あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長約2mのアメリカ人に胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです。


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

夏至と我が家のハーブ達
at 2017-06-21 22:41
屋外フェス用の軽量チェア
at 2017-06-21 02:00
アマゾンプライムと美味しいお米
at 2017-06-18 21:30
6月のコストコ
at 2017-06-18 20:39
自転車が〜!
at 2017-06-16 01:15

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

たかおさーん!  コメ..
by akko9bun at 20:09
自転車、残念でした。白昼..
by camino0810 at 20:27
西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31
たかおさん>明けましてお..
by akko9bun at 11:19
遅れましたが、明けまして..
by camino0810 at 05:34
ちほちゃん! あけまして..
by akko9bun at 05:31
たかおさん> 街のど真ん..
by akko9bun at 20:59

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
Yoga Temples...
Yoga,Music,F...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年クリスマス

クリスマスイブ。 
我が家では24日のディナーが終わった後プレゼントを開ける事になっている。

多分ほとんどの家がそうだと思うけど、アメリカではサンクスギビングが終わるとクリスマスツリーの準備に取り掛かり、12月中にそのツリーの下にどんどんプレゼントが溜まっていく。

一人に一つと決まっている訳ではないので、クリスマス直前はツリーの周りはプレゼントで溢れかえり、なんとも幸せな風景になる。
2年前のカーティスの実家でのクリスマスツリーの周りはこんな感じ。 
a0149356_20463895.jpg
今年のクリスマスはDCにいる事にしたので、我が家も初めて生木のクリスマスツリーを購入。
去年は買いそびれ、プレゼントの置き場に困ってしまい、私がテキト―にツリー型に切った包装紙を壁に貼ってやり過ごしたけど、改めてみたら笑ってしまう。
a0149356_20513371.jpg

今年のツリーは小さいながらもちゃんと生木。
ようやく我が家でもクリスマスプレゼントを、ちゃんとツリーの下に準備することができました。
デコレーションは、カーティスのママが毎年贈ってくれる赤いハートのオーナメントをメインにしたので、乙女な感じ。 来年はこれに金色を加えてちょっと大人っぽく飾れたらいいなぁと既に来年のツリーまで妄想。
a0149356_20543395.jpg

ちなみに、今年のカーティスからのプレゼントは前から欲しかった、ヨガのクラス用の携帯スピーカー、自分用に買ったプレゼントは、ヨガマットの上にひく滑り止めの布。
a0149356_210821.jpg
カーティスに、クリスマスに欲しいものを聞くと、ストレスフリーの平和な時間が欲しいとの事。 今年は、本当に頑張ったカーティス、なのでクリスマスの休暇は文句を言わず、ニコニコ出来るように頑張ることに(笑)
ただ何にも無だと寂しいので、ちょっといいラムをプレゼント。
a0149356_2132120.jpg
友達に教えてもらったすっごく美味しいラム。 香りは甘く、飲むとサラリとしたウィスキーのような感じ。 超お薦めです。

クリスマス当日、今年は初めてハムに挑戦。
といってもほぼ出来上がったハムの塊を買ってきて、味付けして焼くだけ。
a0149356_2173711.jpg
今回は9ポンドのハムを買い、それにマスタード、ニンニク、ブラウンシュガー、アガベシロップ、オニオンパウダーを混ぜたものを切れ目を入れたハムに擦りこみ、ビールを一本上からかけ、途中何度か肉汁をかけ直し、3時間程180℃で焼き上げ完成。
a0149356_2110111.jpg
初めての割にはまぁ成功。 バージニアに住むカーティスの幼馴染カップルと私のクラスメートのロシア人とその旦那さんを家招き、今年は実家に帰らない組でみんなでディナー。
a0149356_21131928.jpg
サイドディッシュはスキャロップポテト、ローストブリュッセルスプラウト、ベイクドキャロット、コーンプディングそしてスタッフィン。
このメインディッシュの前に、実はチーズにサラダと結構食べていたので、お腹がはち切れそうだった。 でもみんなで食べると益々美味しい!

デザートはブラジル風プリン。 ホリデー中はブラジルに帰ってるクラスメートに写真を送ったら偶然彼女のクリスマスデザートもこのフランだった。 コスタリカに帰ってるクラスメートは、常夏のビーチでクリスマスの写真を送ってくれた。 12月にビーチで遊べるなんて素敵すぎる。
a0149356_2116585.jpg
ディナーの後はみんなでモノポリー(笑)
a0149356_21181121.jpg
結果はカーティスの圧勝。 

というか、白熱しすぎて夜中12時廻って一人しか破産してなかったので、やむなく強制終了。
その時点で一番リッチだったカーティスに軍配が上がったのでした。 

そんなこんなで、今年はオハイオに帰れなかったけど、友達と楽しく過ごしたクリスマスでした。
[PR]
by akko9bun | 2014-12-28 21:19 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)

12月アレコレ

今年も気づけばあっという間に年の瀬。

師走なだけに、今月は輪をかけて忙しい。
関係ないけど、風流な和風月名の中で師走だけがなんだかギャグみたいに感じるのは私だけでしょうか?
だって、師走と聞くとどうしても袈裟をはためかせて奔走する必死なお坊さんが頭に浮かんで笑けてくる。

そして2010年の11月にアメリカに来たので、在米生活も既に5年目に突入。
もう、英語にまだ慣れてなくて、、なんて言い訳はもはや出来ない状況。

振り返ると、この5年、色々な人に助けてもらってなんとか暮らして来れた。
最初は知り合いも誰もいなくて、カーティスのお母さんが唯一の友達(お姑さんだけど。。)で、金魚のフンのようにどこに行く時も着いてくる私を一度も迷惑がらずにいてくれたし、毎日アメリカで暮らして行くための知識を教えてくれた。

カーティスの両親にはもう返せないほどの恩をこの5年間で受けてしまった。
早く孫の顔を見せてあげれたらいいのだけど、今の所その兆しは全然来てくれない。

さて、そんなこんなで12月の出来事アレコレです。

その① 外ごはん
12月は出費がかさばるので、極力外食はさけてたのだけど、たまに衝動的に食べたくなるものだけ食べに行ってきました。
まずは飲茶。 いつものRossynにあるチャイナガーデンにて。
a0149356_13144351.jpg
そして、またまたいつものPho75のフォー。
a0149356_13155677.jpg
そして、カーティスが時々無性に食べたくなるというタコス。
a0149356_13271992.jpg
 どれも自分では到底作れない味を堪能。

その② NBA
学生時代はバスケをしていて、ガードから始まり身長が伸びる度に、フォワード、そしてセンターへとポジションが変わっていったけど、ガードの時が一番面白かった。

今NBAで一番気になる選手は、ミネソタティンバーウルブスのリッキー・ルビオというガードの選手。 レブロン・ジェームスみたいなドカーンとパワフルなプレーでなく、ソフトなプレーが逆にNBAの中だと目立ってみえる。 彼のパスは本当に素晴らしくて動画を見る度に感動してしまう。

そんな彼がプレーするところをどうしても見たくて、ウルブルズがDCに来るのを待ち、やっと見れると思ってたのに、なんと今回は怪我で欠場。  スーツ姿でベンチに座る彼の姿を見るしかなかったのが悔しいところ。 が、ゲーム自体はすごく面白かった。 今年のウィザーズ、なんかすっごいカッコイイ! 
a0149356_14404311.jpg
 念願のリッキー・ルビオのプレーは見れなかったけれど、やっぱりNBAは面白い!  来年また見に行こうっと。

その③ 鍋パ
お友達とヨガの生徒さんとでキムチ鍋。
a0149356_13443791.jpg
日本から持ってきたカセットコンロを使う機会があってよかった。 やっぱり鍋はいい。 友人が作って来てくれたパジョンに、チーズ。 チーズは意外にもキムチ鍋のお供に良くあった。
そして、キムチ鍋とは言ってるけど、実際には間違ってカクテキを買ってきてしまった私のせいで、大根キムチ鍋となってしまったのでした。


その④ 和食のおもてなし
カーティスには、いつも前日の晩御飯の残りものをメインにお弁当を持って行ってもらってるのだけど、それを毎回見てる同僚とボスが、日本の家庭料理に興味があるという事なので、狭い我が家に来てもらった。 
何時もカーティスが食べてるようなのがイイとの事だったので、この日のメニューは我が家で良く作るもの中心で。 
a0149356_1404846.jpg
 インゲンの胡麻和え、ごぼうサラダ、キュウリと海藻の酢の物、もやしのナムル、豚とアルグラの唐辛子和え、ちらし寿司。 メインディッシュは写真撮り忘れたけれど、山盛りの鶏のから揚げとモダン焼き。
そして、多分食べれないだろうけど、ネタとしてイカの塩辛(笑) イカの塩辛について説明するとき、生のイカと内臓を塩で漬けて発酵させたもの、というと大抵の人は、”エゥ~(ゲーっっていう意味)”となる。 けれど、今回のゲストはカーティスのオフィスの人々、みんなこれまでに世界の色々なとこに赴任して揉まれてきたので、果敢にも全員挑戦してくれた(笑) 

今回はボスも登場だったので、ちょっと緊張したけれど、すごく優しい人ですぐに打ち解けられた。
同僚の人達もみんないい人達だったので、なんだか一安心。

一度奈良でヨガを通じて知り合った方のお家に呼んでもらった事があって、その時に受けたおもてなしが今でも忘れられない。  
掃除が隅々まで行き届いて気持ちの良くセンスの良いお部屋に、活けられている花も美しく、綺麗な着物の帯をテーブルランナーとして使ったテーブルコーディネイトもため息が出るほど素敵なうえに、重ねられたすべての食器が美しかった。 
バカラのシャンパングラスに注がれたのは、映画カサブランカの名セリフ『君の瞳に乾杯』のMumm。 自宅にプロのシェフを呼び、すぐ側のキッチンから出来立ての美味しいお料理を頂く。もちろん出された料理はどれも絶品。 お家でフルコースという考えられない位贅沢な時間を過ごさせてもらった。

そして何より、こんなに良くしてもらえて、大切に思ってもらえて本当に有り難いという気持ちで一杯になったのを今でも鮮明に思い出せる。 

今はまだ小さなアパート暮らしで、バカラのグラスもないけれど、せめて我が家に来てくれた人には私があの時感じた気持ちを少しでもシェアできたらと思う。

おもてなしの心、まだまだ彼女の域に到達するのは無理だけれど、お手本は見せてもらったので、この経験を胸に日々せっせと磨いてゆけたらと思う。
[PR]
by akko9bun | 2014-12-27 14:39 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)

2014 サンクスギビングその後②

余ったサンクスギビングのターキーで引き続き新メニューに挑戦中。

・ターキー生春まき
a0149356_554668.jpg
サラダリーフも結構大量に残ってたので、ターキーと共に一石二鳥で消費。 
パクチー、ミント、青ネギを結構多めにいれたので、気になるあのターキー臭は無。

・ターキーアイリッシュシチュー
a0149356_5555398.jpg
ターキーレッグと手羽の部分を使う。 後は冷蔵庫の中の野菜を適当に入れ、ビールで煮込んで出来上がり。私はターキーの匂いがどうにも気になるので、今回は胡椒めっちゃ多め。

・またまたターキーサンド
a0149356_611838.jpg
残ってたゴルゴンゾーラも投入してかなーり濃い味のサンドに。 

・ターキーサラダ
a0149356_601621.jpg
最後に余った小さく細切れのターキーは、ターキーサラダとしてカーティスのお弁当に。

これにて今年のターキー全て終了!! ヤッター! なんとか食べきったぞ!
来年も、またきっとターキーを焼くだろうけど、残ったら新メニューで乗り切ろう。


おまけ。 
余った照り焼きソースでみたらし団子
a0149356_662197.jpg
豆腐ともちこ同量入れて混ぜて、ゆでるだけの超手抜きみたらし。
[PR]
by akko9bun | 2014-12-06 06:14 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)

ホリデー明けのヨガクラス

まさに食い倒れたサンクスギビング。 
どの家庭でも家族が集まり、大いにご馳走を食べまくるこの祝日は、日本の実家のノンストップで食べ物が出てくるお正月にちょっと似てる。

重い胃をひきずって、土曜日は朝からクラスが一本あるので出かける。
というか、私のクラス以外ほぼみんな先生がホリデーで家族の元に帰っているのでキャンセルされている。  
外は寒いし、こんな日に生徒さん来るんだろうか? と思いながらスタジオ到着。

この寒い中、暖房の調子が悪くひんやりしたスタジオ。
a0149356_7544694.jpg
サブの小さいヒーターをフル稼働して部屋を暖める。

私が今クラスをさせてもらってるスタジオは、DCの中に6つブランチがあり、ここはその中でも一番小さい定員20人のスタジオ。 満員の時は、アジャストに回るのも大変な位キッチキチになるのだけど、そんな時はなんとなくインドのマイソールぽっくてちょっと嬉しくなる。

寒い中やって来てくれた今日の生徒さんは6人、全員サンクスギビングは食べ過ぎたー! と言っていた(笑)
たった6人だけのスモールクラスになったけど、その内2人は膝と股関節の手術後、他の二人はそれぞれ14週、40週の妊婦さん、そして最後の二人は毎回クラスに来てくれるアドバンスの生徒さん。  
それぞれ体を動かせる範囲が全然違うので、同じクラスで満足してもらうとなると、インストラクターの力量が試される。 

幸い6人だけだったので、アドバンスの人にはハンズアジャストをガッツリ、リハビリ中の人と、マタニティの人達には、それぞれ動かせる範囲が違いすぎるからもう名指しで、このポーズはこのモディフィケーション(簡単バージョン)でと口と動きで全ポーズ説明。 

心の中で一瞬、妊娠40週目の人がもし破水したらどうしよう、とかリハビリ中の一人はヨガ習いたてっぽいから、負荷かけすぎてないかなと、色々考えてしまった結構スリリングなクラスだったけど、なんとか無事終了。  

ワークショップ一本やり終えた位の疲労感と達成感。
なんか、今日は色々試された気がする。

昔整体師をしていた頃のお師匠さんに、常に自分の最高の状態で仕事をしてないと、いざというときにその最高のクオリティは絶対に出せない。 と言われ続けていた。 
慣れない英語で教えるという事に必死になってるつもりで、ヨガをすることで広がる可能性をしっかり伝えるという基本的な事、無意識に二の次にしていた所があったんじゃないかと思う。

ホリデー明け、一発目に色々と反省させられた。
師走にはいり、これからクリスマス、お正月と心が浮足立つ機会も多いけど、気合い入れ直してまた頑張るぞ!
[PR]
by akko9bun | 2014-12-01 08:54 | YOGAの事 | Comments(0)