あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長約2mのアメリカ人に胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです。


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

お野菜色々頂きました。
at 2017-10-10 22:08
おかえりカーティス、そして愛..
at 2017-10-09 10:40
久々にIKEA!
at 2017-09-27 01:03
オキシクリーン 使ってみました。
at 2017-09-27 00:03
9月 今月のコストコ
at 2017-09-26 07:04

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

初めまして! お返事遅く..
by akko9bun at 21:14
初めまして。ニューヨーク..
by NYC at 11:01
たかおさん> なるほど!..
by akko9bun at 01:46
ベランダ栽培楽しみですね..
by camino0810 at 05:17
たかおさーん!  コメ..
by akko9bun at 20:09
自転車、残念でした。白昼..
by camino0810 at 20:27
西塚様> こちらこそ、宜..
by akko9bun at 07:56
chakki24様> 初..
by akko9bun at 01:43
たかゆきさん>あけまして..
by akko9bun at 09:50
あけましておめでとうござ..
by たかゆき at 08:31

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
フランスの田舎で畑、子育...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

新婚旅行 イタリア編ラスト その⑧ バーリ

2010年 10月6日

朝、またまた早く起きるが体が重い。 昨日飲み過ぎたか?

パッキングしながら朝ごはん。 チェックアウトし、駅へ向かう。 
ローマの駅の雰囲気はこんな感じ。
a0149356_22155822.jpg
今日はこれから、ギリシャ行の船が出ている港街バーリへ向かう。

今日の列車はファーストクラス。 車内サービスもあり、シャンパンもワインも選べる。

窓から見えるイタリアの田舎の風景はどこも素敵だ。
時間通りに列車はバーリに到着。 
ツーリストインフォメーションを探すが、閉まっていた。
しょうがないので自力で港行のバスの時間を探し、ランチのお店探し。
今日のランチはイタリア最後のご飯だからすごく重要。 美味しいレストランに行きたい!

おじさん達5,6人が働いているハム屋さんに入って、この辺でお薦めの美味しいレストランがあるか聞く。
おじさん達、全員一めぐり思考をめぐらした後、全員同時にそれぞれのお薦めのレストランについて一気に話し出すもんだから、それが面白くてつい吹きだしてしまう。

結局そのおじさん達お薦めのレストランは運悪くこの日は閉まってたのだけど、その近くで沢山の人で賑わっているレストランに入った。
a0149356_22165397.jpg
フィレンツエ程ではないけれど、良い素材でシンプルな味付け。
a0149356_22175675.jpg
素朴な美味しさのイタリアン。
いつか、本格的に料理を習う機会があったらイタリア料理を習いたいと思う。

その後は、時間もあったし一時間程歩いて港へ。 
港にいったらすんなりギリシャ行のチケットも買えた。
ユーレイルパスを使い、シーズンオフだったこともあってお値段1人7ユーロ。 安い!
a0149356_2222656.jpg
ビールを買って船に乗り込み、夕日を眺める。
a0149356_22183782.jpg
これでイタリアともお別れ、明日からはギリシャだ。

夜は、お昼に食べきれなくてテイクアウトしたピザを食べ、無料でDVDが借りれたので、グラディエーターとカンフーパンダを見る。 

安いチケットだったので、普通のシートで一晩過ごさないといけないのだけど、ガラガラだったので、シート一列独占して横になって眠れた。 幸せ。
[PR]
by akko9bun | 2015-02-26 22:13 | 旅の事 | Comments(0)

新婚旅行 イタリア編 その⑦ ローマ二日目

2010年 10月5日

昨日早く寝たのに朝までグッスリ。 時計を見ると朝八時前。 一回も起きなかった。
少しゴロゴロして、シャワーの後、9時頃にホテルの人が部屋まで朝食を届けてくれた。
a0149356_8273289.jpg

朝ごはんを食べながら、ローマパスガイドを読む。
a0149356_82853.jpg

今日はまずメトロに乗って、スペイン広場へ。
a0149356_8283939.jpg
そしてここからバチカンへ向かって歩く。
が、途中、両側に天使の像が立ち並ぶサンタンジェロ橋を渡っているとき、超くだらない事でカーティスとケンカ。この余裕のない貧乏旅行のストレスがお互い心からこぼれ出してしまった感じ。
a0149356_8294715.jpg
が、なんとかバチカンに入るまでに仲直り。
a0149356_8304754.jpg
 そして久々のサンピエトロ寺院。 
a0149356_9162376.jpg
豪華なのだけど、シックな感じもする院内。 

バチカン美術館へ。 前にも来た事あるはずなのに、ほとんど覚えていない。
下を向くと精妙なモザイク
a0149356_99106.jpg
上をみれば延々続く天井画。
a0149356_98346.jpg
  バチカン美術館、全てが濃厚過ぎる。
ラファエロの間を抜け、システィーナ礼拝堂へ。
a0149356_9102228.jpg
 有名なミケランジェロの天井画は写真NGだったけれど、ちゃんと自分の目で見る事が出来て幸せ。  

こういう所は、大人になってから来た方が何倍も楽しめる。 
旅のテクニックは10代20代で学び、じっくり味わえるのは30歳超えてからだな。
a0149356_9123218.jpg

ヴァチカンを堪能した後は、ピザ好きカーティスの為ピッツエリアが密集しているらしい、テレヴェというエリアへ向かう。
ぶらぶら歩きながら、気になったピザ屋へ入り、一切れづつ買って楽しむ。 
a0149356_9131189.jpg
ここのピザはどれも全部美味しかった! ピザ好きの人にはお薦めエリアです。

最後にカーティスはローマ初めてなので、真実の口も見に行って、その後ホテルへ戻る。
a0149356_914523.jpg
実は今日はカーティス、朝からあんまり体調が良くなかったのだけど、ホテルに戻る頃にはかなりヤバそうな感じに。

そんな訳でカーティスをホテルに残し、一人街へ出て夕食を調達。
ローストチキンにフォカッチャ、プロシュートとお惣菜を買ってホテルへ戻り、ベッドに広げて食べる。
a0149356_9145348.jpg
このシチュエーション、前にインドに行ったときと似てる。 その時もカーティスは病気で外に出れず、私が外で食べ物を調達して来てベットで食べた記憶が。 けどあの時よりもベッドで食べる食のレベルは桁違いに上がってる。 

今日はもう食べたらすぐ就寝。
良く歩いた。
[PR]
by akko9bun | 2015-02-25 08:26 | 旅の事 | Comments(2)

新婚旅行 イタリア編 その⑥ ローマ

2010年 10月4日

朝食の後、少しメールをチェック。
その後、最後にフィレンツエを散歩し、帰りにスーパーに寄って、この日のランチなど色々買いこむ。
a0149356_6443230.jpg
 
ホテルに戻りチェックアウト。 今日はこれからローマへ向かう。
途中で一度乗り換え。 このフィレンツエからローマへ向かう列車からお風景は、まさにダビンチの絵の背景のような風景が広がっていた。
a0149356_6435721.jpg
この日のランチは列車の中で。朝スーパーで買ってきたハムやチーズ、そしてパン。
その後30分程遅れたけれど、列車は無事にローマおテルミニ駅へ到着。

そのまますぐに駅にあるインフォメーションデスクへ向かい、25ユーロでローマパスを購入。 
このパスで3日間公共の乗り物が無料、美術間なども2つ無料ではいれ、さらに他にも割引が色々受けれる。 バチカン美術館には使えないのが残念なところ。

そこから、まずはネットの格安ホテルサイトで探したホテルへ向かう。 
インターネットって本当に便利。

ホテルを探すが、最初全然見つからない。 住所のメモを頼りにさまよい、なんとか発見。 普通のアパートメントの部屋をホテルに改装したようだった。 看板も何もないんだもの。 そりゃ気づかないよ。

ホテルで少しひと息つき、その後は街へ。 
まずはメトロでコロッセオへ。ここも10年ぶり。
a0149356_7352226.jpg
小雨だったので人が少なくその分ゆっくりと見れた。 
期間限定の古代ローマのエキシビションで、結構微妙なものあったりで面白い。
a0149356_7372220.jpg
多分、これは三又の槍を持ってるから、ポセイドン? 

コロッセオを見た後は、トレヴィの泉へ。
a0149356_7393085.jpg
カーティスと二人、コインを投げる。  
しかしこのトレヴィの泉、こんなにもかっこ良かったのか。 正面に立つと、彫刻達がこっちに向かってくるような迫力。

ローマは街中博物館のよう。 歩くだけで色々な像や建物に出会える。
a0149356_7411270.jpg

今日はローマでデート。 新婚旅行中は毎日デート出来るのに、バックパックの重さと移動時間の長さなど、旅程の過酷さにその事をついつい忘れがち。

そしてローマの中でもイチオシの場所、パンテオンへ。
a0149356_7432862.jpg
ため息がでるほど素晴らしいロタンダ。 キリスト教系の建物の中で、ここが一番すきかもしれない。

その後も街を散策しながらホテルへ向かう。 ホテルの近くのレストランへ入って夕食をとったが、私達はフィレンツエの料理の味付けの方が好き。
a0149356_74645100.jpg
ローマではもうレストランに行かなくてもいいかも。
キャンティを一本買ってホテルへ戻る。

今日は久々に良く歩いた。 
一日を振り返ると、すぐ心に浮かぶのはパンテオンのドームと、ベネツィア宮殿の神殿のようなあの雰囲気。

ローマ、本当に素敵な街だな。
[PR]
by akko9bun | 2015-02-25 07:33 | 旅の事 | Comments(0)

新婚旅行 イタリア編 その⑤ フィレンツエ二日目

2010年 10月3日

今日は日本にいる妹の誕生日、イタリアからおめでとう!

ホテルでサーブされて朝ごはんを食べた後は、まずアカデミア博物館へ。
写真は撮れなかったけど、ついに生ダビデを見る! 素晴らしくカッコイイ。 
気づけば結構長い間ダビデ像ばかりを眺めていた。   
多分普通の美術館で、ここまで裸像を見つめ続けてたら変態だと思われるかもしれないが、ここはフィレンツエ、さらにこれはミケランジェロのダビデ像。 今目に焼き付けなくて、いつ焼き付けろというのだ!  

アカデミア博物館を出たら、すでにお昼近くになっていた。
その後はまたフィレンツエ大聖堂を少しだけ見物。 なんて素敵な建物なんだろう。
a0149356_22375059.jpg
今日のランチはパスタ。
a0149356_22383673.jpg
イタリアに来て色々なパスタを食べたけれど、食感的には乾麺のしかもスパゲティが一番好き。

ランチの後はウフィツィ美術館へ。 が、ここももう大行列。 どこもかしこも人だらけ。 10年前に来た時より人も10倍位になってるような気がする。 さすがに待てないので、3時間後に入れる予約券を買い、その間、他の場所を観光。
a0149356_22522828.jpg
大人気のベッキオ橋。
ポンテベッキオの橋の上にある宝石屋さんを覗いたりして、歩いてミケランジェロの丘へ行く。ここからの見晴は素晴らしかった。
a0149356_22542519.jpg
あぁ、カーティスと一緒にここに来れて良かったなと心の底から思う。

そして、やっと時間が来たのでウフィツィ美術館へ。 ボッティチェリのビーナス誕生、ダビンチの受胎告知、ミケランジェロの聖家族、もう素晴らしい作品がこれでもかというくらい出てくる。
今まであまり気にした事無かったけれど、フィリッポ・リッピの絵がすごく印象に残った。 
そして、ミケランジェロの絵は、他のと比べるとすごく色使いがポップ。 色使いだけで見ると、他の巨匠よりすごく個性的に感じる。 

ウフィツィ美術館を堪能した後は、一度ホテルに戻りちょっと休憩。 
カーティス、今日はちょっと調子悪そう。

夜、またまた”l'Brincello” へ。

今日はトマトのパスタ、ミネストローネ、ポルティーニソースのステーキをオーダーし、最後にティラミスで〆
a0149356_23135849.jpg
ここは本当に何を食べても、感動する美味しさだった。 最高。

フィレンツエに来て本当に良かった。
[PR]
by akko9bun | 2015-02-24 23:15 | 旅の事 | Comments(1)

新婚旅行 イタリア編 その④ フィレンツエ

2010年 10月2日

今日の朝はゆっくりのんびり。 
朝ホテルにあるテレビをつけると何故か『老人と海』。 思わず見入ってしまう。 

しかしこのミラノの 『HOTEL Central Station』は本当に居心地が良かった。
駅へ向かう前に、食品雑貨店で、パンとチーズ、ライスコロッケを買う。

今日は二等列車でフィレンツエへ向かう。 このクラスで全然十分。
電車の中で、買ってきたチーズやパンで朝ごはん。 
買ってきたパルメジャーノチーズの美味しい事!
a0149356_721224.jpg
途中で一度列車を乗り換え、フィレンツエのサンタマリア・ノベッラ駅へ無事到着。
ネットで調べておいた安宿に向かう。 久々のドミトリー。 巡礼の時を思い出す。

泊まったのは駅から歩いてすぐの 『Hostel Archi rossi』 若者むけのホステル。 
壁は旅人が書いた落書きで埋め尽くされてる。
a0149356_922450.jpg
さて、荷物を置いて身軽になったらすぐに、フィレンツエの街を探検。 途中で駅にも立ち寄って、次の行先のローマへのチケットも買っておく。 これで一安心。

駅から歩いてすぐの市場へ向かう。 生ハムやバルサミコ酢の試食をたくさんさせてもらう。
生ハム、丸ごとかっても4千円しない。 安い!
a0149356_914261.jpg
ふらっと寄ったオリーブオイルのお店に日本人のスタッフの人もいて少し話す。 フィレンツエで人気のレストランを教えてもらった。 

その後、ドゥオモを通って街の中心にある広場へ。
a0149356_9164199.jpg
素敵なドゥオモ。 
広場に出ると、今日は年に一度のワイン祭りの日だった。 
今回はやたらとお祭りに遭遇する。 
10ユーロでワイングラスを買い、街の中にある色々なワイナリーのステーションの中から三つを選び、試飲できるというもの。 キャンティから始め、白、ロゼと楽しむ。 美味しかったー!

そして、夜はカーティスがすごく楽しみにしてたフィレンツエ風Tボーンステーキを食べに、昼間教えてもらったレストランへ。 『ⅼ’Brincello』という小さいレストラン。
ここはもう、この旅で食べた美味しいものベスト3に絶対入る!
a0149356_9254683.jpg
ステーキに行くまでに、カーティスはラグーパスタ、私はニョッキを注文。 食べた後、思わず顔がにやける美味しさ。
そしてメインのTボーンステーキ。
a0149356_9284842.jpg
フィレンツエがあるトスカナ地方は美味しいお肉で有名。 このステーキも塩コショウだけのシンプルな味付けだったけど、最高に美味しい。 もう、美味しすぎてカーティスと一緒に感動しっぱなし。

フィレンツエに行く方、このレストラン、超お薦めします!
ホテルに戻る帰り際、ジェラート屋さんでデザートタイム。
a0149356_933238.jpg
アイス好きのカーティスは本当に幸せそう。
a0149356_9352624.jpg
フィレンツエ、一ヶ月でいいから住みたい!
[PR]
by akko9bun | 2015-02-24 09:38 | 旅の事 | Comments(1)

新婚旅行 イタリア編 その③

2010年10月1日

今日はくもり空。 近くのBALでサクッと朝ごはんを済まし、フォカッチャをおやつにテイクアウト。 ユーレイルパスのおかげで今日はユーロスターのファーストクラスで移動。
すごくモダンでキレイ。 ビックリなの普通にペットと一緒に乗車できるところ。

どの子もほんとうに良い子で、2時間半位の道のりだったけれど、ずっと大人しくしてた。
ちゃんと躾られているんだろうな。
a0149356_525268.jpg
私たちの前に座ってた夫婦のワンちゃん。 下を覗くといつも目が合う。 可愛い。

ベネチアの手前の ベネチア・メストレ駅からベニスまでは、海のすぐ上を列車が走り、車内から見るとまるで海の上を走ってるかのよう。
a0149356_5292522.jpg
ベニスの駅を出ると目の前はすぐに運河。 なんだか遊園地みたい。
a0149356_5322953.jpg
街を探検する前にちょっと腹ごしらえ。 冷たい白ワインと、ツナサンド。  
a0149356_5332654.jpg
こういうサンドイッチバーみたいなのすごく良いな。 冷えたワインをキュッと飲んで、小さ目のサンドイッチで小腹を満たし、みんなすぐまたどっかへ立ち去っていく。 
日本の駅にある蕎麦屋さんみたいな感じ?

その後はヴァポレットという水上バスにのり、サンマルコ広場へ向かう。
a0149356_5395046.jpg
ベニスは水の都というだけあって、玄関開けたらすぐ運河という家がいっぱい。 
a0149356_54118.jpg
ゴンドラは今では観光客専門。 普段の庶民の足は、水上バスか、小型の船なんだそう。 
a0149356_54319.jpg
ベニスではタクシーも船。
a0149356_5432737.jpg
サンマルコ寺院は、運悪く修復中、しかし見える分だけでもキンキラキン。 
a0149356_5454413.jpg
サンマルコ広場はとてもキレイなんだけれど、人が多すぎる。 人に酔いそう。

せっかくだから遅めのランチをベニスで。 
a0149356_5561661.jpg
カーティスはシーフードフライ、私はラビオリのサフランソース。 
イタリア、本当に美味しい。

この後は、仮面屋さんを色々見て回る。
a0149356_5465577.jpg
こんなのつけてカーニバルに行ったらすごく楽しそう。

しかしベニスの街、ラビリンスのように細い道が入り組んでいる。 歩いてる内にだんだんどこへ向かっているのか分からなくなってくる。 

おやつにピザを食べて、またまた頑張って駅目指して歩く。
a0149356_64694.jpg
疲れたら途中でバルによってビールを飲んで、夕暮れになってやっと駅に戻ってこれた。

ヴェネツィアはキレイだけど住めないな。 毎日迷って家に帰れなさそう。
帰りもユーロスターにのって、ミラノへ。  このホテル、なんだかすごく落ち着く。 
アトラスという度数12%の濃いイタリアビールを飲んで、就寝。 
a0149356_643978.jpg
今日は念願のベニスに行けたけれど、なんだか迷い疲れた。
[PR]
by akko9bun | 2015-02-24 06:02 | 旅の事 | Comments(2)

新婚旅行 イタリア編 その③ ベニス

2010年10月1日

今日はくもり空。 近くのBALでサクッと朝ごはんを済まし、フォカッチャをおやつにテイクアウト。 ユーレイルパスのおかげで今日はユーロスターのファーストクラスで移動。
すごくモダンでキレイ。 ビックリなの普通にペットと一緒に乗車できるところ。

どの子もほんとうに良い子で、2時間半位の道のりだったけれど、ずっと大人しくしてた。
ちゃんと躾られているんだろうな。
a0149356_525268.jpg
私たちの前に座ってた夫婦のワンちゃん。 下を覗くといつも目が合う。 可愛い。

ベネチアの手前の ベネチア・メストレ駅からベニスまでは、海のすぐ上を列車が走り、車内から見るとまるで海の上を走ってるかのよう。
a0149356_5292522.jpg
ベニスの駅を出ると目の前はすぐに運河。 なんだか遊園地みたい。
a0149356_5322953.jpg
街を探検する前にちょっと腹ごしらえ。 冷たい白ワインと、ツナサンド。  
a0149356_5332654.jpg
こういうサンドイッチバーみたいなのすごく良いな。 冷えたワインをキュッと飲んで、小さ目のサンドイッチで小腹を満たし、みんなすぐまたどっかへ立ち去っていく。 日本の駅にある蕎麦屋さんみたいな感覚なんだろうな。
その後はヴァポレットという水上バスにのり、サンマルコ広場へ向かう。
a0149356_5395046.jpg
ベニスは水の都というだけあって、玄関開けたらすぐ運河という家がいっぱい。 
a0149356_54118.jpg
ゴンドラは今では観光客専門。 普段の庶民の足は、水上バスか、小型の船なんだそう。 
a0149356_54319.jpg
ベニスではタクシーも船。
a0149356_5432737.jpg
サンマルコ寺院んは、運悪く修復中、しかし見える分だけでもキンキラキン。 
a0149356_5454413.jpg
サンマルコ広場はとてもキレイなんだけれど、人が多すぎる。 人に酔いそう。

せっかくだから遅めのランチをベニスで。 
a0149356_5561661.jpg
カーティスはシーフードフライ、私はラビオリのサフランソース。 イタリア、本当に美味しい。

この後は、仮面屋さんを色々見て回る。
a0149356_5465577.jpg
こんなのつけてカーニバルに行ったらすごく楽しそう。

しかしベニスの街、ラビリンスのように細い道が入り組んでいる。 歩いてる内にだんだんどこへ向かっているのか分からなくなってくる。 

おやつにピザを食べて、またまた頑張って駅目指して歩く。

疲れたら途中でバルによってビールを飲んで、夕暮れになってやっと駅に戻ってこれた。

ヴェネツィアに、キレイだけど住めないな。 毎日迷って家に帰れなさそう。
帰りもユーロスターにのって、ミラノへ。  このホテル、なんだかすごく落ち着く。 
アトラスというイタリアのビールを飲んで、就寝。 
今日は迷い疲れた。
[PR]
by akko9bun | 2015-02-24 06:02 | 旅の事 | Comments(0)

チャイニーズニューイヤー!

先週の2月19日は春節。 中国の旧正月でした。

カーティスパパと、パパの弟の叔父さんには新年のご挨拶は広東語で『恭喜發財!』

旧正月当日は、中国にずっと赴任していたカーティスのボスとその友人、そしてカーティスの同僚を誘い、四川料理のお店 Sichuan Pavilion へ行ってました。

私は普段からもランチでたまに行くのですが、今日は各テーブルに薔薇の花が活けてあったりと、いつもとちょっと違ってお祭りモード。 
テーブルに着くと、お店の人から 『紅包』(お年玉みたいなの)も頂きました。
a0149356_4234061.jpg
めでたい日だからか、お店の人も普段より嬉しそうでニコニコ。 
私もお年玉もらえてニコニコ。  なんか楽しいな♪

この日のメンバーは、旧正月に四川のお店へ集まっただけあって、全員中華も辛いものも大好き。
オーダーしたものは、辣油たっぷり餃子にイカと唐辛子の唐揚げ、インゲン唐辛子炒め、担々麺、麻婆豆腐、四川風水煮魚。
a0149356_4245187.jpg
料理の色を見てもらえばわかると思うけれど、全部激辛。 でも美味しい!

特に水煮魚は、英語の学校の中国人のクラスメートのお薦め。 
初めて食べたけれど、花椒が効いててすごく美味しかった。

その週末、またまたどうしても水煮魚が食べたくなって、家で再現。
ネットでレシピを探すと本格的なのは、最後に結構な量の熱々の油をジャーっと注ぎいれるとあったけれど、それはちょっとパスして、豆腐とタラの唐辛子煮、みたいなのにアレンジ。
a0149356_4382164.jpg
辛味は、豆板醤、シラッチャ、麻辣油、粉唐辛子、そして最後に花椒で痺れる辛さをプラス。 八丁味噌をちょっと入れると、コクも出てさらに良し!
寒いうちに激辛料理、もうちょっと練習しようっと。
[PR]
by akko9bun | 2015-02-24 04:43 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(0)

2015年バレンタインデー

日本と違い、アメリカでは2月14日は男性が女性に愛情を示す日なんだとか。

アメリカ人男子はバレンタインデーは恋人や奥さんをレストランへ連れて行ったり、家でご馳走を作ってあげるんだそうです。 スーパーにも、大量のバラの花コーナーとバレンタインディナーの特設コーナーがあったりします。
まぁ、なんにせよ女子には嬉しいイベントですね。

うちの旦那様のカー太郎さんも、まずは金曜日にバラの花束と芋焼酎を持って帰宅。
シャンパンよりも私の好きなものの方がいいかと思ってのセレクションなんだとか。 
色気のない嫁でごめんなさいね。

そしてバレンタイン当日は、Perry's という、アダムスモーガンにある和食屋さんに連れて行ってもらいました。 
が、この日は夜からスノーストームが来るという予報だったので、5時半の開店と同時にお店へ行き、さくっとハッピーアワーを利用してかなりスピーディーなディナー。
a0149356_837987.jpg
それでも、シャンパンとお寿司を頂きながら、カーティスとこれからどんな風に人生を歩んでいきたいかと語り合い、いい時間が過ごせました。

スノーストームが来る前にと、かなり早めに出たけれど時すでに遅し、周りは吹雪。
a0149356_8364883.jpg
しょうがないので、タクシーでアパートまで戻りました。 

嵐だったけれど、今年もバレンタインデーを楽しませてくれたカーティスに本当に感謝。
来月のホワイトデーには一体何をお返ししようか。
[PR]
by akko9bun | 2015-02-23 08:43 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(4)

2月アレコレ

2月もうもう後半に差し掛かり、最近は毎朝気温を見るとマイナス16度と寒-い日々が続いていました。 

が、なぜか今日はすごく外が温かい。 気温も久々にマイナスから脱出。 
しかも今気温を見たら7度まで上がってる!  どーなってるんだDCのお天気。

そんなこんなで、今月のアレコレ。

その① 朝ごはん
a0149356_3274316.jpg
最近、ついに去年から続けていた平日朝スムージーはもう飲みたくない! と訴えてきたカー太郎さんの為、ヨーグルトの上にミューズリー、フラックスシードとチアシードを粉末にしたもの、そしてフルーツを乗せ、朝ごはんに出したら、こんなので大喜び。 
よっぽどスムージーが嫌だったみたい。。 
でもでも、毎朝スムージーを飲んでた時はお腹の調子はずっと絶好調だったんですよ! 


その② 壁のペイント

去年、上の階からの水漏れでペンキがデロデロになったとき、すぐに直してくれたのは良かったのだけど、乾ききってない部分もあったようで、最近壁に亀裂が目立ち始めてきた。
アパートのマネージャーにそれを伝えると、すぐにペンキ屋さんと連絡をとってくれ、すぐに塗り直してもらえることになった。 
今のアパート、家賃はちょっと高いけど、こうやって何かトラブルが会った時は、超スピーディーに対応してくれるのが本当に有り難い。 
日本だとこんなの当たり前じゃない?と思われるけど、アメリカではこうやってきちんと対応してくれる人は、本当に稀だと思う。 
a0149356_3343664.jpg
英語がカタコトの優しいぺインターのおじさんが来てくれた。 ヒビが入ってたとこだけじゃあなくて、ダイニングの壁のちょっと汚れたところとか、キッチンの水がはねて剥げかかってたところも、頼んだら全部塗り直してくれ、本当に大助かり。 塗り直された真っ白いキレイな壁をみると、顔がついついにやけてしまいます。


その③ JAXAグッツ

JAXAに勤める友人がくれたオリジナルグッツ。 
a0149356_536824.jpg
本当にうれしい! 
宇宙カレンダーはダイニングの私の席のすぐ隣の壁に貼って、毎日眺めてます。 幸せ。


その④ 壁のデコレーション

引っ越ししてから、ずっと壁に好きな絵か、大きな世界地図を飾りたいと思ってはや3年。
最終的に絵にするか世界地図かで迷ったのだけど、去年から気になってたけど、高すぎてスルーしてたキャンバス地に北斎の浮世絵がプリントされたアートフレーム、なんと定価の999ドルから95%割引で約50ドル。
迷わず買ってしまいました。 結構デカいので威圧感が出たらどうしようかと思ったけれど、3つのパーツに分かれていて、ワンルームのアパートにもしっくり収まってくれました。 
a0149356_5502090.jpg
何よりカーティスがすごく気に入ってるので、良い買い物でした。


その⑤ジャスミン

先週、トレジョに買い物に行くとジャスミンの鉢植えが並んでいた。 その時はまだまだ小さい蕾がつき始めたところだけど、植え替えて一週間程すると花が咲き始めた。  
a0149356_5583676.jpg
花が咲くと一気に香りも立つ。  
外から帰ってくると良くわかる。 すごく濃厚で甘くていい香り。 
春が来たら、もう少し家の緑も増やしていこう。
[PR]
by akko9bun | 2015-02-23 05:48 | アメリカ暮らし-ワシントンDC編 | Comments(2)