や銀行などとにかく用事を詰め込み
一番眠くなる昼過ぎを、ちょっボーっとしてしまったけどなんとかクリア。

その日もクタクタで、寝て、起きたら朝6時。 これで時差ぼけはほぼ完治。
その後も順調に日本時間に溶け込み、体調も崩さずなんら問題もなかったので安心。

が、オハイオに戻った翌日から三日ほど予定を入れてなかったのが災いし
今寝てはいけない! と思いつつも睡魔に勝てず昼間にガッツリと昼寝をしてしまう。。  
そのまま昼夜逆転のバイオリズムで約10日。  辛かった。

時差ぼけ対策に、とヨガニドラ(眠りのヨガ)のCDをかけながら眠ると、潜在意識に相当影響しているようで、いつも今まで見たこともないような、不思議な夢ばかりみる。 
怖いの、悲しいの、幸せなの、面白いのなど、多種多様。 
ストーリーもヘンテコで、ともかく起きた後も首をかしげてしまうくらい変なのものも。
色んな感情が朝起きた後もかなりしっかり残ってるので、朝気持ちの切り替えにちょっと苦労してしまう程。

きっと、起きたら気付かないけど寝ているうちに心の中で大手術が行われているに違いない。
そのせいかPMSもこないし、時差ぼけを除けば心はしんと穏やかだ。

そんなこんなで、今日のオハイオは雪。  外は-7℃。 
a0149356_4425491.jpg
今日は朝からアシュタンガヨガのレッスンだったのだけど、雪にも関わらず生徒さんが来てくれて嬉しかった。
こっちの人は、あんまり傘ささないので、みんなフードをかぶってて、その上に雪がちょっと積もってるのを見ると、雪の中はるばる足を運んでくれたからには、来た甲斐があったと思ってもらいたい。 
こういう時、どこから来るのはわからないけど、ふつふつと妙な力がわいて来る。 
私自身もスコンと集中できたので、さっぱりしました。

ミュウさんは、相変わらず一日中ノンビリ。
ミュウさん専用のベッドで今日も昼寝三昧。
a0149356_4484693.jpg

今日のご飯当番は私。
買い物に行けないので、冷蔵庫にあるもので何とかしのぐ事になり、牛のミンチに、残り物のマッシュルームやケール、玉ねぎを入れてミートローフにする。 

ミンチがちょっと少なかったので、中にゆで卵をボンボンっといれてかさを出してみる。
a0149356_1234103.jpg
付け合せは、これまた昼の残りのクスクスと、冷凍庫にずっと入ってた枝豆の皮をむいて豆サラダに。
デザートは、食料品棚の中で中途半端に残ってたナッツをかき集め、ミックスナッツパイ。(食べかけで失礼!)
a0149356_123611100.jpg

材料がイマイチ中途半端だったので、ちゃと固まらずドロっとしてしまったけど。。ま、味は変わらないからいっか。。

ミートローフもデザートも、全部混ぜてオーブンに入れて、後は待つだけ。 楽ちんメニュー。


雪のせいか、静かでゆったりとしたいい土曜日でした。
[PR]
by akko9bun | 2012-02-12 04:49 | アメリカ暮らし-オハイオ編 | Comments(4)