あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長約2mのアメリカ人に胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです。


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

お野菜色々頂きました。
at 2017-10-10 22:08
おかえりカーティス、そして愛..
at 2017-10-09 10:40
久々にIKEA!
at 2017-09-27 01:03
オキシクリーン 使ってみました。
at 2017-09-27 00:03
9月 今月のコストコ
at 2017-09-26 07:04

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

初めまして! お返事遅く..
by akko9bun at 21:14
初めまして。ニューヨーク..
by NYC at 11:01
たかおさん> なるほど!..
by akko9bun at 01:46
ベランダ栽培楽しみですね..
by camino0810 at 05:17
たかおさーん!  コメ..
by akko9bun at 20:09
自転車、残念でした。白昼..
by camino0810 at 20:27
西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
フランスの田舎で畑、子育...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今週の事アレコレ。

今週のワシントンDC,もう秋が来たのかと思うほど一気に涼しくなりました。
久々にエアコンをつけず、窓から入ってくる涼しい風を楽しむ。

あ~、もうずっとこんな天気でいい! と心底思うけど、来週からはまたいつもの夏日に戻るとのこと。
まぁ、若干夏バテの兆しが出てきてたので、今週で体調も建て直せたし良かった良かった。

私とカーティス、今年は節約の為、バケーションは無しってことで話を進めていたのだけど、
カーティスが日本で英語をおしえていたJET時代からの友達のオハイオでの結婚式に招待されたので、せっかくなので、カーティスの実家にも帰省することに。

レンタカーか、飛行機か、どちらか迷ったけれど、今回私もカーティスもベストメン、ブライズメイトとお役を与えられたので、疲れを最小限に抑え結婚式に臨もうとと飛行機に。
来週から一週間のプチバカンス(結婚式と帰省だけだけど。。)、楽しみだー。


さて、この間ふと、ラフヨガ(笑のヨガ)をやってみようと思い立った。
昔同じ職場だったらヨガの先生が、誰かが側で大笑いしていたら、それを見た人もつられて笑い出すという話を思い出し、カーティスの前で実行。

私 『ちょっと今からラフヨガやってみようと思う。 笑うのは体にいいんだって』

カ 『ドーゾ。。』

私 『アハハハハハハ!!! アハハハハハハ!!! アハハハハハハーー!』

カ 『。。。。。。。』

 
私 『ウハハハハハハ!!! アハハハハハハ!!! アハハハハハハーー!』

カ 『キモチワルイ!! ヤメテ!!』 

と、結果、ものの15秒程でカーティスを不愉快にしただけで終わってしまう。
ラフヨガ、結構難しいな。

でも、私的には別に面白くもなんともなくても、笑い出すと何故かどんどん可笑しくなって笑がこみ上げてはきました。
笑うと脳内からも快感物質が出るそうなので、もうちょっと色々調べてもう一回トライしてみよう。


さて、最近の事もう一つ。
お隣バージニアのリトルサイゴンとも呼ばれるベトナム系のお店がたくさんあるエデンセンターに連れてってもらいました。

ものすごくアジアの匂いが立ち込めていて、まるでホーチミンに旅行に来たみたいな雰囲気に。
Hongviet というレストランでお昼を食べたのだけど、出てくる食べ物がみんな素晴らしく美味しく感動。

ベトナム食材を買ったり、デリでサンドイッチや揚げ豆腐など色々買って帰宅。
帰りのバス停のすぐ近くに、クリスピークリームドーナツのお店があったので誘惑に負けて買ってしまった。
a0149356_6393865.jpg
この緑のドットと赤いロゴが入った箱、いつ見ても可愛いなと思う。

ついでに、エデンセンターで買った物色々。
a0149356_643355.jpg
笹の葉でつつんだものは、中身が何だかわからずに買ってみたのだけど、開けてみたらハムでした。 笹とニュクマムの香りがついてて美味しかった~。

さぁ、来週はバケーションまでに家の大掃除と冷蔵庫を空にするべく頑張ろう。
[PR]
by akko9bun | 2013-07-29 06:49 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)

週末散歩

気づけばもう7月もあと少し。
カーティスと続けている週末散歩の事アレコレ


週末散歩 その①

この日も早起きしてまたまたロッククリークパークのトレイルへ。
a0149356_617407.jpg
緑のトンネルが気持ちいい。
この日はトレイルから各国の大使館が立ち並ぶマサチューセッツアベニューへ抜け、デュポンサークルへ。
ちょうどファーマーズマーケットが立った後。 美味しそうな野菜が並んでます。
a0149356_625195.jpg
マーケットを抜けてこの日は、Bethesda Bagle で朝ごはん。
a0149356_6265716.jpg
最近はスペイン巡礼で使った万歩計も装着。 15000歩が目標。


その②

この日は家を出て、コネチカット通りを南へ進み、モールを目指す。
ちょうど家から出て1時間弱でスミソニアンのアメリカ歴史博物館へ。 歩数もちょうど良し。  
今日のお目当ては、アメリカの料理研究家ジュリアチャイルドのキッチン。 
映画の『ジュリー&ジュリア』でメリルストリープが演じたあのジュリアのコーナーです。
a0149356_6394883.jpg
あの映画で、コルドンのクラスで悔しい思いをしたジュリアが家で大量の玉ねぎを切って特訓するシーンが大好き。

色々とジュリアの勉強をした後は、最近本格修理が始まったらしいワシントンモニュメントを横目にスミソニアン駅からメトロへ。
a0149356_6434572.jpg
朝ごはんをどうしようかとカーティスと相談し、ずっと行きたかったコストコへ。 
a0149356_6453958.jpg
メンバーカードを作り、さっそくフードコートへ。  
朝から何も食べてなかったので、ガッツリと頼んでしまう。 しかも体に悪そうなものばかり。。。
a0149356_647879.jpg
お腹もいっぱいになった後は、ちょっとだけ買い物。  それぞれおやつを一つ選んでもいいことにし、カーティスは大量のプレツェル。 私はドライマンゴの大きいパック。
a0149356_6544534.jpg
高いメンバーシップのおかげか、野菜もお肉も普通のスーパーよりも安い。  
普段は手が出ないポルトベーロマッシュルームもここでなら買えてしまう。  

車がないから大変だけど、これからコストコを上手に使って食費セーブを狙うぞ! 
[PR]
by akko9bun | 2013-07-22 07:06 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)

最近のヨガ

ヨガを通じて思うところがあったので忘備録がてら。

最近、YOGA HOURという新しいヨガのプログラムのティーチャートレーニングにトライしました。
このYOGA HOUR というプログラムは数年前にアメリカで作られ、一時間の中で体とスピードを全力で使ってヨガのポーズをしていくというもの。 
かなり激しいヨガで、アシュタンガではセカンド、さらにはサードシリーズで出てくるポーズが普通に入ってきたりします。  ホットヨガでもないのに、終った後は体中から汗が噴き出す程激しいヨガ。

指導してくれた先生はものすごく厳しい先生で、トレーニングの最中は他のベテラン先生が多く受講していたのにも関わらず、すごい緊張感。  
おまけに私は一人だけ英語が完璧に分かってないという状況で、久々に常に心臓がドキドキする位に追い詰められていました。

剛と柔なら間違いなく剛の先生。 
ここ最近柔の魅力に心傾いていた私は最初はかなり違和感があり先生の指導に抵抗がありました。 
初日でもう、来るのやめようかと思ったほど。

けれど、久々に手厳しく教えられる状況にだんだん慣れてゆき(これは先生の絶妙なさじ加減のおかげだったと後からわかるのだけど。。)、力強いアーサナを何度も繰り返していく中で、気づかない内に自然と心も鍛えてもらっていたようで、最終日の最後は、あれだけ怖かった感情がなくなって、さらにはなんとも言えない感謝の念が自然に先生に沸いてきました。 

厳しい指導に集中させてもらったおかげで、今までになかった達成感と自信が自分の中に生まれているのに気づけたし、先生から与えられる課題にもだんだんと怖さと緊張から、ワクワクというか、次は上手くやるぞ! というような感覚へと変わっていきました。

そして何より、ヨガは本当に楽しい! 体が動くのは幸せだ! と理屈抜きで心から思えました。
自分の体を使って得られる情報ってのは間違いがない。 
体が強く、自由になると、心もそれについてくる。 
自分のコンディション如何で目の前にあるものに対して、怖いと思うか、逆にワクワクするかは変わるんだど、体験でもって教えてもらいました。

おかげで、アメリカでヨガを教えるという事に正直言うと少なからずビビっていた気持ちがなくなりました。
言葉のハンディは今はあってもいずれは無くなるし、そしてヨガすること、教える事のハンディは私にはない。

今まで、なんて無駄にドキドキ、ビクビクしながらアメリカで生きてきたんだろうと今は思える。
なんか、情けなかったな。


ここ最近、自分のヨガ研究の中心は、ヨガニドラ、ヨガセラピーと、体でなく心の方へとダイレクトにアプローチをかけるヨガへと傾いたけれど、フィジカルがもたらす効果というのもすごいと今回改めて思えた。

目指す所がだんだんクリアになってきた。 これからもっと忙しくなりそう。
益々頑張らないと。
[PR]
by akko9bun | 2013-07-22 05:01 | YOGAの事 | Comments(0)

2010年 新婚旅行 スペイン・モロッコ編 その⑤

2010年9月25日

さて、この日は色々お買い物。
シリアルとクッキーとフルーツ、そしてエスプレッソの朝ごはんをカルメン宅で食べて、この日はバスで街の中心へ。

カーティス、インドで買ったブーツは巡礼が終わると同時にサヨナラしたので、新しい靴を買いにCAMPERへ  

その後は、バルセロナの台所 サンジョセップ市場へ。
a0149356_313287.jpg
世界で一番大好きな市場。
数か月でいいから、バルセロナのこの市場の側で暮らしてみたい。
a0149356_3154581.jpg
経済も失業率も結構とんでもない事になっているのに、バルセロナにいるとそんな空気があまり感じられない。 夕方になるとみんなお店の外のテラスで楽しそうにお酒を飲んでいる。 
なんだかすごく幸せそう。 

この日の夜は、カルメンとその友達と共に路上ライブへ。
a0149356_331360.jpg
ビックリしたのは、スペイン人の人が騒がしすぎて全然音楽が聞こえてこない事。
スペイン人のこのパワー。 凄すぎる。

音楽というより、人の騒ぎ声で耳がキンキンしてきたので、カーティスと私は一足先に、家にもどる。
人込みにどっと疲れ、この日はすぐに就寝。


9月26日
偶然にも、今日は年に一回のカタルーニャのお祭りの日。
カルメンも朝からウズウズしてる。 
カルメンだけでなく、スペイン人は本当に元気な人が多い。 
人間として健全というか、皆人生がすごく楽しいっていう雰囲気を醸し出している。

このカタルーニャのお祭りの最大の目玉は ”人間タワー” 色々なチームが人間の体だけをつかって高い高い塔を作っていくという、かなり体を張ったイベント。
a0149356_38688.jpg
塔が高くなるにつれて回りの観光客の緊張もどんどん高くなってくのが面白かった。
この共有感、なんだかしばらく忘れてた気がする。 

カルメンも隣で超嬉しそう。 カルメンといるとどんどん素直に優しくなれる。 
また明日からしばらく会えないのが寂しい。

最後の夜はカルメンの家でまた色々とおしゃべり。
カルメンの家にも猫がいて、ローリーというエジプトから一緒に来た猫なのだけど、その姿からは想像もできない凶暴ぶりが面白かった。
a0149356_3241036.jpg
カーティスと私も両腕にしっかりとローリーからのひっかき傷。

ここ最近のカルメンの写真を見せてもらった。
旦那さんのアフマドや、会社の同僚ととても幸せそう。 

バルセロナに来てよかった。 やっぱり友達には直接会わないと。

明日からまた移動。 次の目的地は南仏のニース。 美味しいシーフードをたくさん食べようっと!

つづく。








   
[PR]
by akko9bun | 2013-07-08 03:36 | 旅の事 | Comments(2)

2010年 新婚旅行 スペイン・モロッコ編 その④

2010年9月24日(金)

昨夜グラナダを出発した夜行列車は無事にバルセロナに到着。
10年ぶりのバルセロナ。 すごく都会だ。

次の目的地ニースのチケットを買おうとしたが、その日はストライキで特急は全部止まるんだとか。
他の路線でいくしかない。。 ヨーロッパ、ストライキ多過ぎ。。

気を取り直し、エジプト留学時代にルームメイトだったカルメンとの待ち合わせ場所へ。
昔と全然変わってなかったので、すぐに発見。 昔と同じすぎて笑える。

まずはカルメンの家に行き、シャワーを借りた。 カルメンの家には今日から4泊させてもらう予定。
まずはやはりサクラダファミリアへ。 
a0149356_6445786.jpg
バルセロナでカーティスに一番見せたかった場所。
そしてランチの後、グエル公園へ。  懐かしい。
a0149356_6455666.jpg
昔と違うのは、観光客の量がどっと増え、10倍くらいに感じる事。  

カルメンに最近のバルセロナ情報を聞くと、スペインはアルコールの値段が他のヨーロッパの国に比べてかなり安い為、イギリスから格安フライトでやって来て、夜中じゅう飲みたおし、朝また格安フライトで帰っていくという若物がたくさんいるんだそう。  若者のこういうパワーというかエネルギーは凄まじい。 

その後、ずっとバルセロナの街を散歩。 建物が良い。 
窓ガラスや格子、ドアやランプ、どれをとっても素敵な物ばかり。
a0149356_6471193.jpg
日が暮れたら、ランブラス通りの近くで一杯飲んで、カルメンの家へ。
a0149356_6481449.jpg
チーズ、ワイン、ソーセージで軽く晩御飯。 久々にカルメン特製カタランスタイルのパンも食べる。
a0149356_6501575.jpg
バルセロナのあたりは、カタルーニャ地方と呼ばれ、ここではバゲットに熟したトマトを塗って、オリーブを垂らして食べるのだけど、これがまた美味しい。 

昼がメインのスペインの食生活、私にはこっちの方が胃を休められるので向いてる気がする。

この夜はいっぱい話して、いっぱい笑った。 
カルメンとカーティスも意気投合。 嬉しい。



つづく
[PR]
by akko9bun | 2013-07-06 07:03 | 旅の事 | Comments(2)

2010年 新婚旅行 スペイン・モロッコ編 その③

2010年
9月22日(水)

朝7時の列車にり、朝11時30分にグラナダに到着。
まずは今日の宿さがし。 駅から街の中心へ向かう途中のホテルに直接空いてるか聞きにいく。
最初の2件は満室だったけど、運よく3軒目でOKだった。 しかも一泊30€という安さ!  ちょっと薄暗いけど、この値段なら文句無。
a0149356_1054775.jpg
その後、生野菜に飢えていたので、サラダ専門のブッフェスタイルのカフェへ。
サラダにフルーツ、ガスパッチョと、まさに今食べたいものばかり満載! 大満足。

その日はアルハンブラ宮殿のチケットをネットで買おうとするも、売り切れ。
明日の当日券の枠に入れるかどうか。

アルハンブラに明日は入れなかった場合の保険として、金曜の夜行でバルセロナに向かおうと予定してたが、駅で確認してみると、金曜の夜は夜行列車は出てないとの事。

仕方がないので、明日の夜初の夜行列車を予約。
その後は、夕暮れの中グラナダの旧市街を散歩。
a0149356_108922.jpg
どの風景を見てもすごく素敵な場所。
a0149356_1084230.jpg
そして夜はフラメンコを見に行く。
a0149356_10115287.jpg
若手からおばあちゃんまで、色々なダンサー登場。 フラメンコ、やっぱりカッコイイ。 


9月23日(木)
朝五時に起きて、アルハンブラ宮殿のチケットオフィスへ。
すでに列を作って待ってる人が十数人。  が、午前の当日券が200人分あると発表され無事にチケットゲット。 そんなこんなで、ついにアルハンブラ宮殿に入れた。
a0149356_10165487.jpg
強行スケジュールだけど、グラナダに来てよかったと思う位美しさ。
a0149356_10173120.jpg
やっぱりイスラム建築が好き。 このセンス、ただただ圧倒されるばかり。

あまりの凄さと美しさに、アルハンブラ宮殿を出てもボーっとしたままのカーティスと私。
この宮殿からの景色もすごく素敵だった。
a0149356_1019156.jpg
その後、夕方ホテルへ荷物を取りに戻り、またグラナダ駅へ。 
そして、夜行列車に乗る場合、ユーレイルパスには翌日の日付を書かないといけなかったのに、今日の日付を入れてしまい、二人でブルーに。 電車に乗った後、一応交渉してみたけれど、やっぱり駄目だった。 悔しい。。

夜行列車は、女性用と男性用に分かれているので、明日の朝までカーティスと離ればなれ。
私の入ったコンパートメントは、タズマニア島から来た女の子二人と、そしてなんと昔(パルケエスパーニャ)志摩スペイン村でフラメンコダンサーとして働いていた超美人な姉さんの4人。

このパルケエスパーニャの姉さんが、列車で働く人にモテモテで、入れ替わり立ち代わり、車掌さんやら、厨房のコックさんやらが姉さんに会いにやってくる。 
が、あまりに来客がくるので、この姉さんがいきなり、次からこのコンパートメントに来るときはシャンパンを持ってきた人しか入れない!というルールを作ったがために、ここからは各自厨房から勝手に拝借してきたのであろうシャンパンがどんどん運び込まれるのである。
a0149356_10211278.jpg
ちなみに、この写真は厨房の料理長が仕事を抜け出し、お姉さんに会いに来たときのもの。 

最初は楽しかったけど、この姉さんへの面会は夜中終わりそうにもないので、いい感じに酔っぱらったところで、耳栓し、寝袋の中で貴重品を抱え先に寝る。 
耳栓とシャンパンのおかげでどんちゃん騒ぎの音にも煩わされず朝までぐっすり。

目が覚めるともうそこはバルセロナだった。
カーティスは、またまた運悪くめちゃくちゃ鼾のうるさい人達と同じコンパートメントだったらしく、ほとんど寝れなかったそう。 可哀想に。。。


つづく。
[PR]
by akko9bun | 2013-07-02 10:25 | 旅の事 | Comments(3)

2010年 新婚旅行 スペイン・モロッコ編 その②

朝6時に起き、港へ向かう。
そこからバスでタリファの港へ。 

『アルケミスト』という本があり、私の人生を本当に大きく変えてくれた本なのだけど、その本の中で、羊飼いの少年が夢を追いかけて、このタリファの港から向こう岸のアフリカ大陸にモロッコのタンジールに船で渡るシーンがある。その描写がとても印象的で、いつか同じルートを辿ってみたいと夢見てたけど、今回ついにそれが叶うと思うとドキドキする。

今回の新婚旅行は、私にとっては夢の実現ツアーといっても過言ではない。
ユーラシア大陸の端っこまでこうやって一緒につきあってくれたカーティスには本当に感謝だ。
a0149356_1202282.jpg
さて、タリファからフェリーで45分。 そこはアフリカの玄関タンジール。
a0149356_1282812.jpg
アルへシラスよりも、はるかに発達して都会なのにビックリ。  後できくと、夏はラバトではなく、タンジールが首都の機能を果たすんだそう。
バスに揺られ、大西洋と地中海の両方を眺め、ラクダにもちょっとだけ乗ってみる。
a0149356_1291663.jpg
カーティスはなんとラクダに乗るのは人生初。
a0149356_129583.jpg
しかしこのツアー、ほとんどバスで移動。 景色を楽しめるのはいいのだけど、やっぱり退屈。
年を取ると、いつかはこういう旅の方が楽になるんだろうか。。

それでも、町を案内されると久々のアザーンやアラビア語を耳にし、すごく懐かしい気分。
スークを歩いて、そしてランチへと案内される。

スープ、ケバブ、チキンのクスクス、そしてデザート。 
a0149356_1302820.jpg
同じツアーの他のヨーロピアン達は衛生面を怖がって一切食事に手を付けない。 
なので、遠慮なくカーティスと二人でモリモリ頂いた。

その後、冷やかし程度に買い物。 革のバブーシュ、ローズウォーターなどをお土産に。
値段交渉になると、自分でもびっくりする位、すらすらアラビア語が出てくる。 
多分エジプトに住んでいた時に一番気合い入れて使っていた言葉だからだ。
久々にイスラームの空気を満喫し、夕方またフェリーにのってスペインへ戻る。

ホテルに戻ってから、明日の列車の切符を買いに駅へ。 
その後ホテルのフロントのお姉さんにたのでん、グラナダのホテルに電話してもらうが、どこも満室。  
しょうがない、明日グラナダに着いてから気合い入れて探すぞ!

その後、最後に昨日行ったタパスバーでディナー。
a0149356_1312765.jpg
やっぱり美味しい。


つづく。





 


  
[PR]
by akko9bun | 2013-07-02 01:31 | 旅の事 | Comments(0)

2010年 新婚旅行 スペイン・モロッコ編 その①

さて、今日から7月。 急にやる気になったので、滞っていた新婚旅行の日記をアップ。

2010年9月20日。

朝6時半にポルトガルのポルトを出発した夜行バスはスペインの首都マドリッドに到着。
が、マドリッドのどのバス停に着いたのか分からず一瞬焦る。 あたりはまだ薄暗い。 
でもその後ほどなくして、アトチャ駅の近くだという事がわかり、テクテク歩いて駅へ向かう。

ついにここからユーレイルパスを使っての旅になるのだけど、使い方がいまいちよくわからん。
色々なルールがあるようで結構大変。 自分で乗る日の日付を書いていくのだけど、書き間違えは問答無用で無効となるそう。 恐ろしい。。

とりあえず、モロッコ目指してジブラルタル海峡の側のスペイン最南端、アルへシラスまでの特急のチケットを買う。 
ユーレイルパスを使ってたった6ユーロで特急切符ゲット。

二時間程駅で待ち、特急列車に乗り込む。 今回の旅。 時間はあるが予算がないので、待ち時間と移動時間が本当に多い。 でもおかげで色々カーティスと話もできるのだけど。。
特急列車はまぁまぁの乗り心地。  
昨日もあまりよく眠れなかったので、私は列車の中でお昼寝。 
繊細なカーティスは、隣のブースのおばあちゃん4人組のおしゃべりが止まらず、眠れなかったとの事。

列車が無事ににアルへシラスへ着き、ひとまずインフォメーションまで歩く。
地図をもらい、安いホテルを探す。 ついでにそこでそのホテルに電話して予約してもらう。 
電話もないし、言葉もあんまりわからないから、このツーリストインフォメーションの存在は本当に助かる。

着いてみると市場に面した中々良いホテル。 洗濯も無料。
その後、腹ペコだったので、ごはんを食べに街に出かける。 
街自体、あまり見るところはなく、美味しそうな食堂も少なそうだけど、一つだけ地元の人で超賑わっているタパスのお店を発見。  
しかも飲茶スタイルで、小皿をもったお姉さんがテーブルを回ってくれるので、好きなのをとって食べるシステム。 これだと、料理の名前が分からなくても大丈夫だからすごく助かる。
デザートのブラウニーも最高に美味しかった。 けどお腹が空きすぎて写真を撮るのも忘れた。
食べ終わった後の串をバゲットに差せと言われたのでそうしてたら、最後にこの串の本数でお会計をするシステム。

お腹がいっぱいになった後は、モロッコまでのフェリーの切符を買いに港へ。
と、ここで気づいたのが、普通にフェリーの往復券を買う値段よりも、フェリーの往復券、ランチ、観光ガイド込みのツアーの方がはるかに安かった。 なので迷わずツアーを申し込む。

その後ホテルに帰り、その後はホテルに戻り爆睡。 なんと朝まで12時間も眠ってしまった。


つづく
[PR]
by akko9bun | 2013-07-02 00:43 | 旅の事 | Comments(2)

最近のマイブームアレコレ

最近のマイブームはこちら。

①スイカ
a0149356_7181780.jpg
日本にいる時はそれほどでもなかったけど、去年から急に大好きになったスイカ。
というのも、こっちのスーパーで売ってるスイカは種無しが主流。 あっても白いのが少しだけ。 
タネを避ける手間がないので、食べやすいのです。
そのまま食べたり、ミントを混ぜたり、フェタチーズと混ぜてサラダにしたりと色々活用中。

食べやすいように、一口大にきって冷蔵庫へ。
a0149356_7313892.jpg
 小腹がすいたら、一つ、二つ口に放り込む。  夏のおやつにはぴったり。


②ルッコラ
こちらでは、アルグラという名前で売ってます。
a0149356_7291452.jpg
昔は苦味が苦手だったのに、カイワレ大根のような苦味がたまらなく好きになってしまった。
私の場合、苦手だった食べ物は、時間が経つと何故か大好物になってるケースが多い。 
普通のレタスよりも長持ちするので、最近は1ポンド(500g位)をまとめ買い。 
サラダに、和え物に、炒めものと、色々使えてすごく便利な野菜。 さらに、洋風にも、和風にも合うし、タイ・ベトナム・韓国料理とエスニックにも相性抜群。

現在フランスに住んでる後輩のフージーが、フランスのドレッシングの作り方をブログで書いていたので、それを見て作ってみたらカーティスに大好評。 
a0149356_7355494.jpg
カーティスも昔フランスに留学してたので、懐かしい味なんだそう。 
アメリカでは、ドレッシングは後からかけるけど、フランスではボールにドレッシングを作り、そこに野菜を絡めるんだそう。  
最近の我が家の定番サラダは、リンゴ酢、ディジョンマスタード、オリーブオイルに塩コショウ、そこへアガベシロップを加え、オレガノを少々。 そこに、アルグラをどっさりと、赤玉ねぎ、トマトを絡めたもの。
a0149356_7412712.jpg
 苦味と酸味と甘みがイイ感じに混ざり、すごく美味しいのです。

ビタミン、ミネラルもすごく豊富なので、蒸し暑いDCの夏バテ対策にも役だってくれそうです(^^)
[PR]
by akko9bun | 2013-07-01 08:37 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)