あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長2mのアメリカ人カーチスに胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

朝フルーツ
at 2017-05-22 11:17
ベランダリノベーション
at 2017-05-19 10:45
ハッピーバースデー!
at 2017-05-01 09:47
7年ぶりのビパッサナー
at 2017-04-25 04:16
2017 春のシアトル その④
at 2017-04-15 04:30

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31
たかおさん>明けましてお..
by akko9bun at 11:19
遅れましたが、明けまして..
by camino0810 at 05:34
ちほちゃん! あけまして..
by akko9bun at 05:31
たかおさん> 街のど真ん..
by akko9bun at 20:59
サンジョセップ市場は、美..
by camino0810 at 05:32
たかおさん> ありがとう..
by akko9bun at 08:11

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
Yoga Temples...
Yoga,Music,F...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

スタジオジブリコレクション@ワシントンDC  その③もののけ姫

ワシントンDCジブリコレクションも3週目に突入。
先週末は、蛍の墓ともののけ姫が放映された。

カーティスからすれば、DVDも持っているのに、なんでまた毎週毎週映画館くんだりまで行くんだ??
と、ここ3週間の私の行動は全もってよくわからんらしい。

しかし、今回のこのジブリコレクションの一発目であるナウシカを映画のスクリーンでみて、改めてその凄さを知ってしまったら、こんなチャンスをみすみす逃す訳にはいかないのだ。  
そして、やっぱり毎回見終わった後は、来てよかった!と感動できる。

そんなこんなで先週末、この3週間事あるごとに映画館で見るジブリの良さを語って来たのが伝わったのか、ついにカーティスも『もののけ姫』なら一緒に行くと言い出した。  

せっかくなので、ちょっと早めに家を出て散歩もかねて映画館まで歩いていく。
DCの便利なところは、京都のように街が碁盤の目のようになっているところ。 
斜めを通る道もあるけれど、基本的に、家と目的の場所の方向さえ分かれば簡単にたどり着ける。

そして見たもののけ姫。 絵のなんとキレイな事。 こんなにキレイだったか?
アニメーションの動きやストーリーももちろん素晴らしいけれど、今回はそれ以上に背景の森や風景と音楽の美しさにノックアウト。  
終って隣のカーティスを見ると、、、、、、、うん、すごく感動していた。
そしてこの音楽が大好きだと、最後のエンドロールが終わるまで居座っていた。

とまぁ、今回遂に映画館で観るジブリの素晴らしさに目覚めたカーティスは、来週からは一緒に来る!との事。 
最初から来れば良かったのに。。。

もののけ姫は、終った後からじわじわと感動が押し寄せてくる。
こうやってブログを書いている今も、思い出すと胸にぐっとくるものがある。


来週はついにラピュタ。
もう、今から楽しみでたまらん!
[PR]
by akko9bun | 2014-03-27 02:10 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)

35歳のカラダ計画 その①

『体と心をきちんと整えていつも健康でいる事』 今年の抱負でもあるけど、これは私の人生の抱負でもある。 体が元気だと、心も自然と健康になるし、その逆もしかり。
一緒に人生を過ごすカーティスの為にも、いつもキレイで朗らかでありたい。 と、いう理想はある。

悔しい事に、(いや、幸いな事というべきか?)別に特に何にもしなくても、カーティスは大抵いつも健康で穏やかだ。  私はヨガの先生なんてやらせてもらっているにも関わらず、心がやさぐれる事だってまだまだある。
なので、こちらの心が荒れてる日なんかには、例えカーティスがいつ通りご機嫌でも、彼に全く必要のない悲しい思いをさせてしまっているのを思うと、本当に申し訳ないし、情けなくなくもなってくる。
そう考えると心身ともに健康でいるというのは、内助の功作戦の中でも最重要項目ではないかっ! と今更だけど再確認。

そんなこんなで年が明けて3カ月経ち、今はこれまでカラダ計画を見直し新しく再デザインしている最中。 

今のところ、まぁまぁ体は健康で病院にお世話になることはないれど、10年後、20年後、そして30年後も願わくば今と同じようにまぁ健康で、医療費に使うお金を、カーティスとの旅行や趣味や自分の勉強に使いたい。

今まで以上に体の事を大切に考え始めて色々と調べだすと、新たに気づく事がたくさんあった。

35歳の今の自分の体、10年前のベスト体重と、今のベストだと思う体重も全然違う。  
これまで10年以上ヨガをして来た事で筋肉の量は増えたし食事の質も変えてきた。 
おかげで、かなりデタラメな生活をしていた20代前半の頃に比べると随分と体の調子は良い。
ただ、根本的な基礎代謝や体の回復力は5年前と比べても確実に落ちてきているのはひしひし実感。 

そういった事を踏まえて、今回は食事、睡眠、デトックス、運動のカラダの部分の見直しから、最終的には自分の生活するアパートメントや仕事の状態、服や自転車や外の持ち物などの自分のすぐ廻りにあるもの、そして映画や本や外から取り入れる情報、つまりライフスタイル全般まで、もっと自分らしく快適にデザインしていきたい。

かといって、一気に色々んな事に新しくチャレンジしたり、今までの習慣をガラッと変えたりすると、まずその変改に疲れそうだし、人間にはホメオスタシスという機能があるもんだから、恐ろしいまでの力で元の状態に戻されてしまう。

ホメオスタシスは、生体恒常性の事で、生物の内部や外部に変化があった場合、その生物の状態を一定に保とうという機能。 

暑いときには汗を出して体温を下げたり、体の水分がなくなってくると喉の渇きを感じたりと、私達が生きていく上でかかせない大切な機能。
例えば摂取カロリーや、一定の栄養を急に減らすダイエットなんかをする時に起こるリバウンドもこの機能が働いているからこそ起こるもの。
さらにこのホメオスタシスの機能は体のみならず心にも影響してしまう。

なのでこれまでの生活習慣、いいところは残し悪ところをホメオスタシスに気づかれないように、そーっと、そしてしぶとーく改善してくつもり。 新しいチャレンジも、ゆっくりやって、きちんと定着すれば習慣になる。 
 
思えば、ヨガを最初に一人で家で練習したときは、本当に継続が難しかった。 
全然気のりしなくて練習しなかった時もあったけど、今では朝起きて朝食の準備をしている間には、もう体を伸ばしたくて、ヨガマットの上に行きたくてウズウズしてしまう。 
朝一のガチガチの体で太陽礼拝したとき、私の場合ダウンドッグで背骨からポキポキーっと大きな音が鳴るのだえれど、それがなんとも気持ちいい。 


そんな感じで現在進行中のカラダ計画。 具体的に何をしているかは、また今度。

ひとまず今はオハイオの森暮らしの頃に比べ、美味しいレストランや素敵なカフェがあちこちにあるDCの、都会の楽しみと共に誘惑も多いこの環境を満喫しつつ、うまくセーブしつつ、食に関してのアレコレをデザイン中。 
[PR]
by akko9bun | 2014-03-25 00:05 | 内助の功作戦アレコレ | Comments(0)

スタジオジブリコレクション@ワシントンDC  その②紅の豚・千と千尋の神隠し

3月から始まったワシントンDCジブリコレクション。

先週末は、『紅の豚』そして『千と千尋の神隠し』を、語学学校の友人二人を連れて一緒に観た。
友人のうち一人は、すでにもののけ姫とハウルは見ていて、もう一人は初ジブリ。

そんな二人と見た午前の部の『紅の豚』 英語のタイトルは『Porco Rosso』 朝早いせいなのか、あまりアメリカでは知られていないせいいなのか、人は少ない。

大人になってから見ると、当時のイタリアの様子、その頃の人々の感じなんかが良く伝わってくる。 
こういうのは子供の頃には全然スルーしていた。 まぁそれでもその頃は十分面白かったのだけど、その背景がわかると自分の中の感情ももっと動くし、ますます面白くなってくる。

それにしても、改めて見たジーナは本当に素敵だった。 
その表情も、しぐさもその声にもすごく惹かれるし憧れる。   
以前、オーストリアにいる友人と紅の豚の話しをした事がある。 彼女は小学生の時に初めてこの映画を見て、見終わったあと、ジーナに憧れてお母さんの化粧道具を持ち出し、青いアイシャドーをつけたんだそう。 
その気持ち、なんだかすごく良くわかる。

『紅の豚』へのアメリカの人々の反応は、よく笑い声があがっていたし上々だったように思う。

さて、今回が初ジブリだったメキシコ人の友人は、紅の豚に大興奮。 
見終わった後も、どうしてポルコは豚になったんだ? この前になにかもう一作ストーリーがあったのか? あの空軍とポルコの関係をもう一回説明して等々、質問が止まらない。  
なので、元々ポルコがイタリア空軍のエースだったところから、その当時のイタリアの背景なぞ私が知っている範囲で説明してみるが、ポルコが魔法にかかるシーンがないのがなんとも腑に落ちないようだった。

それでも今回の『紅の豚』でジブリアニメに対しては大いに興味をもったようで、最初は予定していなかった午後からの『千と千尋の神隠し』も観てみたいとの事で、短い空き時間にダッシュでランチを食べに行き、またダッシュで映画館に戻ってきた。

『千と千尋の神隠し』はアカデミー賞をとってるだけあって認知度も高く、映画館はほぼ満席だった。
子供よりも圧倒的に大人が多かった。 私的には、もちろんこの映画も面白いし大好きではあるのだけど、『紅の豚』を見たときのような、なんいうかドキドキワクワクする気持ちの高揚はあんまりこない。

聞くと、他の友人二人も同じ感想だった。  やっぱり『紅の豚』はいい。 だって本当にカッコいいもん!

今週末はもののけ姫。  見に行く時間とれるかなぁ。
[PR]
by akko9bun | 2014-03-19 22:04 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

遠足

先週、今通っている語学学校で遠足があった。
行先はチャイナタウン近くにある、スミソニアン博物館のポートレイトギャラリー国立肖像画美術館。

語学学校も、もう2学期間も通っているので、その間に自然と友達も出来た。 南アメリカから来ている人が多く、みんな本当に明るく気の優しい人が多い。 ラテン民族って素敵だなと毎回彼らと話す度に思わせてくれる。 そんな彼らと一緒にどこかへ出かけられるのは何とも楽しい。  ええ大人なのに久々過ぎる遠足に妙にワクワクしてしまう。  ちなみに遠足の事を英語ではField Trip というそう。

今回はメトロで移動。
a0149356_22453371.jpg
いつもの地下鉄が遠足だとなんだか違って感じる。  こんな感覚なんだか小学生が中学生以来。 
私だけかもしれないけれど小・中学生の頃なんかは、学校で授業でたまにテレビを見たり、クラスで外に出かけると、束縛されている中から自由の世界を垣間見ている感じがして、普段の日常が妙に眩しく見え、なんだか特別な事をしている感覚だった。

まぁ、そんな事をふと思い出しながらもあっという間に美術館に到着。 
ダウンタウンのど真ん中にドドーンと巨大な建物が聳えている。 スミソニアン博物館はどれも全部巨大だけど街中になるとさらに迫力満点である。
a0149356_2325131.jpg
ポートレートギャラリーは、アメリカンアート美術館と建物を半分こづつ使っている。 なので、一気に二つの美術館を堪能できて一石二鳥の場所。

この建物自体も国定歴史建造物に指定されていて、大統領就任式にも使われた事があるんだそう。 内装も、床のモザイクも素敵なのがたくさんあったけど、なによりここは中庭がすごく良かった。
a0149356_2353149.jpg
巨大な吹き抜けで温かく、水の流れる音が聞こえて実に気持ちが良い。 カフェもWifiもあるし、明るいし、本を読んだり、パソコン持って何かを作業するには結構持って来いの場所かもしれない。

今回は先生のウィリアが色々とこの美術館についての説明をしてくれる。
a0149356_2319377.jpg
 ガイドをしてくれる人がいると美術館や博物館は何倍も楽しくなる事をワシントンDCに来てから知った。 というのも、スミソニアン博物館では毎日何度か無料のガイドツアーがあって、それに参加する度に、こんなに見どころを最短で、そしてガイドブックには載っていない色々な小ネタや秘密を話してくれるので本当に面白く、なんて贅沢だと思わずにはいられない。
しかもガイドの人はほとんどがボランティア。 本当にそこにある美術品が大好きでその情熱をシェアしてくれるのでどの人のガイドもとても個性的で面白い。

今回はこのポートレートギャラリーで特にアメリカの歴代大統領の肖像画を見に来たのだけど、ケネディー大統領の肖像画だけなんだか雰囲気が違い、まるで俳優のように恰好良かった。

帰りにちらりとアメリカンアート美術館を見る。 こちらは現代アート色々とてんこ盛り。
a0149356_23252469.jpg
映像の作品も結構多くて面白い。

さて、そんなこんなで学校の授業の後で、さらにガッツリと美術館巡りをして気づけば腹ペコ状態。
遠足帰りだけれども、ここはもうみんな大人なので、その後みなでハッピーアワーに繰り出し、家路についたのでした。

ちなみに今回行ったハッピーアワーはこのCheff Geoff's (WEBはコチラ)というお店。

ごっつりジューシーなハンバーガーと山盛りフライが半額になり、自家製サングリアも美味しいのでお薦め!
[PR]
by akko9bun | 2014-03-17 23:32 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)

スタジオジブリコレクション@ワシントンDC  その①風の谷のナウシカ

先週末から桜まつりの一環で始まったワシントンDCジブリコレクション。  
これから4月半ばまで毎週末、ダウンタウンにあるE STREET CINEMA にてジブリの映画を一挙公開!
a0149356_851313.jpg
有名どころ全押さえという嬉しいセレクト。 (カリオストロの城がないのがちょっと残念だけど。。。)

特にナウシカとラピュタは、DVDとテレビでこれまで数えきれない程見てきたけれど映画館で見るのは今回初めて。  もしかしたらもう一生こんなチャンスはないかもしれないと思うと、このタイミングでDCに住んでいる幸運を噛みしめずにはいられない。

せっかくだから、こっちで友達になった外国の友達にもジブリを楽しんでもらおうと皆に知らせまくる。

先週末、まず一発目は初映画館でのナウシカを観に行く。 時差ボケ中のカーティスは眠気に負けて家でお留守番。

映画館でナウシカ好きの友人と合流。    ラウンジにはジブリのポスター色々。
a0149356_957968.jpg
シアターの入り口にはジブリのサイン。 
a0149356_958137.jpg
初めて大画面で見るナウシカに、もう最初の15分位ですでに目頭が熱くなる。 
ナウシカ、本当にカッコよすぎる。  セリフもシーンもたいがい知っているのにさらに感動できるってどういう事だ。  30年も昔の作品なのに、テンポ、登場人物、絵、音楽、セリフ、と全てのセンスが良すぎる。  
個人的に一番好きなシーンは、ペジテのブリックからナウシカがメーヴェで脱出する場面。  
あのアスベルの名セリフ『行ってくれ!僕らのために行ってくれ!」』の場面である。
その後ナウシカがトルメキアのコルベットからガンガン襲撃された後、ガンシップからユパ様がブリックに飛び移るシーンでは、アメリカ人の観客から『オォ!』っと歓声まで上がっていたし、他のシーンでも反応も上々で、何だかこちらまで嬉しくなってしまう。 

見終わった後はもう感無量。 こんな言い方おかしいのかもしれないけれど、間違いなく今までで一番素敵なナウシカだった。

来週末は、紅の豚。  学校のクラスメートで初ジブリの友人達を連れて一緒に観に行ってきます!
[PR]
by akko9bun | 2014-03-12 10:16 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(6)

おかえりカーティス

カーティス、10日間のネパールでの仕事は無事に終わったものの、帰りの飛行機は大幅に遅れ、そのせいでカタールからアメリカ行きの乗継便が無くなり、しょうがないからオランダまで飛んで一番早い飛行機を捕まえたもののそれでもアムステルダムで8時間待ち。 さらにはDC到着日の天気は吹雪のせいでさらに到着が遅れ、結局ネパールを出てからやく二日半かけてやっと家に帰ってきた。

海外出張、その響きに憧れていたけれど、今回カーティスを通して随分大変なんだという事が分かった。 

それでも無事に帰ってきてくれてホッと一安心。
その日の晩御飯はカーティスリクエストでメキシカン。
a0149356_865672.jpg
タコスとグァカモレとナチョス。

少ない自由時間に色々とお土産を探してくれていたようで、今回のメインのお土産はコチラ。
a0149356_874355.jpg
ラピスラズリのペンダントと、ネパールで採れたアクアマリン。 両方とも今まで持った事がない石なので嬉しい。 アクアマリンの方は指輪にしてもらうか考え中。

後は、シンギングボールとスカーフ、そして私が愛してやまないHIMALAYAの基礎化粧品色々。
a0149356_8104618.jpg
私はインドに行く時は化粧水は最初の一日分だけ持っていき、あとは滞在中ずっとこのHIMALAYA製品を愛用。 シャンプーから、化粧水、歯磨き粉まで、アーユルベーダを基礎にハーブで作られているので香りがもう最高。 これからしばらくヒマラヤ生活が送れると思うと幸せだ。

そしてシンギングボールはレッスンの持ち運びに便利なように小ぶりなのを頼んだのだけど、ちょうど手のひらサイズの可愛いのを買ってきてくれた。

カーティスが一人で海外にいる間、やっぱりいつも何となく落ち着かなかったけど、こうやって無事に帰ってくれて、ようやく私も一安心。
[PR]
by akko9bun | 2014-03-12 08:27 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(3)

カーティス出張の巻

DC勤務がすっかり板についたカーティス。
しかし、1年に一回程どうしても避けれない出張の仕事がやってくる。  
去年はテキサスだったので国内出張だったのだけど、今年は何故かネパールくんだりまで行かないといけないとの事。 

今回は移動を含めて10日間の日程。
その間私は始めてのDC一人暮らし。

久々に気楽に過ごせるかと思いきや、なんだか妙に落ち着かない。 ごはんを作ろうと思っても、食べてもらう相手もいないので、食事作りも全然身に入らず、カーティスがネパールへ行ってからというもの、朝だけは、グリーンスムージーをきちんと作って飲んでいたけれど、それ以外はアボガドをつまんだり、トマトを齧ったりしてかなり適当な食事ですませてしまった。

が、朝のスムージー以外、あとはかなりデタラメな食生活をというか、ほとんど食べない生活を10日続けてもさほど体重が減らないのを見て、随分と自身の体のメタボリズムが変わってしまったんだと今回しみじみ実感。
35歳を過ぎて、体の代謝も若い頃を比べ随分変化したに違いない。  
のびのびと動きやすい体型を維持できるよう、今まで以上に気を付けないと。 

カーティスがいない間は、カーティスの両親や同僚が色々気にかけてくれ、しょっちゅう電話やメールをくれたり、一緒に外に出かけてくれたおかげで予想以上にあっといういう間に時間は過ぎていく。

そんなこんなでカーティスの出張も無事に終わり、ちょうど昨日カトマンズを出発し、カタール経由でDCに帰ってくるはずだったカーティス。
ところが、”カトマンズからの飛行機が遅延で、次の乗り継ぎも間に合わなさそうだから、今からどうなるかわからん”とメッセージが来た。 
その次のメッセージは ”とりあえずこれからアムステルダムまで飛んで、そこからDCに向かう” との事。  

着々とDCに近づいては来てるようだけど、さらに悪運は重なるもので、これからのDCの天気予報はまさかの吹雪。益々帰ってくるのが遅れる予感。。

今はただ、無事に帰って来てくれるのをただ祈るばかり。

はよ帰ってこーーい!
[PR]
by akko9bun | 2014-03-03 13:23 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

本気で寒い2月のDCアレコレ

今年のワシントンDCの冬は、例年に比べてもべらぼうに寒いらしい。
寒さが特にひどい日は外に出ると、もう息を吸うだけで胸がきしむ感じがして、人生で初めて寒さに慄いてしまったのでそれを聞いて、寒さにビックリしてるのは私だけじゃないと分かってちょっと安心。 

吹雪がひどくなると、カーティスのオフィスも私の通ってる語学学校も休みになるので、2月は思いがけない休日が結構多かったように思う。 
そんな日は外にも出るのもおっくうなので二人でひたすら引き込こもり。 
本を読んだり映画を見たりと、どんどん積もってく雪を横目に、暖かい家の中にある幸せを噛みしめるのもまた幸せ。
a0149356_10531657.jpg
ただ、寒いと本当に外に出るのが億劫になり、気付けばヨガのクラスと英語のクラス以外でほぼ家から出る事もなく二月を過ごしてしまった。

仕事で家を出たときに、買い物も一緒にすましてなるべく外に出ないようにと引きこもりつつ、でも家にいる時間が自然と長くなるので、この際に色々と食べたいけれどDCに売ってないものの開発に取り組む。

その①羊羹
a0149356_115320.jpg
ごっつり濃い抹茶羊羹が食べたくて自力で作る。 寒天とこしあん、そして抹茶を火にかけひたすら練りまくる。 30分位練っってあんこが波打つようになったら型に入れて冷やして完成。  甘さを自分で調節出来るし、しつこいくらい抹茶味にできるのも良し! 羊羹作り結構ハマりそう。  

その②マントウ
a0149356_11103741.jpg
カンフー映画に出てくるような、具のない肉まんみたいなものが急に食べたくなり、イーストを買ってきて人生初発酵。  一次発酵、二次発酵、ほっとくだけでどんどん膨らんでいく生地に結構感動。  
小麦粉とイーストの素朴な味がイイ。  発酵物、結構ハマってしまいそう。

そして、2月から今まで一年通っていたアシュタンガヨガの年間フリーパスの期限が切れたので、この際アシュタンガは自力でちょっと練習してみようと宅練に切り替えてみる。

我が家はワンルームのアパートメントだけど、その中で一番落ち着ける場所を探し、このベッドどカーペットの間の狭い空間に落ち着く。
a0149356_11405874.jpg
 一人で練習というのは、まさに自分次第で練習の質が変わってくるので、私の場合は普段よりもかなりの気合いが必要になってくる。 さぼろうと思えばさぼれるし、もっとストイックにしようと思えばそうも出来る。 

なんだか、誰に見られる訳でもないのだけど、試されているような感覚になってしまう。

こんな感じでひたすら家で出来る事に集中した2月。

あと一月もすれば寒い冬も終わり、きっと春はもうすぐ来てくれるだろうけど、もうちょっと暖かくなるまでは、しばらくこんな引きこもり生活が続きそう。 

桜の春、暖かい春が今は本当待ち遠しい。
[PR]
by akko9bun | 2014-03-03 11:59 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)