あおによし奈良からアメリカへ嫁いだヨガ講師。料理上手で身長約2mのアメリカ人に胃袋つかまれ気付けば結婚。現在ワシントンD.C.在住。ヨガ・国際結婚・旅・アメリカ生活 その他アレコレ綴ったブログです。


by akko9bun

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
プロフィール
YOGAの事
旅の事
アメリカ暮らし-ワシントンDC編
アメリカ暮らし-オハイオ編
暮らしの事
国際結婚の事
スペイン巡礼2010
友人の事
ヴィッパサナー瞑想の事
奈良の事
内助の功作戦アレコレ
その他アレコレ

最新の記事

もう12月半ば! 大掃除に取..
at 2018-12-13 12:20
もう12月! クリスマスの準..
at 2018-12-05 09:31
誕生日アレコレ
at 2018-12-04 06:09
2018 ブラックフライデー..
at 2018-11-28 09:41
2018 サンクスギビング
at 2018-11-28 06:18

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 05月
2009年 02月

最新のコメント

NYのヨギニ様> おぉ!..
by akko9bun at 23:42
Akkoさん、お誕生日お..
by NYCのヨギ二 at 13:40
NYCのヨギニ様> こん..
by akko9bun at 00:36
NYCのヨギニ様> こん..
by akko9bun at 00:30
Akkoさん、今月も見ご..
by NYC のヨギ二 at 12:56
Akkoさん、ストウブの..
by NYCのヨギ二 at 12:39
ちほちゃん!> 元気元気..
by akko9bun at 07:17
NYのヨギニ様 こちらこ..
by akko9bun at 08:50
Akkoさんコストコのア..
by NYのヨギ二 at 03:54
NYCのヨギニ様> コメ..
by akko9bun at 02:08

フォロー中のブログ

福岡大名 PRIVATE...
フランスの田舎で畑、子育...
プリンカフェ110番
ここからはじまる
まるまるまるちーず
camino0810

その他のブログ

ライフログ


アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


海からの贈物 (新潮文庫)


こころの処方箋 (新潮文庫)


星の王子さま (集英社文庫)


シッダールタ (新潮文庫)


ソクラテスの弁明 関西弁訳


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2013年 06月 01日 ( 9 )

マイソールからバラナシへ (Mixi過去の日記から移動)

2009年03月24日

現在、聖地バラナシに来ております。

濃ゆい濃ゆいマイソールでの日々にサヨナラし、
初印度国内線にのって薬剤師のカオリ嬢と共にビューンと聖地バラナシへひっとっとび。

いやー、飛行機速い! 
いつもだったら3,4日かけて移動してるところ、一日でいけちゃうんだもの。
時間をお金で買い上げ。 チーン$

5日程前に先にバラナシ入りしてる旅人ヒロミちゃんから、
『バラナシ、相当汚いからね。気合入れてきて。 ここの道はウンコで出来てるから!』
と電話をうけていたので、気合いれていざ上陸。

ガンジス河のすぐ近くは、リクシャも入れない入り組んだ迷路のような場所で、そのカオスッぷりはあのエルサレムよりも激しい。
ごみと動物とそのウンチとハエとが待ち構える通りを、バックパックかついでドキドキしながら歩いて、なんとか友達の待つゲストハウスへ。

再会を喜び合い、夕食の前にガートを散歩。 

初めてガンジス河をみた。
本当に三途の河のようで、河の向こうは霧がかっていてあの世を思い巡らしてしまう。
お香と動物と人が焼けてるにおいとが入り混じっていて空気が色々な意味で濃く、臭く、そして重い。 

大人も子供も老人も男も女も、バナラシの人達はみんな強い。
この世界観の中で毎日たくましく生活してるところを見ると、人間の底力って凄いんだなと心底思えた。

とにかく、街中パンチが効いてて面白い街。
誰もがみんな個性的で、シャッターチャンスだらけ。
散歩にでても、そんな人たちをいちいち撮ってて中々前に進めないくらい面白い。 

改めまして、印度は本当に面白い!!  
印度人はもうメッチャクチャなんだけど、もう全然憎めない。 
可愛いなぁ、と日々痛感させられます。

私達が到着する5日前に一人でバラナシ入りしたツワモノひろみちゃんが、色々といいお店をチェックしておいてくれたお蔭で、毎度美味しい食事にもありつけて幸せ。

いい食事、いい景色、いい友達と、三拍子揃って今回も本当に良い旅ができたと思う。 

今日、これから夜行列車に乗って首都デリーに向かいます。
明日からは北インドをいけるとこまで旅する予定。
[PR]
by akko9bun | 2013-06-01 21:20 | 旅の事 | Comments(0)

マイブーム@INDIA (Mixi過去の日記から移動)

2009年03月13日

最近の私のブームは、”おウチ朝ごはん”。

借りてるアパートにせっかくキッチンがあるので簡単なのを作って食べるようになりました。

先週は、シャラの前の青空市場で売ってるカシューバターと、行きつけのチャイ屋で焼いているほんのり甘いパンとインドのチーズとフルーツ。
a0149356_1583478.jpg


今週は、フルーツとヨーグルト、そしてミューズリーという日本でいうとこのシリアルにハマッってます。
a0149356_1585143.jpg
インドは果物が安くて美味しいから幸せ。


こっちで借りてるバイクの運転にも慣れて、カオス化したダウンタウンも難なく運転できるようになりました。
a0149356_1591245.jpg

インドは日に日に夏っぽくなり、気温もグンと上がり、白い雲とココナッツの木が南国空気をムンムンだしてくれてます。


日本はまだまだ寒いそう。。。

こっちにいると、寒さって何だっけ? って感じだけどね(笑)
[PR]
by akko9bun | 2013-06-01 21:19 | 旅の事 | Comments(0)

ダライ・ラマがやってきた! (Mixi過去の日記から移動)

2009年02月28日


インドに来て約1ヵ月。
今はまだインドの南にあるマイソールという町で毎日アシュタンガヨガの練習に励んでいます。

そして、つい最近、このマイソールの町にダライ・ラマがやってきました。

その日の朝に、友達からダライ・ラマが来るよ! という噂をきいたのだけど、その日は運悪く他に用事があったので、行きたい気持ちもあったけど先約を優先。

でも、とにかくその日の用事が終わった後、、間に合うか分からなかったけど、大急ぎで会場へリクシャを飛ばして向かいました。

そして、無事に会場に着いた瞬間、壇上にダライラマが登場!!
ダライ・ラマ自らのスピーチが始まりました。
あぁ!なんて、なんて最高のタイミング!
完璧タイムとはまさにこの事! ハムドゥリッラー!!
しかも、その前の週にたまたま”セブン イヤーズ インチベット”の小説を読み終わったところ。 もうタイミングが良すぎて怖い。

壇上で、あの独特のダライラマの英語の声を聞いてると、「あぁぁぁ!!! また会えたーーー!」 と感激が胸にこみ上げてきて、もう半泣き。

3年前にインドに来たときも、予想外の流れがあってダライラマに会えて、今回も本当にまったく予想もしてなかったのに会うことが出来ました。

スピーチでは日本の話も出てきてもう感極まってしまった。
彼の今回のスピーチで繰り返し伝えられていたのは、”アヒムサ” という言葉。

これは、ヨガの教えにもあるけど、”傷つけない” 、非暴力という言葉。

普段、どうしても自分の思い通りにならない事があったり、自分の欲しいものが手に入らないと、イラっとしてしまったり、アグレッシブになってしまったりするけれど、言葉でも態度でも雰囲気でも、何をもってしても、どんな状況であったとしても、怒りの気持ちを他へ渡さないという事。
個人どうしでも、民族どうしでも、国どうしでも、きっとそれはおんなじ事なんだろう。
そしてこの気持ちが心や考え方にないと、きっと喧嘩や戦争が起きてしまうんだろう。

三年前、初めてダライラマを見た日、”世界平和ヨロシク!” ってな感じでメッセージをもらえた気がしてたけど、 今回こうやってまたその姿を見ることができて、さらに強く、心から、そうありたいと思えた。

私自身はまだまだだけど、日々一歩でも世界平和への道に足を踏み込んでゆけたらな。
と思いました。

そしてこの日、ちゃっかりスピーチが終わった後、出待ちに挑戦。
読みどおりにでダライラマが会場を出る時に超間近で拝見。 

写真もパシャリ。
a0149356_21142771.jpg


眼福!!
[PR]
by akko9bun | 2013-06-01 21:17 | Comments(0)

マイソールへの道のり③ (Mixi過去の日記から移動)

2009年02月16日

マイソール駅に列車で到着後、すぐにリクシャを捕まえてアシュタンガヨガの総本山、シャラ(道場)のあるゴクラムへ移動。

駅から15分くらいの閑静な高級住宅街。
結構な豪邸が立ち並ぶエリアなので、インドのビバリーヒルズといったところ。

シャラの前に着いたとき、ちょうど朝の練習中だったので、少し中を覗かせてもらった。 

すごい熱気と、緊張感。
そりゃそうだ。 世界中から、アシュタンガヨガを学びに生徒がここへはるばるやってくる。 
きっと、それぞれ色々な状況や背景とクリアしてここに集まっているんだろう。。。

その後、町の何でも屋、シヴァさんの所で両替と部屋探し。
両替は、空港のレートよりもはるかにいいレートで変えてくれた。

何件か見て回って、シャラから歩いて2,3分くらいのお家に下宿することに決定。 
キッチン・バス・トイレ共同で、掃除は無料でしてくれる。
家具つき、電気、ガス、水道代込みで1ヵ月5000ルピー(約一万円)。
a0149356_0252250.jpg


ルームメイトは、ノルウェー、アメリカ、ブラジル、イギリスから来たアシュタンギ達。 みんな穏やかでいい人達。

住むところが決まるとホットする。 
荷物を解いて、次はシャラにレジストレーション。

グアムに行く直前、関空の郵便局から出したレターは無事にここまで届いていた。 念願叶い、シャラートのクラスを受けることに!

どこまで成長できるかはわからないけど、とにかく一日、一日大事に練習をまじめに重ねて行きたいと思う。
[PR]
by akko9bun | 2013-06-01 20:58 | 旅の事 | Comments(0)

マイソールへの道のり② (Mixi過去の日記から移動)

2009年02月11日


さて、今回使った航空会社はキャセイパシフィックだったのだけど、
なぜか、香港~バンガロール間は ”ドラゴン航空”での運行。

聞いた事もない航空会社だったので、特に期待もせず乗り込む。

ところが!! ドラゴン航空、予想外にこれが中々良かったのです。

まず、エコノミーでも座席が広い!
そして、全席モニター着き。 食事のメニューもちゃんと出る。
さらにブランケットが超かわいい。
赤のフリースみたいな素材に、これまた赤いドラゴンの刺繍。
乗務員も全員笑顔でテキパキしてるし。

今度から、マイソールに行くときはドラゴン航空で決まり!

香港で出会った、龍元先生とまずは飛行機の中、ビールで乾杯!
機内食はタンドリーチキン。 ドラゴン航空バンザイ!
その後は、お互い疲れもピークだったのでグーと眠る。

そして、2月5日 真夜中1時40分。 
定刻通り飛行機はバンガロール国際空港へ無事到着。

最近できたばかりだというこの新しい空港は、
”えっ? ここ本当にインドなの??” と目を疑う程近代的でピッカピカ。 
でも一歩入国審査を抜けると、やっぱりインド独特の雰囲気は健在。 

龍元先生と(以下龍ちゃん)と、時間も時間だしちょっと高いけど、タクシーで行こうか、それとも夜明けを待って列車で行くか迷ったけど、結局列車の旅にする。
冒険は出来るときにしておかなきゃ。

ちなみに、空港からマイソールまで空港のプリペイドタクシーで2700ルピー(約6000千円弱)。 シティー駅までは750ルピー(1500円)。
シャトルバスだとシティー駅まで125ルピー(約250円)

空港から、バンガロールシティ駅までのバスの始発が4時25分だったので、それまで空港のカフェで龍ちゃんとまったりお話しながら待つ。
なんだか話してるとあっという間。  

5:15分 バンガロールシティ駅に到着。
まだ外は真っ暗だけどもうすでに、駅の周りには人も車も何かも忙しそうに動いてる。

バンガロール駅に一歩踏み込むと、足の踏み場に困るくらい人でごった返し。 
a0149356_211553.jpg

久々のインドの空気を楽しみつつ、ちょっとしたカオス状態の駅の中、長い列に加わって何とかマイソール行きのチケットをゲット!
列車だと86ルピー(約180円) 安い! 

ホームも人がごった返しでどのホームかも最初良くわからなかったけど、なんとか最後は無事にマイソール急行に乗り込む。

チケットには車両番号も座席番号もなかったけど、適当に乗り込んだ車両はたまたまラッキーな事に寝台車だった。 

寝転びながら外を眺める。 
ヤシの木と田んぼと牛達を見て、やっと”あぁ、インドにきたんだなぁ”と実感。 

龍ちゃんいわく、悪路をタクシーで行くよりも、列車の方がはるかに快適だそう。 
寝転べるし、景色も良いし。次も絶対列車で来よう。何より安いしね。

うとうとしたり、景色を見たりしてるうちに、列車は無事にマイソールへ。

続く
[PR]
by akko9bun | 2013-06-01 20:57 | 旅の事 | Comments(0)

マイソールへの道のり① (Mixi過去の日記から移動)

2月4日

夜7時25分初の便で台北から香港に移動。
香港到着一時間後に、インド行の飛行機が出るから少し急ぐ。

というか、このとき急いで良かった。。
香港の空港、行ったの初めてだけどかなり広い。行けども行けども目的ゲートにたどり着けない。 

しかも、この香港の空港は、私が今まで見てきた空港の中で一番豪華に感じた。
色々なお店があったので、いっぱい探検したかったけど、断念。
帰りのトランジットで探検しよう!


香港発バンガロール行きの出発ゲートはガラガラ。
何人かインド人を見て、”ああまたインドだー。”
と怖いような嬉しいような疲れるような変な気分。
しかも体調が完全でないから、なんだか不安。

でも、ここで超ラッキーな事が起こる!
ゲートが開かれて、みんながなんとなく列を作った時、
私のすぐ前にめっちゃ姿勢の良い、日本人ぽい人を発見。 
しかもヨガマット持ってる!!

絶対アシュタンギーだと思って声をかけてみたら、正解!
九州でアシュタンガを教えてる先生でした。 
しかも、マイソールは今回4回目だという。 

私が初めてだと言うと、じゃあ一緒に行きましょうと笑顔で答えてくれました。 

今回の旅は、絶対に幸運の風が吹いてる!

つづく。
[PR]
by akko9bun | 2013-06-01 20:56 | 旅の事 | Comments(0)

台湾で漢方医に挑戦 (Mixi過去の日記から移動)

2009年02月08日

さてさて、今回の旅のスタートは体調が激悪の為、かなりダメダメスタート。

出発の半月前から久々にドカンと風邪をこじらせて、咳が中々止まらず、そのせいでお腹の筋肉痛と咳のしすぎで頭痛もひきずって最悪のスタート。

関空で台北行きの飛行機に乗る時、この体調でこの先台湾、インドと二ヶ月乗り切れるか一瞬不安になってしまった。

まぁ、本当に駄目ならディンタイフォンで小龍包だけでも食べて、台湾から引きかえせば良いかと最後に思い直し出発。


台湾では台北に住む友達夫婦のお家にお世話になってのだけど、咳があまりに止まらないので、到着した次の日に奥さんのユリちゃんが家の近所にある漢方医のお医者さんに連れて行ってくれた。

ビルの2階にあるその診療所は、漢方薬の匂いが立ち込めてて、でも看護婦さんらしき女の人達がテキパキと働いている、明るい感じの診療所。

先生は、日本語はもちろん英語も全然話せないので、なんとか筆談で
”咳”とか”喉痛”とか”鼻水”とかを書いて、症状を必死で訴える。

本当に伝わってるのかすごく不安ではあったけど、最後に脈診
(*チベット医学でもインドのアーユルベーダでも中国医学でもちゃんとしたお医者なら脈を調べただけでその患者がどういった状態かちゃんと解ってくれるらしい)
をしてくれたので、まぁ一安心。
a0149356_21221665.jpg
なんとか薬も調合してもらえて家に帰って早速飲む。
その後数時間、なんとも体の変化は無し。

でも、次の日
目が覚めたらのどの痛みが無くなってた!!
すごい。

そしてその次の日
鼻水がほとんど出なくなる。
息ってこんなに楽に吸えるんだと改めて感動。

そしてさらにその次の日
咳がいっきに少なくなった。
と同時に頭痛もなくなる。

漢方薬。 じわじわとでも確実に効いてくる。
中国医学のすごさを知れて良かったかも。  
ユリちゃん、トニー、本当にありがとう。

漢方薬のお陰で体調もずんずん良くなり、台湾を出る直前、日本からたまたま同じ日程で一人で台湾にきてた妹の友達と、念願の”ディンタイフォン”本店でお腹イッパイ小龍包も餃子も堪能。
a0149356_21233740.jpg

最後は、バックパッカーなのに、トニーパパのベンツで空港まで送ってもらってしまった。。
a0149356_2123726.jpg

さて、ここから旅も本番。
気合いれて、インドへ出発!!
[PR]
by akko9bun | 2013-06-01 20:55 | 旅の事 | Comments(0)

クラスメート

現在通っている英語のクラス。
生徒の国籍がみんな違うのでなんだか、それだけでワクワク。
今、クラスにいるのは日本、中国、イラン、カザフスタン、トルコ、フランス、チリ、スペイン、ベネズエラ、ベルギー、アルゼンチン、モロッコ、シリアから来た人達。

そして、それぞれアメリカに来た事情も色々。
私のようにアメリカ人と結婚して渡米したものもいれば、留学しに来た人、旦那さんの転勤で来た人、ホリデーで長期滞在している人、内戦から避難するために来た人もいるし、自国では弁護士をしていたのに、政府と意見が対立してその国に居づらくなったりしてアメリカに来た人もいる。

生まれ育った国や、それぞれの事情は皆違うけれど、言語が違う国で暮らす大変さはお互い同じ。
なので、なんだかクラス全員すぐにみんな仲良しになった。

皆大人なのに、一生懸命英語を勉強したり、超本気で英語のゲームをしたりして、なんだか気持ちは子供にもどったよう。  先生達も、まだ授業することには慣れてはいないけど、だからこそ教えたい!という情熱はものすごく感じる。

私ももういい歳だけど、なんだか学生気分に戻れた感じ(あ、もちろん戻ったのは気分だけだけど。。)
そして、この英語クラスでは、宿題も試験もないというのが、なんとも嬉しい。 

そう、試験と宿題がなくて、クラスメートがみんな仲良しだったら学校って本当に超楽しい場所なんだと思う。
勉強嫌いだった子供の頃には味わえなかった学校の楽しさを、今こうやって感じるチャンスが出来て良かった。
[PR]
by akko9bun | 2013-06-01 20:53 | Comments(0)

クリスマス万歳! (Mixi過去の日記から移動)

2008年12月27日


今年のクリスマス。

イブはレッスンがあるので夜ずっと仕事。
帰宅してから夜中にピカンパイに初挑戦。

クリスマスケーキの注文を全て一人でこなし、クタクタで帰ってきた妹に無理やり手伝ってもらうが疲労の限界がきたらしく、最後は
『アメリカンパイは適当で大丈夫!混ぜて流して、あとはどーんや!』と言い放ち寝てしまった。 

しかし、アメリカンパイは恐ろしいほどの砂糖を使う。
アラブで鍛えた甘党の私でも尻ごみするほどの砂糖を投入。
しかし、焼きあがるとそこまで甘くない。 それがまた恐ろしい。 

25日のクリスマス当日は店長の計らいか、仕事が一日OFFになっていたので昼からカーティスとクリスマスをお祝い。

クリスマスプレゼントはアフリカの不思議な楽器と好物SKITTLES。
私の楽器コレクションがまた一つ増えた! 
スキットルズは日本で買えないのでわざわざアメリカから送ってもらったそう。。 感謝。

私からは、ヨガマットをプレゼント。
身長2mのカーティス用に特注のロングマットをお取り寄せ。
 
最近一緒にヨガをしてくれてたのだけど、どのポーズもマットの丈が足りず、見てて偲びなかったのです。
これでもうはみ出さなくて大丈夫!


昼から腕をふるってクリスマスのご馳走を作ってくれるカーティス。
彼が料理をする時はいつも楽しそうで、しかもすごく手際が良いので見てて楽しい。 

そして、いつもちょっとした料理のポイントを教えながら料理を見せてくれるので、本当にジェイミー・オリバーの番組の見てる気持ちになる。
しかも、最後に実際にそのご馳走にありつけるというのが実に嬉しい。


カーティスが料理を作る時はいつもワインを飲みながら、スナックをつまみながら。
料理中、出番がない私は横でカリンバをBGM代わりに演奏。
a0149356_2251633.jpg

フォト 前回の東京旅行でカリンバにはまった私達は旅から戻った翌日京都のマニアック楽器店、コイズミ楽器にてカリンバを購入。
私達のはインドネシア音階。 ガムランチックな音色が素敵です。

キッチンにいる時間がすごーく好き。
料理の出来上がりを待ってる時間は本当に幸せなひと時。

a0149356_2254160.jpg
【完成したクリスマスのご馳走!】

・ローストチキン & 自家製グレイビーソース
・スタッフィング 
・マッシュポテト
・ポテトパンケーキ
・ブロッコリーのサラダ

全部最高に美味しゅうございました!
ワインもシャンパンも空けて大満足なクリスマス。


来年のクリスマスが今から待ち遠しい。

クリスマスばんざーい!!
[PR]
by akko9bun | 2013-06-01 17:27 | 暮らしの事 | Comments(0)