あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長約2mのアメリカ人に胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです。


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

カーティスの週末クッキング
at 2017-08-20 10:04
無駄使い減らしつつ、でもまだ..
at 2017-08-14 03:07
8月 今月のコストコ
at 2017-08-14 00:26
サンダーストームサタデーナイト
at 2017-08-13 11:45
今日は立秋
at 2017-08-07 06:22

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

たかおさん> なるほど!..
by akko9bun at 01:46
ベランダ栽培楽しみですね..
by camino0810 at 05:17
たかおさーん!  コメ..
by akko9bun at 20:09
自転車、残念でした。白昼..
by camino0810 at 20:27
西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31
たかおさん>明けましてお..
by akko9bun at 11:19
遅れましたが、明けまして..
by camino0810 at 05:34

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
Yoga,Music,F...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

NBA

今週初め、プレシーズンの試合だけど人生初のNBAのゲームを見に行ってきた。

今回のカードはWashington Wizards 対 Miami Heat 
カーティスはマイアミのレブロンジェームスのファンなので、前日からかなりテンションが高くて笑えた。

場所はチャイナタウンのヴェライズンセンター。 
仕事帰りのカーティスと待ち合わせし、試合前に腹ごしらえしにアリーナの前にあるDAIKAYAという日本のラーメン屋さんへ。
a0149356_2275477.jpg
私はしょうゆ、カーティスは味噌ラーメン。 
a0149356_2284142.jpg
私的には決してまずくはないけど、めっちゃ美味しいという訳でもなかった。 
個人的にはアダムスモーガンのさくらラーメンの方が好き。 

さて、そんなことより今日はNBAの事を書こう。

初めてのスタジアムの雰囲気にそれだけで嬉しい。
試合30分前の雰囲気
a0149356_2293318.jpg
カーティス曰く、バスケット試合はビールを飲み、ジャンクな食べ物を食べながら見るんだとかで、さっそくビールを買って座席へ。

ふと思ったのは、ウィザーズのロゴマークはなんであれにしたんだろう。 
a0149356_22102290.jpg
試合前、選手も観客も全員起立で国家斉唱。
a0149356_2211257.jpg

そしていよいよ試合開始。
a0149356_22141725.jpg

初めて生で見るプレーはもちろん凄いのだけれど、それよりも選手達の身体能力のスゴサに感動。
同じ人間とはとても思えない。 

前半で何度かレブロン・ジェームスのスーパープレイが出て、カーティスと共に大興奮。  
集中しすぎて写真はないけど、ハイライトでこのプレーが見れるサイトを発見したので、興味ある方はどうぞ!
http://www.huffingtonpost.com/2013/10/16/lebron-james-dunks-heat-wizards_n_4107158.html?utm_hp_ref=sports
どしょっぱで、バックボースハンドダンク、そして超カッコイイアリウープ、是非見てほしい!

もう、全然目が離せなくて、気づけば100点ゲームでウィザーズが勝利し試合は終了。
a0149356_22152869.jpg
ウィザーズは、今までマイケルジョーダンが最後にプレーしていたチーム、位にしか知識がなかったけど、実際に試合を見るとすごく素敵なチームだった。

プレシーズンでこんだけ楽しかったら、シーズン中のゲームはどれほど興奮するんだろうか! なんて考えながらカーティスとバスケ話で盛り上がりながら家に帰る。 
道すがら、バスケットボールは本当にカッコイイスポーツだと改めて思った。 あのスピードと高さとパワーがひしめき合う感じがたまらない。  

アメリカに来て良かった。 またこうやってバスケットを楽しむ事ができて嬉しい限り。




 

 
[PR]
by akko9bun | 2013-10-18 22:25 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(5)

2010年 新婚旅行 イタリア編 その①

2010年 9月29日 

朝6時に起きる。 支度して、ホテルをチェックアウト。
パン屋に寄り、サンドイッチ、クロワッサン、アップルパイなど買って駅へ。
a0149356_23245363.jpg
今日は半日列車移動の予定。 目的地はイタリアのミラノ。

ニースを出発し、乗り換えの為モナコで途中下車。 駅のカフェで時間をつぶす。 
最後のフランスのカフェオレを堪能。 フランス、本当に美味しい国だった。 

19歳の時に初めてフランスへ来た時は、フランス語はおろか英語もロクに出来なかったので、レストランに入る事もなかなか出来ず悔いが残ったけど、今回はフランス語のできるカーティスのおかげで、レストランのメニューも全部訳してもらえたし、わからない事は全部質問して聞いてもらえたおかげで、本当にフランスで食事を堪能できた。   

最悪、言葉ができなくても身振り手振りで旅は出来る。 
でも、食事に関しては絶対言葉が出来たほうがもっと美味しい料理にありつける確率がグンと上がるのは確かだと今回しみじみ思った。

さて、モナコからも何度か乗り換え列車はどんどん海岸沿いをイタリアに向かって走る。
a0149356_23403011.jpg
そして、昼過ぎ列車は無事にミラノ中央駅に到着。  

カーティスはイタリアは今回初めてという事で嬉しそう。  しかしさすがファッションの街ミラノというだけあり、道行く人々は皆すごくオシャレ。 バックパックを担いでいるのがなんだかちょっと恥ずかしくなってしまう。
ともあれ、今夜の宿を探さねばと、バックパックを担いで移動。

が、運よく駅の真横のホテルが空いてた。  
お値段も予算内だしフロントのお姉さんも気さくでいい人。 これでミラノ滞在中は安心。

さて、ミラノの一番の目的は、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にあるダビンチの『最後の晩餐』。 
実は中学生の時、美術の時間でこの絵の事を習った時から、ずっと自分の目で見てみたいと思っていた。
21歳の時、この最後の晩餐がイスラエルにあると勘違いしていた私は、当時住んでいたカイロから、船で紅海を渡りヨルダンへ行き、そこから陸路でエルサレムへ入り、そしてこの最後の晩餐を見に行った、そこには勿論絵はなくて、あったのはその絵の中でキリストが12人の弟子たちと晩餐をしたその部屋そのものだった。正直残念だったけど、その時絵はまたいつか見に行くと決め、その空間をただ感じる事に集中した。

そんな訳で10年越しの『最後の晩餐』。 
が、教会でチケットを買おうとすると2か月待ちだと言われショック。  ダフ屋からでもいいから買いたいと思い回りを見渡すが、残念ながらそれらしき人もいない。
ここまで来て見れないのは辛すぎる。  とにもかくにもまた作戦を練ろうと、カーティスと教会近くにあったパスタ屋さんにふらりと入った。 
すっごく小さいお店だけど、地元の人で賑わっている。 そして運ばれてきたパスタとラビオリは死ぬほど美味しかった。 一皿たったの6€。  さっきのショックが柔らぐ。 このパスタだけでもミラノに来た価値があったと思わせてくれた。
a0149356_1224137.jpg
もしミラノに行く機会があれば超お薦め。
Pasta Fresca da Giovanniというお店。
https://www.facebook.com/pages/Pasta-Fresca-da-Giovanni/259141314099786

午後は、そのままダヴィンチ美術館へ。 色々な発明の元になったであろうデッサンや、他にも落書きみたいなのもあった。 でもどれもこれも美しい。 機能美ってこういう事ねと一人納得。
天才と一言でいうのだと思うけど、偏見のない人というイメージが強く残る。

夕方、ホテルに戻ってフロントのお姉さんと話す。 
すると、『最後の晩餐』を見るための裏ワザ? を教えてくれた。 これで何とか見に行けそう。

その裏ワザを使う為、ミラノ大聖堂の近くにあるツーリストインフォメーションへ。
a0149356_127291.jpg
裏ワザとは、ツーリストインフォで、最後の晩餐ツアーなるものに申しむだけ。 あらかじめ、このツアー用にチケットが抑えられているので空席の確率は、教会で直接チケットを買うよりはるかに高い。 そしてもちろん値段もはるかに高い。
普通で買うチケットの約4倍。  今回は背に腹は代えられぬのでチーンとお買い上げ。 

夜はまたまたフロントのお姉さんのお薦めの食堂を教えてもらい晩御飯へ。 
美味しく、そして安い。  駅の近くなので仕事帰りの駅員さんで賑わっていた。
a0149356_1212391.jpg
やっぱりミラノ風カツレツととピザで。

イタリアも美味しい。


つづく。









  
[PR]
by akko9bun | 2013-10-15 00:17 | 旅の事 | Comments(2)

10月 最近の事アレコレ つづき

その④ 水漏れ

一昨日、そろそろ仕事に出かけようとしたところ、床に水がダーッとこぼれてるのを発見。 
一瞬エアコンかなと思うが、よく見ると天井から雨漏り。 

なんと上の部屋の水道管が割れたんだそう。 幸い気づいたのが早くてそんな被害はでなかったのだけど、このアパート壁はペンキを塗っただけなので水を擦った壁はデロンデロンになり、水分を含んでボロボロ落ちてくる。
a0149356_016775.jpg
修理は家に居なくても勝手に来てやってくれるそうだけど、なんとなく知らない人が不在中に家に居るってのは嫌なので、これからしばらく、修理の間は家にいる事が続きそう。  ま、家でやること一杯あるからいいんだけども。


その⑤ バスケットボール

家の近所に、結構いい感じのバスケットコートを発見。
a0149356_0241117.jpg
これからバスケ好きのカーティスと共に、週末バスケを楽しむ事にした。  
中、高と部活でやっていた時は両手でシュートしてたけど、ワンハンドでスリーポイントを目標に、シュートフォームも修正。
先生は一応、私よりバスケ経験の長いカーティスと後はインターネット。 別に上達してどうにかなろうという訳でもなく、完全に自己満足の為なのだけど、暇なときにYOU TUBE動画を見てポイントを学習して、週末コートで実践する、といった感じ。 

来週は、人生初のNBAの試合も見に行くし、またバスケ熱が高まりそう。
ちなみにカードは、地元ワシントン・ウィザーズ対マイアミ・ヒート。
カーティスがレブロン・ジェームズのファンなので、マイアミがDCに来るのを待っていたのです。

楽しみ楽しみ。


その⑥ 園芸

うちはベランダがないので、野菜を育てたりは出来ないのだけど、窓際園芸でハーブだけは頑張って育てている。  
今居るのは、もう余命いくばくかの紫蘇と、まぁまぁ元気なローズマリー、友達にもらってそのまま茎を土に差しただけなのだけど、なんとか生き延びてくれてるバジル。 そして肥料も何もやってはいないのにグングン育ち勢いがとまらないミント。
a0149356_053173.jpg
このミントの成長に日々驚かされる。 せっかくなのでサラダに使ったり、紅茶に入れたりと結構活用しているのだけど、使っても使ってもどんどんまた生えてくる。

ミントって、こう強いのが当たり前なんだろうか。 ともあれ、たくましい生命力を眺めてるとこっちも元気をもらる。

その⑦ 仕事のオファーをもらう。

9月から通い始めた語学学校の同じクラスに日本人の女性がいて、しかも話してみるとなんと彼女もヨガの先生だった。
アメリカで同じ日本から来て同業のヨガ講師に会えたのはこれが初めて。  しかも、彼女が前に働いていたDCのスタジオのオーナーを紹介してくれ、彼女のおかげで翌週には代講講師として雇ってもらえ、クラスを代講させてもらった。
さらに翌週、その担当したクラスをレギュラーで教えないかとオファーをもらい、DCに来て10ヶ月目にして、やっとレギュラー講師の座をゲット!  
英語のクラスでレギュラー講師になれるのは堪らなく嬉しい。 短いようでここまで長い道のりだった。

アメリカでは本気で何かやりたい人には、国籍も年齢も関係なく本当にチャンスがたくさん落ちてるけど、拾うのに勇気が日本より何倍も要る。 この10か月でなんどもこの勇気が足りず諦めたチャンスがあったけど、今回はなんとか食らいつけて良かった。

日本語で、そして英語で両方ヨガを教える機会を与えられた事、感謝しながら頑張ってこうと思う。
ひとまず、初レギュラーのクラスは明日の朝。  気合い入れて準備しよう。
[PR]
by akko9bun | 2013-10-12 08:54 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)

2010年 新婚旅行 再びフランス+モナコ編 その②

2010年9月28日

朝起きたらすでに午前10時。
昨夜のサバイバルの番組が連続で放送されていた為、かなり夜更かししてしまった。
けれどベッドがふかふかだったので、熟睡。 移動の疲れはスッキリ無くなった。

まずはホテルを出発し海岸へと向かう。
ニースの街は小さいけれど、活気があって元気だ。

途中、お菓子屋さんを発見。 買うと、その場で食べるか、持って帰るか聞いてくれる。
勿論その場で。
a0149356_546767.jpg
フランス菓子、レベル高過ぎ。 

街の真ん中の広場。
a0149356_5471474.jpg

 
ニースの海。  その色はもうウットリしてしまう二色の青色。 
a0149356_5415922.jpg

海を堪能し、その後はランチへ。 せっかくなので奮発して街で人気があるというレストランへ。

前菜にアヒルのムース。
a0149356_550928.jpg
そしてメインはラムと野菜の煮込み。
a0149356_6161266.jpg
ワインも美味しくてついつい飲み過ぎてしまう。 何を食べても飲んでもハズレがない。 
ニース、素晴らしい街だ!

満腹のお腹を抱え駅へ移動。  ここから目と鼻の先のモナコへ向かう。
セレブの街だというけれど、モンテカルロ駅は結構普通。 が、一歩街に出るとそれが分かった。
レストランのメニューも、車さんも、ブティックも全て超高い。 
とりあえず、おのぼり記念に一枚。
a0149356_6205877.jpg
モナコは崖っぷちい作られた街。 なので移動が結構大変そうに見えるが、ホテルなんかのエレベータを上手に使うと楽ちんに移動できる。
a0149356_6442065.jpg
 

そんなこんなで今日一番の目的地。 そう、私とカーティスは一攫千金を狙いに、、というのは嘘だけど、せっかくこないだ007の映画も見たし、ギャンブルをしにカジノへゆく。 
といっても、雰囲気を楽しむだけでいいやと思い、カーティスと5ユーロ賭けてポーカーをしたらすぐに、100ユーロなった。 これがビギナーズラックってやつか。  
そこからはもう粘らず、さくっと終わりにし、カジノで買ったお金で今夜の晩御飯は豪華に行こうということになり、夕方ニースへ戻る。 

晩ご飯は魚介のスープに、イカのサラダ、牛肉のカルパッチョ、フライドポテトなどなど。
a0149356_6485811.jpg
 
今夜がフランス最後の夜。  明日からはいよいよイタリアだ。









 
[PR]
by akko9bun | 2013-10-11 06:49 | 旅の事 | Comments(4)

2010年 新婚旅行 再びフランス+モナコ編 その①

2010年 9月27日

今日はまた移動の為早起き。 
カルメン達はまだぐっすり寝てるが、勝手にシャワーを借り、しっかり朝ごはんも頂戴した。 
こうやって気兼ねなくお世話になってしまえるカルメンに感謝。

最後にもう一度軽くパッキングし、家を出る直前にカルメンを起こす。
借りていた合鍵を渡し、スペイン風の濃厚な挨拶でサヨナラした。
またしばらく会えなくなる。 もしかしたら一生かもしれない。 
最近はフェイスブックやスカイプでいつでも連絡は取れるから、誰かとの別れの重みが随分麻痺してしまっているど、別れの辛さも含めて、それをいい思い出の一つとして受け止めれるようで在りたいと思う。


この日はひたすら移動。 ストライキが長引くせいで特急に乗れない。
想定外の鈍行列車の旅。 まぁいい、時間はある。

バルセロナを出発し、列車で北上。  有名なダリ美術館のあるフィゲラスを通り国境を超える。
その後は地中海にそって、モンペリエ、マルセイユを通過し、その間何度か乗り継ぎ、ひたすら列車にゆられる一日。  
そして、とっぷり日も暮れた頃やっとニースに到着。
ネットで予約したホテルへ向かい、ひと息。 今日は一日ロクな物を食べてないので、美味しいものを探しに夜の街へ繰り出す。  

せっかくのフランスなのに、もうかれこれ日本を離れて2か月、無性にラーメンが食べたくなりこの日の晩ご飯はんは中華。 
a0149356_9585778.jpg
 美味しかった。

夜はビールを買って、ホテルでテレビを見ながらくつろぐ。 
この時見た番組が、 ”MAN VS. WILD” という番組で、一人の若い冒険家が旅行者が遭遇しうるありとあらゆる危険を想定したサバイバル術を紹介するのだか、これがもうビールを飲むのも忘れる位すごかった。

サバンナに不時着した場合、アマゾンで迷った場合などなど、まず普通で暮らしている限り起こりえない状況でのサバイバル方法を実践付きで紹介している。  その実践方法というのが、どれもかなり衝撃的過ぎて目が離せなかった。

日本でもDiscoveryチャンネルで放送されていたそうなので、そういうのに興味ある人は是非見てほしいと思う。


つづく。
[PR]
by akko9bun | 2013-10-10 10:25 | 旅の事 | Comments(0)

10月 最近の事アレコレ

ふー、ここのところ色々ありすぎて、気づけばブログほったらかしにしてしまってました。。。
いかんですねー。 たるんでおりましたねー。
10月にも突入したし、またチョコチョコ更新していこうと思います。
ここのとこ、街中やスーパーマーケットにハロウィン用のオレンジのカボチャが並んでいたり、菊の花が咲き始めたり、季節が変わったんだなぁと実感する日々。


さて、ここ最近の事をアレコレと綴ってみます。

その①  政府封鎖って。。
まず一番はやっぱりアメリカ政府のシャットダウン。 
アメリカの他の州はそれぞれ州の予算があるのであまり問題はないそうだけど、私たちが暮らしているワシントンDCは、政府の特別区とあってその影響はダイレクトにくるんだとか。。

といっても普通に暮らしている分には未だに変化は感じられません。
が、DCの魅力の一つスミソニアン博物館、動物園なんかは全館閉鎖。 これはちょっと悲しい。 
しかし、このタイミングでDC観光を楽しみにやってきた人達はもっとたまったもんじゃないだろう。 

ちなみにここDCでは、一時休職を余儀なくされている政府系の職員に対して、コーヒーが無料になったり、ハンバーガーが無料になったり、ヨガクラスが無料になったりと色々と援助サービスも発動中。

ちょっと面白いなと思ったのは、コーヒーが無料になるところでは、今回政府閉鎖の原因?となった議員の人達がコーヒーを買いに来た場合、逆に値段は倍になるところもあるんだとか。。  



その②  再び学校へ。

9月から語学学校へと通い始めました。 
実はDCの市が無料で運営している語学学校へ最初はいくつもりだったのだけど、入学希望者の倍率が高すぎて、抽選に応募するもあえなく落選。  
そこで、その後カーティスが探し出してくれた近所の語学学校へ行くことに。 キリスト教の教会が運営している語学学校で、料金はかなり良心的というか、ふつうの学校に比べると激安では?と思う。
中南米、ロシア、ヨーロッパ、アジア各方面から生徒も集まっていて中々楽しい。  

授業のレベルは、結構高く、というか主に世界の時事問題を扱ったトピックが多いので知ってる単語が全然追いついてないだけかも知れないけれど、毎回英語で発言する機会が持てるのは助かる。

小さな学食みたいなコーナーもあり、休憩時間にタコスやエンペナーダなど南米系のごはんがわずか数ドルとお手頃に食べれるのも魅力の一つ。
毎回宿題があってそれがちょっと大変だけど、クラスメートとワイワイ仲良く勉強してます。


その③
再び少林寺拳法を始める。
遠い昔、まだ中学生だった頃からかなり本気で習ってた少林寺拳法。 が、大学生になり、バイトや学生生活に夢中になってるうちに続かなくなった。 
ところが、3年前、今度はカーティスが少林寺に興味を持ち、奈良の吉野で習い始め、そこの先生のおかげでなんとかカーティスはギリギリ茶帯までとって、その後渡米。 しかしオハイオに道場がなかった為続けられなかったのだけど、やっとこさ、ここDCで練習を再開。

そして、先日何となくアメリカでの少林寺ってどうなんだろうと好奇心でカーティスの練習にちょっと混ぜてもらってみた。
なんといっても13年ぶりの事。 全部キレイに忘れてるだろうと思っていたけど、やってみると、以外に体が覚えていてビックリ。 まぁキレも形もひどいものなんだけど。。
でも予想外に凄く楽しかった。 ふと、一緒に通っていた弟と毎回道場でケンカしながらも、ジェットリーに憧れて稽古に励んでいた当時の日々を鮮明に思い出す。
高校時代は、蹴り過ぎて足にできた青あざを、制服の時いかにハイソックスで隠すかに必死だった。

色々な青春時代の記憶がよみがえると共に、自分がいかにこの少林寺拳法が好きだったかも思い出し、その場で練習を再開する事を決意。  
今後、どこまで出来るかわからないけれど、カーティスがちゃんと黒帯をとるまでは一緒に練習を続けたいと思う。 



つづく。。。
[PR]
by akko9bun | 2013-10-06 01:50 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)